ピヴォ×みんサル

フットサル日本三国志 あのチームはどうなった(ウイニングドッグ) その5 見るフットサルの幕開けにいたドッグ

フットサルプレイヤーのためのポータルサイト「みんサル」からの記事を転載となります。


 

 

その5 見るフットサルの幕開けにいたドッグ

 

2000年を迎えた2月、ウイニングドッグにとっては初出場の第5回全日本フットサル選手権が始まった。この年から会場は有明コロシアムから駒沢体育館に移され、駒沢がフットサルの聖地と言われるようになったのは、この頃からである。

また、2000年という年は、フットサル界にとっても節目の年だった。まず、ついにフットサル専門雑誌「フットサルマガジンピヴォ」が発刊されたことである。
次に、10月のことになるが、伝説の私的リーグ「スーパーリーグ」が立ち上がったことである。
3つ目は、5月のことになるが、ワールドカップ(この当時は世界選手権と呼んでいた)出場をかけたアジア選手権の成績が4位に終わったことである。あと一歩のところでワールドカップ出場を逃したことになるが、このことが、日本のフットサル界全体が世界に目を向けるきっかけになった。

これらを総括すると、ようやく日本にも「見る」フットサルが芽生えた時期であったと言える。振りかえってみると、2000年から数えて7年後の2007年9月に待望のFリ―グが発足した。約7年間、関係者の努力が実って全国リーグ設立まで漕ぎつけたわけである。この間、全日本選手権が火付け役となり、完全なプロとまではいかなくても、何か夢を達成したいと競技に打ち込んだチーム、選手達が数多く生まれては、消えていった。そんなチームの1つがウイニングドッグであり、ウイニングドッグにとって少しは記録に残すことが出来た大会となった。

まず、予選リーグは、Aグループに出場、当時は予選グループが3つの1位通過、ワイルドカード1つの4チームで、決勝トーナメントが争われるレギュレーションであった。

Aグループにはフットサルの盛んな北海道代表の札幌学院大学、今大会で3位になったFC小白川、そして関西の名門FC DRAEMなどがいて、強敵揃いのグループであった。それでも、前回優勝のファイルフォックス、前々回優勝のルネス学園(アスパ)がいないだけ、強運だったかも知れない。結果は、FC小白川に敗れ、得失点差5で2位通過、ワイルドカードの結果待ちとなった。しかし、Bブロックの2位、長野エルザサッカークラブが得失点差4、Cブロック2位の沖縄のかりゆしフットボールクラブが得失点差3で辛うじて、初出場にて決勝トーナメント進出を決めることが出来たのだ。

準決勝はAブロック1位のFC小白川とBブロック1位のファイルフォックス、Cブロック1位のアスパとワイルドカードのウイニングドッグの対戦となった。

関西の雄、藤井健太率いるアスパとの対戦はどうであったろうか。

ウインニングドッグの強みはフットサルスタイルに転向したとはいえ、読売育ちの小原信也、木暮賢一郎の個人技、ドリブル突破にあったが、アスパのチーム連携、速攻の方がはるかに上回っていた。また、アスパは2人を徹底的にマークした。結果、思うようにいかないドッグ2人のいら立ちがチームに悪影響を及ぼしたのだろうか、次第にリズムを崩し、審判への暴言による退場などもあって、なんと3-11で敗戦、あえなく、準決勝で敗退となってしまった。

結局、決勝戦はファイルフォックス対アスパとなり、ファイルフォックスが6-2で勝利、2連覇を達成した。3位決定戦はウイニングドッグ対FC小白川、予選リーグと同じ対戦となった。残念ながら、ウイニングドッグは3位決定戦でも2-3で敗れ、初の全国大会は4位に終わった。3位であれば、歴代記録に残ったかも知れない。

こうして初出場のウイニングドッグの全日本選手権は終わることになるが、この大会の敗戦で大きく刺激を受けた選手がいた。それは、その後、フットサル界に数々の記録を残した木暮賢一郎である。木暮は、この大会が終わった2月にカスカベウが参戦するブラジルで行われたバリエリカップという大会に混ぜってもらって出場する機会を得るのであった。

この大会は、今回、臨時でドッグの監督を務めたマリオ安光が企画したブラジル遠征で、もう1チーム、ファイルフォックスに選手権決勝で敗れ、再出発を図りたいアスパがいた。 また、ファイルフォックスの難波田、オスカーも参加していた。木暮にとって、この2人との出会いがのちに自分に大きな影響を与えることになるとは、思いもよらなかったに違いない。

その辺の話は次回にて。写真は、2000年、見るフットサルの幕開けとなったピヴォ創刊号の表紙にしよう。

 

木暮知彦

みんサル運営会社のピープルスポーツ株式会社社長。1999年の第1回の関東フットサルリーグ、伝説のスーパーリーグの立ち上げなどに関わった。自らはFIRE FOXの代表として、リーグ優勝、フットサル選手権の優勝を経験した。元フットサル日本代表木暮 賢一郎の父親でもある。

コメント

みんサル

個サルを検索する ひとりでも参加できる個サルやイベントに行ってみよう!

大会にエントリーする 仲間や友達を集めてフットサル大会に参加しよう!

全国のフットサル施設 全国のフットサル施設からお気に入りの場所を探そう!

RANKING

Special Thanks

  • ベストパートナー
  • ボアスコンプラス