ピヴォ×みんサル

足裏トラップができればこんなことができる!飯田力太選手が実演、トラップの意味(番外編)(動画)【ファイルフォックスのフットサル講座】

どうすれば、かっこよくうまくできるんだろう?
そんな疑問にファイルフォックスの選手たちがお答えします!

▼足裏トラップってそんなに重要?番外編

講師を務めるのは……

#5 飯田力太』選手です

FIRE FOX
関東フットサルリーグ1部に所属。2018年度より八王子を本拠地に日本フットサルリーグ(Fリーグ)参入を目指し活動しているフットサルクラブ。

こんにちは、ファイルフォックス背番号5、飯田力太です。よろしくお願いします!

前回、ウチの寺島拓海が足裏トラップの説明をしましたよね。でもね、なんで足裏トラップをするのか、なんですよね、他にトラップはあるわけですから。なので、足裏ができたらこんなことができる、ということをご説明します。じゃあ、前回ご説明をした、寺島拓海にも手伝ってもらいます。

▼連動しているから早い!

足裏は動きやすいんですよ。インサイドだと、置いてまた一歩踏み込まないとだめなんで。でも、足裏だとそのまま一歩目で行けるんですよ。本当に歩いているだけなんで、連動しているから早いんですね。

マークと対峙した時に、止まっていたらどうしても食いつかれちゃいますよね。だから、トラップで体勢を作っておくんです。相手に取られないようにするためには、ボールを動かしているというのが一番です。トラップは次に動くために止める動作、ってことですね。

意識としては、斜め前にトラップすることです。そうすると、相手のディフェンスラインが下げることができます。一発でかわすこともできるし、自分のマークもはがせますし、逆サイドのマークに絞れてそこからパスコースができたりします。もちろん逃げたりもします。自分が一番もらいやすいスペースにいるのが一番大事なんですね。だから先に動いて、次に動きやすい足裏で止めます。あまりにも横にずれたらインサイドになるし、浮き球とかドンピシャで来なきゃ足裏でトラップできないですけど、できれば全部足裏でやりたいぐらいですね。

全部やっていることは基本一緒なんですよ。相手との駆け引きです。もらう前にフェイクとかするじゃないですか。こういうトラップをしよう、という形を作っているんですよね。初心者の方は難しいかもしれないけど、もらうまでの動きが大事ですね。自分がキツい状況でもらっちゃうと、トラップもミスりやすいじゃないですか。フリーな状況でもらうことによって、トラップの難易度も下がっているんですよね。

じゃあ説明はここまで。まずはピタっと止めることから練習をしてください。ピタっと止めることができたら……もっと楽しくなりますからね!

早速、個サルで実践してみよう!

ひとりでもフットサル!みんなの個サル!! みんサル!

会員登録無料!
ポイントを貯めてチケットをGETしよう!!

ボールを蹴りたくなったら、今すぐ検索!

 

 

コメント

みんサル

個サルを検索する ひとりでも参加できる個サルやイベントに行ってみよう!

大会にエントリーする 仲間や友達を集めてフットサル大会に参加しよう!

全国のフットサル施設 全国のフットサル施設からお気に入りの場所を探そう!

RANKING

Special Thanks

  • ベストパートナー
  • ボアスコンプラス