ピヴォ×みんサル

[Fリーグ第3節]シュートの強さが僕のストロングポイント、受ける人は敵ながらかわいそうかなとか思いながら撃ってます 笑(湘南・小門勇太)

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、WEBマガジン「デジタルピヴォ!プラス」からの記事を転載させていただきます。


[Fリーグ第3節]シュートの強さが僕のストロングポイント、受ける人は敵ながらかわいそうかなとか思いながら撃ってます 笑(湘南・小門勇太)(2018/7/3)デジタルピヴォ!プラス

 

DUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1  第3節
ペスカドーラ町田 2-2 湘南ベルマーレ
2018年7月1日(日) 町田市立総合体育館 観客数:1,403人
[得点経過]
1-0 01分18秒 ペスカドーラ町田 28 クレパウジ ヴィニシウス
1-1 01分32秒 湘南ベルマーレ 7 小門勇太
1-2 29分55秒 湘南ベルマーレ 7 小門勇太
2-2 30分55秒 ペスカドーラ町田 99 森岡薫

 

自身1点目を決め仲間の祝福を受ける♯7小門。恐るべき決定力だ。

 

試合序盤から♯99森岡がマーカーとして張り付いたこともあってこの日湘南のエース♯10ロドリゴはノーゴール。だが湘南にはもう1人のストライカーがいた。

 

2点目は左サイドから。決めた小門は体をくの字にして雄叫びをあげた。

 

得意の形から2ゴール

小門勇太が2試合連続ゴールを決めた。これで都合3ゴール、リーグのゴールランキングで首位と1差の7位につけているし、ロドリゴと並んでチーム得点王だ。この日の2ゴールはゴール前でのカットインからのものと、左サイドドリブル突破からのもの。どちらも得意の形として確立しつつあるもので、クラブで、代表で、ともに求められているものを自覚しつつ、利き足の左が放つ豪快なシュートに磨きをかけている。

まとめ◆デジタルピヴォ! 山下

 

優勝を目指す中で勝ちたかった

Pivo! この引き分けという結果をどう受け止めている?

小門 そうですね。まだチャンスもあった中で、自分たちが優勝を目指す中で、ここで勝ちたかったというのもあるし、すごい気持ちも入ってたんで、ちょっと悔しいのはありますね。勝つ気でいたんで。はい。去年、町田は2位で、僕たちは3位で、っていう中で、挑戦者であるんですけど、やっぱり、すごい差があった。(でも)結果だけじゃなくて、自分たちの中に収穫もあって、自信にもなってたんで。そういうのもあって、(今日は)勝ち切れなかったっていうのが本当に悔しいです。

Pivo! キミのゴールを振り返ってほしい。今日の1点目は前節浜松戦もそうだったが、右から左へのカットインから左足を振り抜いた豪快なシュート。2試合連続ということで、あれは得意のパターンになりつつある。

全文はコチラ

 

コメント

みんサル

個サルを検索する ひとりでも参加できる個サルやイベントに行ってみよう!

大会にエントリーする 仲間や友達を集めてフットサル大会に参加しよう!

全国のフットサル施設 全国のフットサル施設からお気に入りの場所を探そう!

RANKING

Special Thanks

  • ベストパートナー
  • ボアスコンプラス