ピヴォ×みんサル

『新たな価値観を生み出す』新生デウソン神戸の理念とは?(武田茂広・一般社団法人神戸フットサルスポーツクラブ代表理事)【1/2】

2019年10月25日、某所
(PHOTO,TEXT・佐藤功)

デウソン神戸が変わった。新体制になって最初のホーム、動員数は昨季の平均を大きく上回った。そして、時にはF1を上回る動員を記録した。武田茂広・一般社団法人神戸フットサルスポーツクラブ代表理事が、新生デウソン神戸の改革について語る。(2019年10月25日収録)

 

▼地域のローカルヒーロー

――去年から強化部長として入られていましたが、デウソン神戸に関わるようにきっかけはどういったことがあったのでしょうか? 

武田 鈴村(拓也)とフットサルB級ライセンスの講習で意気投合したのがきっかけですね。彼が引退してすぐのF1最終年の時で、その1年は個人として相談に乗ったりサポートをしていました。そうしている内にF2の自主降格の話が出てきた折、鈴村に力を貸してほしいと言われ、上永吉(英文)前社長に経歴書を送り、その後直接お会いして強化本部長としてクラブに加入することとなりました。同時期にコーチの難波(和樹)も入り、チームの体制強化を進めました。最初の仕事は、F2自主降格で主力選手が大量離脱するなか、選手を確保することでした。

――今のメンバーを集めたのが武田さんということでしょうか?

武田 トップチームで残ってくれた選手が二人だけでしたので、まずはサテライトからの昇格を軸に選手を集めました。県リーグでしかプレーしていない選手たちだったので、果たしてFリーグで通用するかという悩みは、私たちだけでなく選手自身にもあり、登録期限間近まで選手確保に苦しみました。今シーズン副キャプテンとして頑張っている三村(里来)や金尾(裕太)をはじめ、多くの2年目の選手がその時のメンバーです。

――そこからF2初年度が始まり、常に帯同をされていました。

武田 強化本部長のほか、Fリーグ広報担当でしたので開幕戦からチームに帯同していました。開幕後、社長から運営委員代理をしてほしいと要請があり、リーグの会議にも出席するようになりました。

――そこからクラブ代表、GMに就任されます。どういった経緯があったのでしょうか?

武田 F2での戦いはとても厳しいものでした。トップチームはなかなか勝てず、大敗も多く先の見えない状況でした。クラブ経営の面でも観客動員の著しい落ち込みなど、1年でどうにかなるという問題ではありませんでした。よって、今後の命運をかけてクラブ体制の抜本的な改革を行うこととなりました。私自身は鈴村と意気投合してここまでやってきたわけですが、鈴村の「兵庫と神戸に育ててもらった、フットサルに育ててもらった、その恩を返したい。デウソン神戸を再建したい。」という強い気持ちを受けて、一緒にデウソン神戸を立て直そうということになりました。

株式会社ではないのでオーナーではなく、私は代表理事という立場です。現場では私がGMで編成権があるという組み立てで、鈴村が強化部長という一般的なスポーツチームと同じ組織です。

――デウソン神戸株式会社から一般社団法人神戸フットサルスポーツクラブへ移行しました。どういった変更点があるのでしょうか?

武田 一般社団法人にした理由は、地域に根差したクラブとなることこそが、クラブ再建の鍵と考えたためです。Fリーグ全体の入場者数も減少しフットサルを取り巻く環境も厳しくなっている今、従来同様のスポンサー収入やホームゲームの興行を主体にした経営は成り立たないと思ったからです。現実に入場料収入もないしクラブグッズも売れない。それならば新たな価値観を生み出すしかない、ということです。総合型地域スポーツクラブへと生まれ変わり、フットサルを主軸としつつも様々なスポーツに取り組み、地域とスポーツ文化をこれからの社会でどうマッチングし社会貢献していくか。もっともっと地域を大事にする、神戸だけでなく兵庫全体を大事にする、関西全体を大事にする、そういうクラブに生まれ変わる。そのなかで、フットサルのトップチームは地域のローカルヒーローとなる。額に汗をかきスポーツを通じた社会貢献に取り組む姿、プロでないからこそ毎日働きながら必死でトップリーグを目指して頑張っている姿、そういう姿を見ていただく。その選手たちが地域とつながって、社会貢献していく。そういう活動を評価してくださる方々がクラブに共感し、様々な形でサポートしてくださる。そのような価値交換のモデルを確立することがクラブの理念です。

 

▼ホスピタリティを大切にしよう

――そして新体制で迎えたF2第2節、ホーム開幕戦に1,188人の動員数を記録します。昨季、一度も1,000人に届かなかった神戸にとって大きかったと思います。

武田 去年の平均観客数は400人に届かない程度、最低は176人でしたので、新生デウソン神戸をみなさまに観ていただくためにもホーム開幕戦はとても重要でした。収益よりも、ますは1人でも多くの方に観ていただく。今シーズンはブレずにこの点を大切にしています。将来のフットボールを支える子ども達にフットサルを知ってもらうために県サッカー協会を通じてチーム単位の招待を促進したり、電話やメールで個別の連絡をしたり、地域やクラブパートナー様主催のイベントに参加したり、できる限りの努力をして観客動員に繋げています。コストはかかりましたけども、センターサークルにデウソンのロゴを貼ったりもしました。

――あのセンターサークルのロゴはデウソンを観に来ている、という効果があると強い印象を受けました。

武田 「観客の皆様へのホスピタリティを大切にしよう」が、今年のホームゲーム運営の合言葉です。お客様に楽しんでもらう、そのためには何よりも運営する私たちがお客様を大切にすることが重要です。センターサークルもその一環です。正直、お金はありませんので派手なことはできませんが、飲食を楽しめるようにしたり、少年少女が楽しめるような縁日的な催しや小さなお子様が遊べるキッズスペースを設けたり工夫を凝らしています。手作り感たっぷりで恐縮ですが、試合を観に来たお客様に試合以外の楽しさ、居心地の良さを感じてほしいと思っています。

とてもうれしかったのは、兵庫県立総合体育館でのホーム2戦目です。チーム創設から応援をしてくれていたサポーターが、クラブの運営サポートもしたいと設営や売店の準備をしてくれました。そして、試合中は以前のように太鼓を叩いて応援してくれました。今年から募集している「グリーンサポーター」として手助けしてくれる人も徐々に増え、本当に感謝をしています。

――観客の方々の感触はいかがでしょうか?

武田 まだまだ至らない面も多いのですが、「デウソン神戸の試合は面白い」「若手主体だけど可能性を感じる」「子供たちが楽しめる」「クラブグッズや飲食があるのはうれしい」といった意見を頂いています。「ホームで勝つところを観たい」というご要望にはまだ応えられていませんが、なかには「負けた試合なのにいい雰囲気で子どもたちが自主的に応援をしていて感動した、こういうクラブはなかなかない」と言ってくださる方もいました。地域に根差したクラブになるための取り組みやホスピタリティを感じてくださった方々が、少しずつ増えてデウソン神戸を支えていただいているのを実感しています。

 

→後編:『時代がフットサルに何を求めているのか?』デウソン神戸が描く未来像

 

コメント

みんサル

個サルを検索する ひとりでも参加できる個サルやイベントに行ってみよう!

大会にエントリーする 仲間や友達を集めてフットサル大会に参加しよう!

全国のフットサル施設 全国のフットサル施設からお気に入りの場所を探そう!

RANKING

Special Thanks

  • ベストパートナー
  • ボアスコンプラス