デジタルピヴォ! [フットサル総合ポータルサイト]

『フットサルコースと名乗っている以上は……』選手と共に1から学び続けた7年(加藤諒典・クラーク記念国際高等学校)【2/2】

2018年10月17日、神戸
(PHOTO,TEXT・佐藤功)

加藤諒典さんがクラーク記念国際高等学校へやってきた時を回想する。サッカー経験はあるものの、フットサルでの指導は未経験。そこへまだ整っていないフットサルの環境が加わる。クラークのフットサルコースの歴史は今から7年前、加藤さんと共に始まっていた。(2018年10月17日収録)

▼未経験からのスタート

――学生時代にサッカーをされていたとお聞きしましたが、いつ頃から始められたのでしょうか?

加藤 3歳ぐらいからですね、近所のお兄ちゃんとサッカーをやってたりしてました。小学生になってからは、チームに交ぜてもらってやってました。なので、本格的にしっかりやり始めたのは、小学校1年生からですね。ちょうど、Jリーグができた世代なんですよ。

――そもそも、なぜサッカーをやりたいと思ったのでしょうか?

加藤 周りの環境ですね、サッカーをやっている人が多かった。野球はあまりいなかったですね、僕の周りは。知り合いのお兄ちゃんらがやっていたから、外で遊ぶ感覚の延長線上ですね。

――その後も、サッカーを続けられたと思いますが。

加藤 中高とやりましたね。選手権やインターハイにも行きました。ボランチとサイドバックでしたね。大学ではやっていないです、膝がよくないので。大学生から指導ですね。

――それは大学のスポーツ学科ですか?

加藤 いえ、スポーツ学科ではありません。近畿大学に行って、授業が終わった後に地元の中学校に指導に4年間行きました。あと阪南大高に1年ぐらい指導をしていました。

――元々サッカーの指導者だったんですね。そこから大学から卒業をされて、その後はどうされたのでしょうか?

加藤 教員です。社会の教員免許を持っています。前の学校では授業もして、中等部のサッカー部を見てました。

――その後、サッカーから現在のフットサルに関わるきっかけはどういったのもだったのでしょうか?

加藤 大学を卒業して2年、違う学校で教員として働いていた時、このクラークにフットサルコースができるということを人づてで聞いたんですよ。それで、おもしろそうだなと思って入ったのがきっかけです。

――そこまでフットサルの指導はまったく未経験だったわけでしょうか?

加藤 そうですね、まったく。やるのもサークルで大会に出る程度で、競技系はまったく経験していません。なので、フットサルはこっちに来てから、本当に1からですね。ルールから勉強をしました。

――それが何年前でしょうか?

加藤 7年前です、今フットサルコースは7年目ですから。立ち上げから関わらせてもらっています。

▼何も考えずにやるな

――加藤さんは監督という立場なのでしょうか? それとも教師という立場でしょうか?

加藤 フットサルコースの担任です。フットサルという授業、ということですね。

――フットサル未経験の中、指導をしていくのは大変だったと思います。どういった理念に基づき指導を行われたのでしょうか?

加藤 僕は今もですが、あまり何も言いません。何か言うとしたら、何も考えずにやるな、ですね。生徒たちの自主性を重んじています。今何をしたらいいのかだったり、自分たちで考えて行動をしてほしいと考えています。それはフットサルだけではなくサッカーも同じですし、普段からの生活でも同じことだと思いますよ。

――今もそうでしょうけど高校でフットサル部は少ないですから、7年前はほとんどなかったと思います。練習試合をするのも大変だったと思います。

加藤 最初は何のコネクションもないので大変でしたね、1年目は特に練習試合はそんなにできませんでした。今でもU-18は多くはありませんが。始めた時は社会人とつなげてもらって練習試合をしていましたね。今ではデウソン神戸で練習に参加をさせてもらっている生徒もいます。通信ですのでカリキュラムも組みやすいので、デウソンとのタイミングが合えばトップと試合をさせてもらったりもしています。これからも、どんどん送り込んでいきたいですね。

――また7年前は、そもそも大会自体も少なったと思います。

加藤 そうですね、僕も最初は不安でしたね、飛び込んだものの。今でこそJFA主催の全日本ユースができて目標があるんですけど、その頃は民間の大会で大きいのはひとつしかありませんでした。でも、すぐにその大会で結果を出してくれてうれしかったですね。フットサルコースと名乗っている以上は、サッカー部の子たちには負けられませんからね。

――そういった全国大会を戦い、Fリーグに選手を輩出しているクラークですが、加藤さんは今後どのような展開をお考えでしょうか?

加藤 今年から、東京にもフットサルコースができましたが、北海道や仙台、あと九州にも作りたいですね。過去に神戸校に北海道や千葉から来た生徒もいましたし、どんどん全国に広げていければなと思います。

あとこれは僕の夢なんですが、トップチームを作ってFリーグで戦いたいですね、卒業した生徒たちと一緒に。

コメント

Today SINGLE11月16日 今日都内で蹴れる個人参加

  • Coming Soon!

もっと見る

RANKING

GAME大会情報

もっと見る

GROUNDフットサル場一覧

もっと見る

SCHOOLスクール情報

Coming Soon!

F.LEAGUE順位表

Fリーグディビジョン1 順位表(11/12更新) ​​

順位 チーム 勝点
1 名古屋オーシャンズ ​​ 52
2 シュライカー大阪  45
3 立川・府中アスレティックFC  41
4 ペスカドーラ町田  40
5 湘南ベルマーレ 36
6 バサジィ大分  31
7 フウガドールすみだ 29
8 Fリーグ選抜    24
9 ヴォスクオーレ仙台  20
10 エスポラーダ北海道 16
11 バルドラール浦安 14
12 アグレミーナ浜松 8
 

PLUSデジタルピヴォ!プラス新着情報

J-RONJ論リンク

    デジタルピヴォ!
    パートナー

    • みんサル
    • ビギワン
    • フットみる
    • U-9ピヴォチャン
    • ジュニアピヴォチャン
    • ベストパートナー
    • ボアスコンプラス
    • エフチャンネル
    • sample
    • sample

    デジタルピヴォ!
    パートナー募集中