ピヴォ×みんサル

裸足感覚のLUZeSOMBRA。セパレートなソールは軽さとグリップを両立【シューズ仙人のフットサルシューズ徹底攻略】

あなたはご存じだろうか、この世に仙人がいることを。
その知識量は大手メーカーのシューズ企画担当にも知れ渡り、開発中のシューズについて意見交換を求められる人物を。
意外と若い『シューズ仙人』が、その奥深き世界へ誘う。

裸足感覚のLUZeSOMBRA

シューズをこよなく愛する仙人が、LUZeSOMBRAの特徴を語る。

▼セパレートなソール

コンセプトは裸足感覚なんですよ。薄さはもちろん、軽さだったり履いたフィーリング、フィット感の良さが裸足で蹴っているような感じですね。足裏のボールタッチの感覚は薄ければ薄いほどいいので、裸足感覚は強いですよ。

LUZの一番の特徴は、ソールのゴムが分かれているセパレートなんです。これは軽くするためにそうしているんですよ。この土踏まずの部分はあまり使わないので、なくてもプレーには支障はないですよ。もちろん、セパレートでもグリップ力はあります。軽さとグリップ力を両立していますよ。ルースは全部、セパレートになっていますね。

写真のように、左側がターフ用、右側がインドア用になっていますが、どちらも屈曲性、足裏のタッチ感を重視しつつ、グリップをしっかり生み出せるようにヘキサゴン(六角形)をベースに足沿いのいい形状になっています。

さらにソールの上にある白いところ、ミッドソールというクッション材もセパレートになっているものもあります。前足部分の余計な厚みがなくなって、より地面を歩いている感覚で足裏がタッチしやすいモデルですね。

シューズは、ソールのゴムとその上の白い部分で重さが大体決まるんですけど、そこで軽さを出しています。

▼トップクラスのカンガルー革・フルグレイン

アッパー(足の甲部分の表面の素材)は、人工素材やスウェードだったりと天然のものとありますけど、LUZの天然素材の革はカンガルー革でもトップクラスで、フルグレインというものを使っています。

これは傷がついていない革なんですよ。製作過程で革を切った時に傷があったりするとヤスリで慣らしたりするんですけど、そもそも傷が入っていないのでヤスリがけをしていなくて無加工に近いので、革の良さが全面に出てよりしなやかで柔らかいんですね。天然皮革特有の使い込みながら足の形にフィットしていくので、馴染んでいくのが非常に楽しいです。柔らかさが存分に出てきて愛着も持てるのも天然皮革ならではですね(笑)。

インソールも滑りにくい素材で、タンもくっついているものもあってずれないですし。軽くて足にピタッと、まさに裸足感覚ですよ。

仙人のオススメ

LUZeSOMBRA ALA COLTA IN

 

フットサルの輪を、新しいスタイルを

フットサル専門ショップRODA

仙人の生息地は、ここでしか手に入らないRODA特別モデル続々登場中!

コメント

みんサル

個サルを検索する ひとりでも参加できる個サルやイベントに行ってみよう!

大会にエントリーする 仲間や友達を集めてフットサル大会に参加しよう!

全国のフットサル施設 全国のフットサル施設からお気に入りの場所を探そう!

RANKING

Special Thanks

  • ベストパートナー
  • ボアスコンプラス