ピヴォ×みんサル

コーンを倒せ!&守れ!ランニング、ドリブル、シュートで大事な共通点は?(動画)【浦和レッズ・宇賀神友弥監修Esforço式トレーニング】

浦和レッズ・宇賀神友弥が主催する『Esforço football school』でトップスクールのコーチをしています犬丸です。みなさん、どんなトレーニングをしていますか? Esforço football schoolで行っているトレーニングをご紹介したいと思います。特別な器具を使わなくてもできますので、ぜひ試合前のウォーミングアップなどでトライしてみてください。

 

今回は前回のコーンを使った練習の応用編です。前回は『コーンにタッチ』でしたが今回は『コーンを倒す』という内容です。前回同様に、ランダムに2色以上のコーンを配置します。

でも、コーンを倒すだけではありません。同時に『コーンを起こす』という動作も行います。この時、不通に手で起こすのもいいですが、ここは足でコーンを起こしてみましょう。サッカーは足で行うわけですから、力の入れ具合など足を使うということに慣れてもらう効果があります。この時コーンを倒す係とコーンを起こす係に別れて、制限時間内に倒れている数を数えてどちらが勝ちか、といった対決形式もできます。

そしていよいよボールを使ってコーンを倒します。今回はシンプルにボールを当てて倒すというルールで行っています。コーンを倒すには蹴るボールの強さも関係しますが、近くでボールを蹴って当てる方がより簡単に倒れます。そのため、コーンに向かってドリブルで近づいてボールを蹴るという動作ですので、ドリブルからのシュートのイメージと重なります。倒れていないコーンを見つけるために周りを見て、どのコースでドリブルを行うのか、そして力強くボール蹴りながらもしっかりと当てるためコントロールをする。試合に必要な状況判断のトレーニングにも通ずるところがあります。

今回も『考える』ということが必要です。ですが前回の『コーンにタッチ』は動き方を考えるだけではなく、今回の『コーンを倒す』はボールの蹴り方を考える要素が加わります。『コーンにタッチ』でまずウォーミングアップをして、レベルアップとして考える要素が増える『コーンを倒す』という流れもオススメですよ。

ぜひみなさんも、ゲーム感覚で練習から気持ちを上げて、自分たちで『考える』ことを常に意識してトレーニングも楽しんでください!

 

努力に勝る天才なし

浦和レッズ・宇賀神友弥のフットサル場

UGAJIN Esforço Place

埼玉県戸田市南町10-13

JR埼京線 戸田公園駅西口から徒歩約12分

コメント

みんサル

個サルを検索する ひとりでも参加できる個サルやイベントに行ってみよう!

大会にエントリーする 仲間や友達を集めてフットサル大会に参加しよう!

全国のフットサル施設 全国のフットサル施設からお気に入りの場所を探そう!

RANKING

Special Thanks

  • ベストパートナー
  • ボアスコンプラス