デジタルピヴォ! [フットサル総合ポータルサイト]

最後まで戦い抜くこと。浜田が子供たちに伝えたF2開幕戦【F2第1節】

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、WEBマガジン「デジタルピヴォ!プラス」からの記事を転載させていただきます。


無料記事:最後まで戦い抜くこと。浜田が子供たちに伝えたF2開幕戦【F2第1節】(2018/6/30)デジタルピヴォ!プラス

Fリーグ2018/2019ディビジョン2 第1節
Y.S.C.C.横浜 15-2 ポルセイド浜田
2018年6月30日(土) 横浜市平沼記念体育館 観客数:401人

[得点経過]
1-0 03分30秒 Y.S.C.C.横浜 10 川崎柊音
2-0 05分57秒 Y.S.C.C.横浜 11 滝沢拓也
3-0 06分16秒 Y.S.C.C.横浜 2 高橋健
4-0 10分29秒 Y.S.C.C.横浜 1 鈴木陽太
5-0 13分23秒 Y.S.C.C.横浜 15 廣戸大志
6-0 14分25秒 Y.S.C.C.横浜 17 杉山陸斗
7-0 16分33秒 Y.S.C.C.横浜 2 高橋健
8-0 17分00秒 Y.S.C.C.横浜 11 滝沢拓也
8-1 20分00秒 ポルセイド浜田 9 布田有祐
9-1 32分26秒 Y.S.C.C.横浜 14 黒田陽二郎
10-1 32分33秒 Y.S.C.C.横浜 9 栗林大地
11-1 33分17秒 Y.S.C.C.横浜 17 杉山陸斗
12-1 33分46秒 Y.S.C.C.横浜 17 杉山陸斗
13-1 35分13秒 Y.S.C.C.横浜 9 栗林大地
13-2 36分00秒 ポルセイド浜田 14 武田慧
14-2 36分40秒 Y.S.C.C.横浜 11 滝沢拓也
15-2 38分55秒 Y.S.C.C.横浜 25 曽根直人

▼子供たちの声を力に

何度でも何度でもボールを回し、何度でも何度でも体を張り、そして何度も失点をしていた。それでもそのたびに「ポルセイド!」と子供たちは声援を送る。

夢の舞台はかくも厳しかった。それでも横浜にいた浜田のサポーターのために、F2を待ち望んだ子供たちのために、彼らは今できることを、最後まで戦う姿勢を失わなかった。そしてその姿を、子供たちは目に焼き付けていた。

まとめ◆デジタルピヴォ! 佐藤

▼大きな誤算

中林幸雄 ポルセイド浜田監督

本日の試合は開幕1試合目ということでうちのチームとしましても選手、スタッフ共に気合を入れて試合に臨ませていただいていたんですけど、振り返ってみると1年前昨シーズンFチャレンジリーグに参戦させていただいていたことを思い出して。Y.S.C.C.さんも今日からF2リーグに参戦されるということで、うちにとってアウェーの試合で独特の雰囲気の中で、特に前半に関しては雰囲気に飲み込まれてしまったところもあったのかなと。なかなか自分たちの実力が出し切れない中で試合が経過してしまい大差が開いてしまって、スコア的に残念なゲームになってしまったのかなと。

ただ後半に関しましては、選手の方もまたいろいろと確認をして盛り返していい流れの時間帯があったので、そこで得点できたらゲームの雰囲気を変えることができたのかなと思ったんですけども、そのあたりのところで逆にY.S.C.C.さんの方に得点を許してしまった形で。最後はパワープレーも混ぜながらだったんですけど、パワープレー返しで失点してしまったということで。

開幕は残念ではありますが、次節は、ホームゲーム(2018年7月15日、F2第2節・対ボアルース長野)がありますのでそちらに向けてしっかり修正を調整をして、ホームでは勝利ができるように次は頑張りたいと思います。

――ここまでのスコアになるというのは試合の前に予想していたのでしょうか。実際にやってみて印象の違いの部分を教えてくださいますでしょうか。

中林 なかなか島根にいると、こちらの地域の情報がたくさん入ってくる状況ではないもので、少ない情報の中で分析等を行っていました。かなり戦力補強をされていたということで、ここ最近のオーシャンカップもそうですし、トレーニングマッチ等の結果もお聞きしている中で、力的にはうちよりは上のチームではあろうなと。その中でうちがどれだけしっかり守れて、ショートカウンターができるのかなと。そこの部分で先制をしたら流れがこちらの方に向いて、取って取られてという風になるだろうなと思っていましたが、連続失点してしまったのが大きな誤算ではありました。

▼ホームでは絶対に

布田有祐 ポルセイド浜田キャプテン

オーシャンカップで1回戦敗退したという悔しい思いをしているんで、開幕戦は絶対勝とうというチームがひとつになって練習に臨んでいましたが、パスひとつにしてもシュート1本にしても相手の方が精度が上で、チームとしてもいい流れもあったんですけども、そこでしっかり決めれなかったのが敗因だと思います。

ホームでは絶対に、次節はホームがあるんですけどそれを勝って、Y.S.C.C.とホームでやるときは絶対勝つように、これからの練習をしっかり臨みたいと思います。

 

コメント

Today SINGLE11月16日 今日都内で蹴れる個人参加

  • Coming Soon!

もっと見る

RANKING

GAME大会情報

もっと見る

GROUNDフットサル場一覧

もっと見る

SCHOOLスクール情報

Coming Soon!

F.LEAGUE順位表

Fリーグディビジョン1 順位表(11/12更新) ​​

順位 チーム 勝点
1 名古屋オーシャンズ ​​ 52
2 シュライカー大阪  45
3 立川・府中アスレティックFC  41
4 ペスカドーラ町田  40
5 湘南ベルマーレ 36
6 バサジィ大分  31
7 フウガドールすみだ 29
8 Fリーグ選抜    24
9 ヴォスクオーレ仙台  20
10 エスポラーダ北海道 16
11 バルドラール浦安 14
12 アグレミーナ浜松 8
 

PLUSデジタルピヴォ!プラス新着情報

J-RONJ論リンク

    デジタルピヴォ!
    パートナー

    • みんサル
    • ビギワン
    • フットみる
    • U-9ピヴォチャン
    • ジュニアピヴォチャン
    • ベストパートナー
    • ボアスコンプラス
    • エフチャンネル
    • sample
    • sample

    デジタルピヴォ!
    パートナー募集中