ピヴォ×みんサル

デウソン神戸が動画で実演。攻撃をデザインする3つのポイントとは?【山本尚希の今すぐ使えるフットサル戦術】

デウソン神戸 山本尚希です。

これから学年が変わる選手は進路を考えていかなくてならない時期ですね。

僕は中学生のフットサルに携わっていますが、高校へ向かう選手の進路は様々です。フットサルの専門学校へ入学する、下部組織へ進むなど、いろんな道へ進みます。その中には、サッカーへ進む選手もいます。

フットサルは間合い、ポジショニング、スペースの使い方と作り方など、サッカーと共通している色んなことが学べます。フットサルをしたらもうサッカーでは通用しないのではないか、日本ではそう感じられるかもしれません。ですが、フットボールの能力が向上することは間違いありません。

指導者からもっと多くの選手へアプローチしていける様にならなくてはならない。デウソン神戸でも中学生、高校生、色んなカテゴリーがあります。これからも多くの選手がフットサルを経験してくれたら嬉しい、そんなことを思いながら日々奮闘しています。

▼フットサルをデザインする3つのポイント

フットサルにおいて、『デザイン』という言葉をよく聞きませんか?
ですが、『攻撃をデザインする』と言葉で読んでもピンとこないと思います。
この『デザイン』を日本語に訳せば、計画や設計といったものです。
文字通り『攻撃を設計する』ということですが、元となる考えはそんなに難しいことではありません。

フットサルの攻撃はサッカーとは少し変わり、デザインされたものが多くあります。
この攻撃のデザインをする上でのポイントは3つあります。

・ひとつの形で多くの攻撃パターンを持つこと

・リスクマネージメントができていること

・手詰まりにならないこと

この視点から、攻撃をデザインします。

まずは、デウソン神戸の選手たちによる実演をご覧ください。

では、どういったデザインをしているのでしょうか、解説をいたします。

これはシンプルな3−1システムの攻撃の一例です。
手詰まりにならないように、途中で枝分かれしていくように攻撃のバリエーションを持たせています。
もちろん、奪われそうな時にはリスクマネージメントのひとつとして、また別の方法で枝分かれしていきます。

この動きですが、以前にご説明をした『エイトの動き』にもあった攻撃の仕組みでもあります。
スペースを作る動きによって、様々な攻撃がデザインされています。

今回のポイントを押さえて、フットサルの大会やリーグ戦に参加する人も、チームで攻撃をデザインして得点力を向上させてみてはいかがでしょうか。

また、Fリーグでは多彩な攻撃バリエーションが多く見られます。
違った視点からのフットサル観戦で、Fリーグがもっと楽しくなりますよ。

みなさんのフットサルライフが楽しくなりますように!!

山本尚希

1983年5月27日生まれ、兵庫県西宮市出身。JFA公認フットサルB級ライセンス。2017年~、デウソン神戸U-15コーチ。2015/16、2016/17シーズン、Fリーグ・デウソン神戸監督。

web FUTSAL COACH NAOKI YAMAMOTO
twitter @Naoki_futsal

デウソン神戸U-15、U-18スクール生募集中!

コメント

みんサル

個サルを検索する ひとりでも参加できる個サルやイベントに行ってみよう!

大会にエントリーする 仲間や友達を集めてフットサル大会に参加しよう!

全国のフットサル施設 全国のフットサル施設からお気に入りの場所を探そう!

RANKING

Special Thanks

  • ベストパートナー
  • ボアスコンプラス