ピヴォ×みんサル

ITワールドカップに20チームが参加!業界内フットサル大会の持つニーズとは?【WASSEのフットボールマネージメント論】

みなさんこんにちは。寝ころびながらのリフティングギネス世界記録保持者で2018年のTEQBALL(テックボール)日本代表でフットサル台場のマネージャーをしております早稲昭範(愛称:WASSE)です。

今年は梅雨が長引く予報が出ており屋外施設の責任者としてはかなりヒヤヒヤしております。自然にはどうやっても勝てないですからね。これはフットサル台場に限った話ではないのですが、屋外のフットサル施設は梅雨の時期にも楽しめる画期的なイベントや企画を常に探しています。もし、そういった企画やコンテンツをお持ちの方がいらっしゃいましたら、是非いろんなフットサル施設に営業をかけてみてください。意外とニーズが多かったりしますので。

▼業界内フットサル大会はニーズあり

さて、今回は「業界内フットサル大会」について書きたいと思います。この業界内フットサル大会とは、広告関係、理美容、不動産などなど、各業界でカテゴリーを絞ったフットサル大会です。今から4年ほど前(私がフットサル台場の支配人になる前)に企画立案し、先日第8回目となりました『ITワールドカップ』を例にご説明をしたいと思います。

元々この大会をはじめようとしたきっかけは、同業種の各社のプライドを賭けた戦いを可能にする大会が他にあまり見当たらなかった為です。当時は、施設が開催する1day大会に参加するか、知り合いの企業とのマッチアップ対戦をするぐらいしかその機会はありませんでした。

ではなぜ、業界内大会が開催されてこなかったのでしょうか? その理由について施設側と企業側の両側面から見ていきましょう!

【企業側】
・大会仕切りをやる際、各企業を取りまとめるのが面倒
・コート利用時のキャンセルポリシーなどリスクをなるべく持ちたくない

【施設側】
・どこに営業していいかわからない(フットサル部署など当たり前ですが無い)
・集客が見込めるかどうか不安(全カテゴリーをターゲットとする方がリスクは少ない)

上記の通り両者ともに超えるべきハードルがありました。しかし、このハードルさえ取り除くことができれば、業界内フットサル大会はブルーオーシャンでの勝負になると確信しました。

まずは、業界内大会の需要があると思っていた私の感覚が果たして本当に合っているものなのか確認するため、知り合いの企業へマーケティングを開始。すると、マーケティングをしたどの企業も是非参加したいとの回答を得られました。そこからはすぐに行動! サイバーエージェント様へ営業をかけ、事情と熱意を説明。実施にあたり、一番のリスクである大会運営に関しては全て施設側が受け持つことで合意しました。そして、各企業へのアプローチ(集客)についてはサイバーエージェント様にご協力をいただけました。

こうして手探りの中、2015年の6月に第1回目のITワールドカップが開催。第1回目は12チーム(100名程)の参加でしたが、大会を重ねるごとに大きくなり、先日実施した第8回大会では20チーム(200人以上)の規模になりました。

▼通常のフットサル大会と何が違うの?

この業界内フットサル大会であるITワールドカップは、通常の1day大会とどう違うのでしょうか。フットサル台場主催の1day大会と比較をしてみましょう。

【フットサル台場主催の1day大会の場合】
・5チーム募集の総当り戦
・優勝チーム(大江戸温泉物語チケット7枚)
・準優勝チーム(フットサルボール)
・4チーム以上の参加でフットサルグッズ争奪じゃんけん大会を開催
・カテゴリー別けの部分がフットサルの技術レベルの自己申告制になっており、スーパービギナーの大会に凄く上手いチームが入ってしまう事もしばしば

次に、第8回ITワールドカップは以下のような大会内容です。

【業界内フットサル大会(ITワールドカップ)の場合】
・20チーム募集の予選&トーナメント戦(上位リーグと下位リーグを設定)
・試合前にキャプテン同士で名刺交換をおこなう
・テックボールの体験会やラリー対決も実施
・優勝チーム(Cygames様よりユベントス選手のサイン入りユニフォームetc)
・準優勝チーム(Cygames様よりユニフォームetc)

・参加された企業様一覧
Cygames、Amazon、DeNA、サイバーエージェント、LINE、リクルート、SOFTBANK、チームラボ、GMOペパボ、インタースペース、CyberZ、プレイド、サムライソフト、CyberAgent SGE、Oracle、アカツキ、キュービック、Amazon AWS、hp (順不同)

優勝賞品やトロフィ(立川徽章)の豪華さや、待機時間にもテックボールのラリー体験などの楽しめるコンテンツはもちろんのこと、試合前の名刺交換もご好評をいただいています。それは、同じ業界だからこそという部分が大きく、参加企業様から頂いたお言葉からもうかがえます。

参加企業様からの感想
・同じ業界内のため、お互いにリスペクトしつつも試合は白熱する
・一度に多くの企業と接見できる一種の交流会のようになっている
・回を増すごとに企業同士の繋がりが強くなり実際に仕事に繋がることもあった

業種によって様々ですがITワールドカップ(IT企業限定フットサル大会)に関しては、毎年2回開催しており春と秋に1回ずつ実施しています。今回の企画立案から実施に至るまでのプロセスにおいて一番大事なことは、よく自己啓発本とかに書かれている、「まずは行動!」ではなく、重要なのは「熱意」です。熱意が本物であれば自分でマーケティングすることも、浮き彫りになった懸念事項を取り除くことも、目的を達成するための行動もできます。是非、好きな事からアプローチをしてみてください!

WASSE(早稲昭範)

大阪府出身。テックボール日本代表 フリースタイルフットボーラー
2017年 ギネス世界記録(寝た状態でのリフティング) 2018年~フットサル台場マネージャー

Wikipedia:WASSE(早稲昭範)

YouTube:Freestyle Teqballer WASSE
Twitter:Wasse

テックボール、フリースタイルフットボールのお仕事のご依頼はこちら↓
wassefreestyle@gmail.com

 

あなたが求めていたフットサル場がここにある

大江戸温泉物語のすぐ横、お台場のフットサル場
FUTSAL DAIBA

高密度ノンサンド人工芝コート3面
新交通ゆりかもめ、テレコムセンター駅から徒歩約2分
駐車場完備

〒135-0064 東京都江東区青海2-6-3
TEL:03-6380-7510/FAX:03-6380-7511
mail:info@f-daiba.com

コメント

みんサル

個サルを検索する ひとりでも参加できる個サルやイベントに行ってみよう!

大会にエントリーする 仲間や友達を集めてフットサル大会に参加しよう!

全国のフットサル施設 全国のフットサル施設からお気に入りの場所を探そう!

RANKING

Special Thanks

  • ベストパートナー
  • ボアスコンプラス