デジタルピヴォ! [フットサル総合ポータルサイト]

[F2第1節]骨折2名、じん帯2名と4人もの選手を失っている状態だった (トルエーラ柏・高垣結監督)

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、WEBマガジン「デジタルピヴォ!プラス」からの記事を転載させていただきます。


[F2第1節]骨折2名、じん帯2名と4人もの選手を失っている状態だった (トルエーラ柏・高垣結監督)(2018/7/5)デジタルピヴォ!プラス

記者会見に臨んだトルエーラ柏の高垣監督(右)と若林キャプテン。悲痛な表情が印象的だった。

 

Fリーグ2018/2019 ディビジョン2  開幕節
トルエーラ柏 0-5 ボルクバレット北九州
2018年6月30日(土) 柏市中央体育館 観客数:356人
[得点経過]
0-1 00分30秒 ボルクパレット北九州 11 小林謙太
0-2 05分17秒 ボルクパレット北九州 8 米村尚也
0-3 23分00秒 ボルクパレット北九州 8 米村尚也
0-4 24分01秒 ボルクパレット北九州 22 喜多駿也
0-5 39分58秒 ボルクパレット北九州 14 松永翔

 

練習したことのないセットを強いる結果に

「ひと言でいうと、最悪の開幕戦だった」と監督がいえば、キャプテンは「有料試合でお金を払って来ていただいた中で、このゲームは絶対にしちゃいけない」と、自己否定ともとれるコメントを口にした。結果もさることながら、内容も残念ながらトルエーラに光るものは見えなかった。いくつかある中で最大の敗因は選手のケガだった。「骨折2人、じん帯2人」は監督に練習したことのないセットを強いる結果となった。しかし、この「最悪」の状態が開幕節だったことをポジティブにとらえ、是非とも次につなげてほしい。

まとめ◆デジタルピヴォ! 山下

 

▪️記者会見
(試合を振り返って)
高垣結トルエーラ柏監督
やってはいけないゲームをしてしまった

「ひと言でいうと、ま、本当に、最悪の開幕戦だったかなと思います。たくさんの人が動いてくれて、今からしっかりとしたスタートを切らないといけない中で、こういった点数での負け方もそうだし、選手のモチベーションのところもしかり、本来ならもっとやらないといけないなということを感じました。僕自身もチームに負けという結果がついてくるのも監督の責任だと思っているので。もっと、戦術とか、じゃないところにキーファクターがあるんじゃないかと思ってます。もちろん、フットサル以外のところであったりとか、コンディショニング、メンタルコントロール、(そういった)違うところに目を向けていかないと、もしかしたら次もよくない結果になるかなと思うので。ま、ここ(連敗)だけはしっかり避けたいので、ま、本当に選手には今の現状をわかってもらって。やってはいけないゲームをしたっていうのもわかってもらって。また次の試合にしっかりとした体制で臨めればと思ってます。はい、すみません」

 

若林優汰トルエーラ柏キャプテン
お金を払って来ていただいた中でしちゃいけないゲーム

「監督がいったみたいにホントに最悪の試合だったと思います。やっぱり今まで関東リーグで僕たちはメインで戦ってて、そのときからずっとサポートしてもらって、今日もボランティアとかたくさんいて、そんな中、今年開幕戦を迎えて、有料試合ってことで、お金を払って、時間を使って、来ていただいた中で、このゲームは絶対にしちゃいけないなっていうふうに思っています。はい」

 

(質疑応答)
最悪負けても、よく頑張ったねっていわれないといけない

Pivo! 監督、具体的に敗因はどこにあるとみているか。

高垣 えーと、これは僕自身あまりいいたくないはいいたくないんですけど、結果として出ちゃったので、とりあえず選手が不足している部分なんですね。ここで骨折2名、じん帯2名というので、多く選手を失っている状態。いなくても、もちろんベストのチームをつくって、もっと勝たせないといけないし、勝たないといけない、チームをつくんないといけないんですけど。ま、ホントに敗因はどこですかといわれると、そこにあると思います。はい。なので、1節目、こういう状態で結局4人ぐらいいないんですよね、人が。普段試合に出れる人が。ただ、これをいい訳にしちゃうとホントにもう、駄目だと思うんですけど。ただ、年間戦っていくうえで、こういうはあると思うので。あとは、そういうところで選手のモチベーション管理であったりというところが必要だと思うんですよね。あとは、チームが共通理解を持ってフットサルをするっていうこと、誰が出ても変わらないフットサルをするっていうところが必要だと思ってます。

Pivo! 主力の1人である麻賀郁(あさがかおる)が直前のトレーニングマッチで重傷を負ったということもあったと聞いている。

高垣 そうですね。骨折ですね。今、実際に左アラがいなくて、どうやってセットを回したかというと、2セットでずっと回してたんですけど、回せないですよね、もう。で、結局7人回し、で、それこそ練習もほとんどしてないセットを選択して。う~ん、ま、それは選手にとってはなかなかハードルの高い戦い方だったのかなと。あと、暑さもあると思いますね。いい環境で練習させてもらってるんですよね、すごい。なので、ホームゲームなのに逆にうちが疲れちゃうみたいな。それは避けたいですね。だからそこに改善点はあると思いますね。

本当に、本当に思うんですけど、選手が何人の方たちを巻き込んで、で、自分がフットサルできてる環境があって、というのを多分ももっとわからないとけないですね。本当、当たり前だと思ってる選手がいるんですよね。なんで、何百人の人が動いてくれて、僕たちにこういう環境を与えてくれてて。ただ、僕たちはその環境をありがたく使わせてもらっている。だから結果を残さないといけないですよね。

最悪負けても、よく頑張ったねっていわれないといけないんですよ。でも今日の試合なんかだと、いわれないんですよね、絶対に。ボコボコにやられたね、だけで終わりだと思いますね、多分。それじゃ駄目なんですよ。ボコボコにやられてても、必死で食らいついて、もがいて。それでも何とか勝ちたいっていうチーム状態じゃないと。最後のほうはあきらめてたんじゃないですか。それは僕のほうも悪いんですけど。ま、もったいないですよね。だから今置かれている選手は本当どんな環境で今やってて、今からやらないといけないのか、もっと認識させないと。そこがわかれば多分、変わってくると思うんですよね、気持ち的にも。はい。

だから改善するためには、こういう試合があってもいいんじゃないかと、思うんですけどね。

Pivo! キャプテンに聞きます。パワープレーで惜しいシーンが2回ありました。縦パスをダイレクトで中へ下り返して。あれが決まっていればおもしろかった。

若林 そうですね。あれが決められないのが実力かなと思いますね。そこを決めるために準備してきたんですけど。ただ、パワープレーの時間が長くなってきたんで、相手も慣れてきてるところもあったし、準備してきたことが全部出たかっていったら、40%ぐらいしか出てないかなって感じます。

 

コメント

Today SINGLE11月17日 今日都内で蹴れる個人参加

  • Coming Soon!

もっと見る

RANKING

GAME大会情報

もっと見る

GROUNDフットサル場一覧

もっと見る

SCHOOLスクール情報

Coming Soon!

F.LEAGUE順位表

Fリーグディビジョン1 順位表(11/12更新) ​​

順位 チーム 勝点
1 名古屋オーシャンズ ​​ 52
2 シュライカー大阪  45
3 立川・府中アスレティックFC  41
4 ペスカドーラ町田  40
5 湘南ベルマーレ 36
6 バサジィ大分  31
7 フウガドールすみだ 29
8 Fリーグ選抜    24
9 ヴォスクオーレ仙台  20
10 エスポラーダ北海道 16
11 バルドラール浦安 14
12 アグレミーナ浜松 8
 

PLUSデジタルピヴォ!プラス新着情報

J-RONJ論リンク

    デジタルピヴォ!
    パートナー

    • みんサル
    • ビギワン
    • フットみる
    • U-9ピヴォチャン
    • ジュニアピヴォチャン
    • ベストパートナー
    • ボアスコンプラス
    • エフチャンネル
    • sample
    • sample

    デジタルピヴォ!
    パートナー募集中