デジタルピヴォ! [フットサル総合ポータルサイト]

1ヶ月後の真剣勝負へ。『再編』と『拡大』で『巻き込む』、Fリーグ18/19キックオフカンファレンス【コラム】

2018年5月15日、御茶ノ水
PHOTO,TEXT・佐藤功

「いよいよ18/19シーズンが開幕します」。この声だ、フットサルの声、DJジャンボの声だ。5月15日、司会を務める中村義昭さんのFリーグを象徴する声で、『Fリーグ2018/2019シーズン キックオフカンファレンス』が始まる。開催地であるJFAハウスのヴァーチャルスタジアムの木製フロアにはセンターサークルが描かれ、フットサルらしさがある場所だった。

▼『拡大』のF2

壇上には、小倉純二・日本フットサルリーグCOOが立つ。『Fリーグ再編』と18/19シーズンを位置付けていた。その再編のひとつとして『Fリーグ拡大』である。Fリーグディビジョン2、略してF2。2018年6月30日から全14節、56試合の景色が生まれる。新たに刻まれた、8つの名前が姿を現した。

ジャンボさんがY.S.S.C横浜、とクラブ名を言う。開幕節の対戦順で紹介される仕組みで、第一声を任されたのは横浜の前田佳宏監督だった。前田監督が「F2優勝を目指す」と宣言すれば、そのボーダーラインを宿本諒太が『勝ち点35』と解説をするコンビプレーを魅せた。その彼らを、高垣結を新監督に置いたトルエーラ柏、Fリーグの歴史から表舞台に戻った村上哲哉監督の広島エフ・ドゥを始めとするライバルたちが行く手を阻む。

ボアルース長野の原山英之は「新しい風」を、北信越エリアから起こす。ボルクバレット北九州の中村恭輔の手にしたボードには、『根』と力強く書かれている。『成長』を目指す吉田圭吾がいるポルセイドのホーム、浜田の名産品は何だろう、2005年の設立からたどり着いたと話した杉木陽介監督率いるヴィンセドールのある白山は、どんな土地なんだろう。フットサルというツールを使って、日本をさらに知る機会が増えていた。

そして鈴村拓也監督は『走』がテーマ、森脩は『闘』がテーマ。旧Fリーグを経験したデウソン神戸は、前を向いて走りながら戦い続ける。この8つの志は、近い将来撃つべき相手である12色を眺めるため席に付いた。

 

▼『再編』のF1

若い三笠貴史は少し照れくさそうだった。Fリーグ選抜が登壇した。「開幕から目をギラギラさせてリーグ一、ハングリーなチームとなって戦っていきたい」。その言葉にも、若さが溢れていた。

「荒牧(太郎)選手と上福元(俊哉)選手の新しい色のユニフォーム、とても似合っていると思います」。

ジャンボさんは、ヴォスクオーレ仙台へ移った荒牧へ、バサジィ大分に移った上福元へエールを送る。プレーオフ進出を目指すアグレミーナ浜松の松浦勇武の胸には、新スポンサーロゴがある。こちらも新たな景色があった。

「立川に拠点を広げ」と谷本俊介監督が語った後、皆本晃は「アリーナ立川立飛を、世界で一番熱いアリーナにする」と立川・府中アスレティックFCの新たな船出を誓う。その後皆本は、もう主役がしゃべったんだからいいだろう、と言いたげな”世界の皆本”らしさのある表情で壇上に立っていた。その胸にあるエンブレムの下には、「TACHIKAWA」という文字があった。

Fリーグディビジョン1、通称F1になろうが、Fリーグが積み重ねてきた歴史は変わらない。「今年もエスポラーダ北海道の指揮を執ることとなりました、小野寺隆彦と申します。飽きたなんて言わないでください」。慣れたものである、つかみで場内を沸かせた。

シュライカー大阪のアルトゥールは「私もスペイン語でしゃべりたいです」と切り出す。彼よりも前に登壇しスペイン語を話したヴォスクオーレ仙台のホセ・フェルナンデス監督、バルドラール浦安はアルベルト・リケル新監督のフラグをうまく利用した。名古屋オーシャンズの酒井ラファエル良男は、新婚であるFリーグ報道官・加藤未央さんに花束を渡す。もちろん「酒井選手と結婚したわけではありません」とジャンボさんは付け加えた。

フウガドールすみだの須賀雄大監督は「先日、岡山(孝介)監督と2人で映画を観に行きました。楽しかったよね、岡ちゃん」と対戦相手を揺さぶる。「映画の内容に関しては、また個別で」とペスカドーラ町田・岡山監督は切り返した。映画のような喜怒哀楽を魅せる開幕戦を2人は約束した。

「勝っていると思います」とジャンボさんが被せる。「ダイエットして、須賀監督とイケメン対決をしたい」という、湘南ベルマーレ奥村敬人監督の持ちネタに対してだった。

▼アットホームな先にある真剣勝負で『巻き込む』

その奥村監督が、大切なことを付け加えた。

「横浜の前田監督の目標を見たいと思った方は僕だけじゃないと思います」。

トップバッターだった前田監督は、プラカードの文字を見せることを忘れていた。改めて登壇した前田監督が出したテーマは、キックオフカンファレンスを締めくくる言葉にふさわしかった。

「このような形でみなさんを巻き込みたいと思います」。

『巻き込む』という文字がボードには書かれていた。FリーグはF2の誕生の『拡大』で『再編』を行い、人々『巻き込む』べく進む。新シーズンのテーマがすべてつながった瞬間だった。

F1は6月16日、仙台vs大分のカードで駒沢から出発。アットホームな雰囲気だったキックオフカンファレンスの1ヶ月後には、厳しい真剣勝負が始まる。ロシアvsサウジアラビアの戦いは6月14日。ロシアでのFIFAワールドカップと並行して、Fリーグは始まる。

コメント

Today SINGLE9月19日 今日都内で蹴れる個人参加

もっと見る

RANKING

GAME大会情報

もっと見る

GROUNDフットサル場一覧

もっと見る

SCHOOLスクール情報

Coming Soon!

F.LEAGUE順位表

Fリーグディビジョン1 順位表(9/15更新) ​​

順位 チーム 勝点
1 名古屋オーシャンズ ​​ 40
2 ペスカドーラ町田  29
3 バサジィ大分 28
4 立川・府中アスレティックFC 28
5 シュライカー大阪 26
6 湘南ベルマーレ 23
7 フウガドールすみだ 15
8 Fリーグ選抜     14
9 エスポラーダ北海道 13
10 ヴォスクオーレ仙台 12
11 バルドラール浦安 9
12 アグレミーナ浜松 7
 

PLUSデジタルピヴォ!プラス新着情報

J-RONJ論リンク

    デジタルピヴォ!
    パートナー

    • みんサル
    • ビギワン
    • フットみる
    • U-9ピヴォチャン
    • ジュニアピヴォチャン
    • ベストパートナー
    • ボアスコンプラス
    • エフチャンネル
    • sample
    • sample

    デジタルピヴォ!
    パートナー募集中