ピヴォ×みんサル

『毎日が充実。もっともっとフットサルを知りたい』伊藤果穂(バルドラール浦安ラス・ボニータス)【コートのマドンナ】

女子フットサルの魅力に迫る『コートのマドンナ』。
今回登場していただくのは……『バルドラール浦安ラス・ボニータス #15 伊藤果穂』選手です。

――今年移籍して新しいチームの雰囲気はいかがでしょう。

自分を活かしてくれる選手がいて、新たな事を学ばせてくれる監督やコーチがいて、大きな力を与えてくれるサポーターもいて、毎日が充実して、フットサルを高めたいという気持ちを持ってプレーできています。雰囲気はとても良いです!

――フットサルを始めたきっかけを教えて下さい。

サッカーは小学生になる前からやっていて十文字高校で3年生冬の選手権までプレーしていました。卒業してボールを蹴る事自体止めようと思っていたのですが、何か一つ競技を変えて体を動かしたいと思い、今までやってきた事を活かせると思ってフットサルを始めたのがきっかけです。一番最初に入ったチームは今年昇格を果たして、同じ関東女子フットサルリーグの舞台で戦っているTapaZida(タパジーダ)というチームです。そこでは私がボールを蹴る楽しみを思い出させてくれたチームでした。

ーー自己アピールをお願いします。

私のアピールポイントは緩急を使ったドリブルと相手のボールを奪いきることです。

攻撃面では、チームのチャンスと時間を作り、得点を取ること、また守備面でも、相手のボールを奪って攻撃に繋がるプレーができるように心がけています。

日本の女子の中でも攻守に渡って高いレベルでそういったプレーができる選手は少ないと思うので、もっともっとフットサルを知って、自分の特徴を活かしチームの勝利に貢献できるプレーヤーになっていきたいと思っています。

伊藤果穂

十文字高校サッカー部→TapaZida→バルドラール浦安ラス・ボニータス

東京都選抜

フットサル日本女子代表

 

supported by 裏PANNA-FUTSAL

女子フットサルを多角的な視点で一味違った記事をお届けするWEBマガジン

コメント

みんサル フットサルを、日本の文化に。

個人参加できる
フットサルを探してみよう

個サルを検索する

日本中の大会から
自分たちに合う大会を探してみよう

大会にエントリーする

日本中のフットサル施設
を探してみよう

全国のフットサル施設

RANKING

  • ベストパートナー
  • ボアスコンプラス