ピヴォ×みんサル

日本フットサル三国志 第2章 あのチームはどうなった(フトゥーロ) その5 フトゥーロになくてはならないトリオ

フットサルプレイヤーのためのポータルサイト「みんサル」からの記事を転載となります。


 

 

その5 フトゥーロになくてはならないトリオ

 

フトゥーロを語る時、なくてはならない存在は渡辺英明、小野大輔、そして今まで語ってきた上村信之介のトリオであることは言うまでもない。小野大輔は、この章のフトゥーロ編で述べたとおり、昨シーズンで引退をした。渡辺英明は2011年第13回関東2部リーグを最後にピッチには姿を見せなくなった。

この3人がピークで活躍した時期はいろいろ考えられるが、デジタルで示すと筆者は、2006年の第1回関東フットサルリーグオールスターゲームファン投票に上村信之介が1位、渡辺英明が5位に選ばれた時期ではなかろうか。小野大輔は、このときはイタリアのセリエAでプレーしていて投票対象外であった。2位がボツワナ(のちのフウガドールすみだ)北原亘、3位がカスカベウ(のちのペスカドール町田)金山友紀、4位がプレデター(のちのバルドラール浦安)岩本昌樹、以下6位ボツワナの太見寿人、7位プレデター高橋健介、8位カスカベウ甲斐修侍だから、いかに3人がファンを魅了するプレーヤーであったか分かるであろう。

ここにアマチュアリーグでは珍しい無料の広報誌がある。そのオールスター選手の紹介記事を引用しよう。

上村「今も絶大な人気を誇るミスターフットサル。キレのあるフェイク、足の裏を駆使したボール扱い、突き上げるようなトーキックなど、そのプレーにはフットサルのエッセンスが詰まっている。」
渡辺「黄金の左足から繰り出さる奇想天外なテクニックでファンを魅了する。小野なきあとのフトゥーロの成績は渡辺によるところが大きい。リーグ18ゴールを挙げていることからもわかるように得点力はかなりのもの」
小野は当時の雑誌ピヴォで「日本一のピヴォ」と言われていた。

しかも、凄いところは、この3人が絡むと夢のようなコンビプレーが生まれるのである。恐らく、それぞれの個性をお互いが知り尽くしていて、コンビプレーの楽しさを徹底的に追及しているから生まれるのだろう。上村はフットサルを「ピッチの中の人間関係」と表現しているそうだ。

そして、あるファンをして「日本のフットサルでお金を払っても見たいと思うのはフトゥーロだけ」と言わしてしめている。ちなみに3人は日本代表経験者である。

そんな3人のプレーをFリーグで見たいと誰もが思っていたし、実現できる機会が生まれたのもこの時期であった。逆にいえば、関東リーグのピークの時期でもあった。
この年、2006年、さきほどの関東リーグプレス第1号創刊と同じ月の4月21日、日本サッカー協会でフットサル全国リーグ(のちのFリーグ)設立の正式発表が行われたのである。計画によれば、翌年の2007年9月に8チームで発足、ホームアンドアウェイの最低2回戦、都道府県行政の支援が得られること、2000人規模の体育館の確保、予算規模は4500万などの参入条件が示された。 そして、この年の7月から11月までに参加チームの公募から審査があるという。

無料とはいえアマチュアのリーグ戦に1500人近くを集客、広報誌の第1号発刊、オールスター戦は初の有料化の試みなど関東リーグの隆盛には、最初に紹介した府中アスレティック、そして今回のフトゥーロ、まだ紹介していないがファイルフォックスの府中勢の活躍があったればこそ、Fリーグへの道が開けたのである。 しかし、府中を拠点とするこの3チームがFリーグ参戦を巡ってここまで翻弄されるとは誰も思っていなかったであろう。(その話は次回に)

さて、今回の写真は、第7回関東リーグの優秀選手を表紙に飾った関東リーグプレス創刊号の表紙にしよう。右スミが渡辺である。そしてもう1つは小野と木暮の写真でこの頃は、小野はイタリア(のちにスペイン、バルドラール浦安など)、木暮賢一郎はスペイン(ファイルフォックスからスペインのちに名古屋オーシャンズ、現日本代表コーチ)でファン投票対象ではなかったコンビであった。ちなみに当時はもう1人、関西のマグから鈴村拓哉(デウソン神戸、現デウソン神戸監督)がスペインでプレーしており、3人で海外組と言われた。小野と木暮は、一緒にプレーは日本代表でしかできなかったが、同じ府中勢として海外事情を共有すべくよく連絡を取り合っていたという。

 

 

木暮知彦

みんサル運営会社のピープルスポーツ株式会社社長。1999年の第1回の関東フットサルリーグ、伝説のスーパーリーグの立ち上げなどに関わった。自らはFIRE FOXの代表として、リーグ優勝、フットサル選手権の優勝を経験した。元フットサル日本代表木暮 賢一郎の父親でもある。

コメント

みんサル

個サルを検索する ひとりでも参加できる個サルやイベントに行ってみよう!

大会にエントリーする 仲間や友達を集めてフットサル大会に参加しよう!

全国のフットサル施設 全国のフットサル施設からお気に入りの場所を探そう!

RANKING

Special Thanks

  • ベストパートナー
  • ボアスコンプラス