ピヴォ×みんサル

大家族が集うヴィンセドール白山の家。一丸となる松任総合運動公園体育館【アリーナ紀行】

2018年10月21日、白山
(PHOTO,TEXT・佐藤功)

たまたま関西にいた。となると、新大阪で乗り換えになる。乗った特急の名は『サンダーバード』。大阪を出て京都を越えれば、琵琶湖の真横を走る。瀬戸内海と日本海をつなぐ路線の終着点は、石川県の金沢。そこから北陸本線に乗り換え3つ目の駅が近づくと、「次は松任」とアナウンスがされる。超有名な歌手の名前から『まつとう』と読みそうだがそうじゃない。正しい読み方は『まっとう』である。

松任総合運動公園の入口には、子供と手をつないだ親子がいる。白山の人々にとっての憩いの場を入ってすぐのところに体育館があった。ここがヴィンセドール白山のホームアリーナ、松任総合運動公園体育館である。

お約束である。「怒られる」と言われても無理やり持たせ撮影をする。すると満面の笑みを返してくれる。これもお約束。サンプルとして飾られているTシャツには、『一丸』というポップが添えられていた。

アリーナ入口では、飲料水を配布。仕事をしている感じでと言うと、世古一歩はこの笑顔。彼らの仕事は、この笑顔で白山の人たちを迎えることである。そして、この日の白山は、飲料関係で攻めていた。

翼が欲しい。レッドブルが欲しい。サンプリングの配布が行われている。カフェイン耐性がすさまじくなっている自分のために、ぷしゅっと開けてくれた。翼を手に入れた。

その横では半被を着た人がいる。お隣の野々市からやってきたスタッフだった。パンフが入った袋には、野々市市公式キャラクター『のっティ』。犬でもない熊でもない不思議な生き物は、ゆるキャラグランプリに参戦中である。

それだけじゃない、さっき世古が配っていた水は、野々市ブランドの水だった。『野々市では、飲むのも、ゴハン炊くのも決まってこの水です。』……覚えられないなら『のっティの水』で大丈夫らしい。白山と野々市は、加賀の国の仲間として手を取り合っていた。

アリーナに入ると、赤いのユニの女性に囲まれる。ヴィンセドールはグリーンのはず、いやGKは赤だ。と思っていると、福井丸岡RUCKの選手たちだった。彼女たちはこの日、ヴィンセドール白山アスピランチとエキシビションマッチを行っていた。

ヴィンセドールとRUCK、石川県と福井県、白山と丸岡のコラボ。それは「よくやってますよ」と市原伶香は語りながら、12月2日、福井県営体育館で行われるホームゲームの告知を始める。会場を真っ赤に染めようと、3,000人プロジェクトが発動中とのこと。そして、バンバンと告知をする彼女たちは、この後とてつもない力を発揮する。

10月と言えばハロウィン。仮装用のアイテムがレンタルされていた。世古に着てもらうか、いや市原に着てもらおうか、でもレッドブルのお姉さんも捨てがたい。

そんな妄想を張り巡らしていると、アリーナが騒がしくなっていた。

緑のライトが天井を照らす。Cheerful Buddy’sはピッチにスタンバイ。そして、白山の人たちもピッチにスタンバイしていた。

ヴィンセドールの選手たちが入ってくる。選手たちが座るベンチの前に並んだ白山の人たちとハイタッチ。そしてCheerful Buddy’sが作ったアーチを選手たちが通って、センターサークル付近に並んでいた。すると、大音量のヴィンセドールコールが起きた。

さっき告知をしていた福井丸岡RUCKのメンバーが、ヴィンセサポと共に緑の戦士たちを後押ししている。

その彼女たちの声に負けない子供たちもいる。コールリーダーの太鼓の音色、子供たちと彼女たちの声はアリーナにいる人々を巻き込み、圧倒的なホームを作り出していた。

応援に来ていたのは、福井丸岡RUCKだけじゃない。女子バレーボールのVリーグのPFUブルーキャッツが、ハーフタイムにピッチ上に現れた。このPFUブルーキャッツは石川県かほく市。ここでも加賀の国のつながりがある。マスコットのブルーニャのかわいさはすさまじかった。

そのブルーニャの横で、福井丸岡RUCKはヴィンセドールのチャントを歌いながら踊る。アリーナ全体に手拍子を起こさせる彼女たちの力もすさまじかった。

試合後、杉木陽介監督は「ファミリー感を持てる地域づくり」と言った。そのファミリーである人たちに、ヴィンセドールを楽しんでもらった人たちにあるプレゼントをしていた。

地元白山の雅風堂の焼き菓子には、ヴィンセドールのエンブレム。焼き菓子を受け取った大人も子供も、選手たちにサインをおねだりをしていた。

そこには福井丸岡RUCKも、PFUブルーキャッツもいる。それは白山だけではなく、野々市、かほく、そして福井の丸岡にも広がっているということ。相思相愛の関係にある。

そう、ヴィンセドール白山は大家族。

そう思いながら、今度は関東方面を目指し北陸新幹線に乗った。

コメント

みんサル

個サルを検索する ひとりでも参加できる個サルやイベントに行ってみよう!

大会にエントリーする 仲間や友達を集めてフットサル大会に参加しよう!

全国のフットサル施設 全国のフットサル施設からお気に入りの場所を探そう!

RANKING

Special Thanks

  • ベストパートナー
  • ボアスコンプラス