ピヴォ×みんサル

『自己主張の仕方が変わってきている』時代の変化とフットサルで身に付けてほしいこと(山本尚希×加藤諒典)【3/3】

 

※過去記事
『デウソンの下部組織の子がヴィッセル神戸に入ってほしい』育成現場から見たフットサルとサッカーとの関係(山本尚希×加藤諒典)【2/3】

2018年10月17日、神戸
(PHOTO,TEXT・佐藤功)

U-15の先にはU-18が、U-18の先にはトップチームがある。加藤諒典さんがクラーク記念国際高等学校に来てほしい選手とは、山本尚希さんがデウソン神戸に来てほしい選手とは。そして、子供たちの未来を思い描く。(2018年10月17日収録)

▼U-15からU-18へ、U-18からトップへ

――山本さんはU-15を指導していますから、U-18の加藤さんに選手を送り込むということになります。加藤さんはどういった選手が来てほしいとお考えですか?

加藤 欲を出せば技術面とか高ければ高い方がいいですけど、結局どんなトレーニングにも一生懸命やれる子が欲しいですね、簡単に言えば。フィジカルでも基礎練習でも、自分のためだと思って一切手を抜かずに一生懸命やれる子であれば、デカかろうが小さかろうが、下手だろうが僕はいいです。

山本 やる気があって実行できる、それが一番難しい、一番の極論。

加藤 挫折しかけようが、下手なりに一生懸命最後までついてきてやってくれるのであれば、3年間毎日厳しい練習をするので、それなりにはできる自信はあります。それに耐えてきてくれる子を送ってくれれば、そっちへ返せるので。自分でブレーキをかけたりとか、こんなもんかなとか、この練習は自分には意味がないとか思われると、きついですよね。好きで好きで絶対毎日ボール蹴って、自分の夢のためだったら頑張れますという子が来てくれれば。そこかな、そういう子が欲しいですね。

山本 頑張る(笑)。

――そのU-18の選手の進路先にはFリーグがあります。デウソン神戸としてはどういう選手が欲しいですか。

山本 このクラブのためにサポーターのために愛情を持ってフットサルをしてくれる選手が必要ですね。クラブのピースになってくれるような選手じゃないとクラブ自体が成長していけないし、周りにしっかり感謝をしてできる選手ですね。フットサルがうまい、体が強い、頑張れるというのは当たり前のカテゴリーですから。何をやっていても自分の損得勘定で動かれてしまっては育ててあげれない、僕らも愛を持って接してあげれない。何時も自分が所属するクラブのために、チームのために動き続けてくれる選手が欲しい。高校生の間に自分のためにやり続けて、自分を凌駕してくれたらいいですよね。

加藤 難しいな(笑)。

山本 そういう人格はプロになるべくプロになりますから。極論の極論ですよね。中学から高校への極論があって、高校からトップへの極論があって、そういう選手が集まればという極論ですね。

加藤 フットボールが好きで、入ったチームが好きで、そのために何をしないといけないのかというのを考えることができれば自然と伸びます。監督の話を聞く姿勢とか、理解しようとする姿勢がある子は自ずと伸びるんですよ。両足で蹴れるとかは僕らの中ではオプションでしかないんです。まずは根本的な人間形成ですね。技術は後から伸びますしね。

山本 プロになってからも伸びますし。

加藤 一生懸命やる子、好きでずっとやり続ける子、嫌なことでもやり続ける子、そういう子がトップに上がっていますしね。

▼人の人生に触れる責任

山本 好きでやっている子が多いですよね。それが、一流になるには必要なものなんですよ。トップで第一線で活躍できる選手は、競技の枠を超えて人として立派なものを持っている人格者がいいアスリートになると思うので、そこをないがしろにして育成には携われないかなと思います。僕たちが教えられることはフットサルの技術だったりシステム的なことだったりサッカーのことも勉強しないといけないけど、まず第一に子供たちの未来を預かる立場の人間ではあるので、フットサルやサッカー以外の社会でも立派に戦っていける人間を育てる、そこが一番。

加藤 間違いないですね。しかも僕らは学校ですからね、教育者ですから。その子の人生を左右してしまいますから。

山本 その子の未来に触れるわけですからね、少ない時間でも。

加藤 しかも多感な時期ですからね。僕たちも15歳の時は、「先生に何がわかるんや」みたいなこと思っていましたし。でも、反発する子っているんですか? 高校生は大人と触れる機会も多いですし、一気に精神的に変わる年代なので、あんまり黙っとけみたいに反発する子は過去には出てきてないんですけど、アスピランチにもいないんじゃないですか。

山本 いないですよ、ウチのU-15にもいないです。ただ、自己主張の仕方が時代で変わってきていて反発はしないんですよね。反発はしないけどやらない。反発するというのは向かってきてくてくれているのでひとつの表現だと思うんですけど、何も伝えてくれない感じですね。気に入らないなら気に入らないと言ってくれれば伝わるんですけど、自分の中に秘めているものを絶対に人には伝えないで内に秘めてしまう。そういう子も中にはいるので、大人は見抜くのは難しい時代だなと思いますね。

加藤 空気を読んでいるような感じですね。

山本 そうですね。「はい」とは言います、でも「はい」と言えばその場でOKとなっちゃってる感じですね。その場を終わらせることを、時間を進めることをやっていますよね、大人がどうすれば納得するかを考えて動いちゃうというか。そうじゃないんだ俺はこうしたいんだ、っていうのを出してこないんですよ。その彼らに社会の理不尽をぶつけて、真正面から向き合うという難しさを感じますね。もちろん真面目にしっかり取り組んでいる子もいますし、自分の主張をできる子もいます。そういう子こそ自主性を尊重してあげればどんどん伸びるかなと思いますよ。

加藤 責任はすごいですけど、伸びた時はすごいうれしい、やりがいはすごいと思います。トップはトップでやりがいはあるとは思いますけど、こっちはこっちで楽しいんですよ。

山本 僕、イチロー選手がサッカーしててもすごかったと思うんですよ、全然知らないですけどね。ビジネスマンになってもすごかったと思うんですよ。そう言われるような人間を育ててあげれればいいですよね。この人何しててもすごかったやろ、って言われるような子に、FリーグでもJリーグでも一般企業でもなんでも社会に出ていった時にしっかりと戦えるように、というのが一番ですね。

加藤 その将来に僕らが関わっていればうれしいですね。

山本 それほど幸せなことはないですよね。クラークの先生になってフットサルの講師になるかもしれないし、ライバルチームの監督としてとかいいですよね。

加藤 あの時はありがとうございましたって、敵としてきたら面白いですよね。そうやって続けられるスポーツですからね、サッカーとかフットサルは。U-18年代は僕らが引っ張らないといけないと思っているんですよ。フットサルコースという特化しているコースなので、絶対にやらないといけないんです。そこからフットサルを盛んにしてメジャースポーツに、ですよね。

山本 僕らの責任は大きいですよね。

加藤 子供の夢が一個増えますからね、盛り上がれば。責任は重たいですね。でも楽しい。

 

コメント

みんサル

個サルを検索する ひとりでも参加できる個サルやイベントに行ってみよう!

大会にエントリーする 仲間や友達を集めてフットサル大会に参加しよう!

全国のフットサル施設 全国のフットサル施設からお気に入りの場所を探そう!

RANKING

Special Thanks

  • ベストパートナー
  • ボアスコンプラス