ピヴォ×みんサル

『大事な場面で点を取れる選手になる』益田亜依(PeSelva)【コートのマドンナ】

今回のコートのマドンナは四国女子フットサルリーグPeSelva背番号5番の益田亜依選手です。

 

- 昨年は残念ながら四国女子フットサルリーグの優勝を逃しました。今季のチームの、そして自身の調子ははいかがですか?
益田:現在、チームは首位でリーグの前半を終えることができています。ですが、個人的には前節で怪我をしてしまったので次の試合までに治して万全の状態で臨みたいと思っています。

- サッカー歴及びフットサルを始めたきっかけ等教えて下さい。
益田:サッカーは小学生の頃、地元のサッカー少年団ではじめました。中学と高校は部活でサッカーをプレーしていました。フットサルを始めたきっかけは高校の頃、当時国体コーチだった佐賀監督に誘われたのがきっかけとなり、PeSelvaで競技フットサルを始めました。

- フットサルの魅力とは何だと思っていますか。
益田:ボールに関わる機会が多いところが楽しいですし、ボールを持っていないところでもいろんな駆け引きが行われているところが奥が深くて面白いなと思います。

- 仕事とフットサルの両立に苦労されている点はありますか?
益田:今年から社会人になり、仕事で遅くなってしまい、学生の頃と比べて練習に遅刻してしまうことが多くなりました。なので、自主トレなどで少しでもフットサルに集中できる時間を増やすよう努力しています。

- 今後の目標をお聞かせ下さい。
益田:大事な場面で点を取れる選手になることです。チームでも決定力が課題となっているので、個人としても得点にこだわりチームの勝利に貢献したいと思います。

益田亜依

小学生の頃からサッカーをはじめ、小学生の時は田宮ビクトリーで、中学生の時は部活動とリベルタ徳島に所属。高校は高校へ進学して3年間サッカー部に所属。高校時代には国体出場経験を持つ。フィクソながらチャンスと見るや、思い切って前線へと駆け上がり、攻撃に絡むオールラウンドプレイヤー

コメント

みんサル

個サルを検索する ひとりでも参加できる個サルやイベントに行ってみよう!

大会にエントリーする 仲間や友達を集めてフットサル大会に参加しよう!

全国のフットサル施設 全国のフットサル施設からお気に入りの場所を探そう!

RANKING

Special Thanks

  • ベストパートナー
  • ボアスコンプラス