デジタルピヴォ! [フットサル総合ポータルサイト]

その時、ゲームが動き出した。Y.S.C.C.横浜が乗った波【F2第2節】

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、WEBマガジン「デジタルピヴォ!プラス」からの記事を転載させていただきます。


無料記事:その時、ゲームが動き出した。Y.S.C.C.横浜が乗った波【F2第2節】(2018/7/15)デジタルピヴォ!プラス

Fリーグ2018/2019ディビジョン2 第2節
Y.S.C.C.横浜 10-4 ヴィンセドール白山
2018年7月14日(土) 横浜市平沼記念体育館 観客数:366人

[得点経過]
1-0 11分01秒 Y.S.C.C.横浜 11 滝沢拓也
1-1 19分52秒 ヴィンセドール白山 9 渡邊一城(第2PK)
2-1 21分14秒 Y.S.C.C.横浜 25 曽根直人
3-1 23分59秒 Y.S.C.C.横浜 17 杉山陸斗
4-1 24分21秒 Y.S.C.C.横浜 8 宿本諒太
5-1 24分51秒 Y.S.C.C.横浜 5 山崎椋太
5-2 27分52秒 ヴィンセドール白山 4 廣岡慎也
6-2 32分19秒 Y.S.C.C.横浜 31 井原智
7-2 33分47秒 Y.S.C.C.横浜 7 中野和也
8-2 35分31秒 Y.S.C.C.横浜 25 曽根直人
9-2 36分21秒 Y.S.C.C.横浜 1 鈴木陽太
10-2 38分20秒 Y.S.C.C.横浜 9 栗林大地
10-3 38分56秒 ヴィンセドール白山 4 廣岡慎也
10-4 39分59秒 ヴィンセドール白山 9 渡邊一城

▼波に乗る

ピッチ上の選手たちは、がら空きのゴールを狙いながらも、いかにして耐えきるか話し合う。横浜はおよそ15分のパワープレーを受けていた。

その状況下で、前田佳宏監督は開幕戦に続きリードした状況でパワープレーをしかける。刻一刻と変わるゲームの波に乗ろうとしていた。

まとめ◆デジタルピヴォ! 佐藤

▼スタイル for ヴィクトリー

前田佳宏 Y.S.C.C.横浜監督

まずはしっかり勝てたことが一番良かったことですね。前節の会見で7つの顔を魅せると言いましたが、7つの言葉があります。前回の試合は「個人も仲間も、クラブとしての価値を上げよう」と臨みました。今日は2つ目の顔を魅せるということで、「スタイル for ヴィクトリー」です。勝利を獲るために自分たちのスタイルがある。自分たちのスタイルを出すために戦うのではなく、勝つために自分たちのスタイルを出す。そういう感じで臨みました。

少し前半は固いと言いますか、前節で点数がたくさん入ったというイメージが少し残っていて、またいけるんじゃないかみたいなものと、どうなんだろうという緊張が固い感じになったのかなと。

後半に関しては、先に白山がパワープレーという形で動いてくれて、ゲームそのものが動いたという感じですね。いつ僕は動こうかと待ってたんですけど、先に向こうがしてきたんで、ゲームの波が動き出したというか。

長時間のパワープレーでしたので、正直どこまで耐えられるかというのがあったんですけど実際に失点をしてしまって、ディフェンスをそのまま続けるよりも、ホームということもありますが自分たちもパワープレーをして大きな波を出すような形にしたので、観ている人たちからすると点数が動いたという感じですかね。

ひとまずは、ホームは2連勝。次はクラブとしてFリーグでは初めてのアウェーですので、違った緊張やうまくいかないこともあると思いますけど、みんなでうまく。明るいチームなので、それを楽しんでやりたいなと思います。

――前半に先制をして、前半が終る寸前で追いつかれてしまった。これで白山に流れが行く可能性があったと思います。後半に向けてロッカールームでどういう指示をされましたか?

前田 それが逆に僕らはよかったというか。勝っている試合はいつも後半の入りが悪い印象があったんですけど、逆にこのままリードして終わった方が難しいかなと思っていたところで点を獲られたんで、ゲームの波が沈むというか、仕切り直しができたので意外に悪い印象はなかったんですね。

――試合残り5分ぐらいの時に、選手たちがディフェンスで指示を出し合っていましたが、それが長時間のパワープレーを耐えきれるかの部分だと思いますが。

前田 白山もパワープレーの形を変えたり選手を変えたりしていたので、それに自分たちの対応が後手のようになっていたので。ただ、後手のままで終わるのではなくて、ウチの選手は半分は若い選手ですがベテランもいて、ちょうど年齢層がいい形になっています。経験値がある選手が、こうしようああしようという形でうまくまとまって、オーソドックスな守り方にはなるんですけど、それを少しアジャストするような感じでしゃべっていた感じですね。

――ホームでは7つの顔ということですが、次節はアウェーです。アウェーではどんな顔を魅せるんですか?

前田 次は柏に行くので、アウェーは僕たちも楽しみにしている部分ではあるので。僕は『巻き込む』と言っていますので、向こうの土俵に乗りながらも僕らの戦い方で柏さんを巻き込めればなと思います。

 

コメント

Today SINGLE8月18日 今日都内で蹴れる個人参加

もっと見る

RANKING

GAME大会情報

もっと見る

GROUNDフットサル場一覧

もっと見る

SCHOOLスクール情報

Coming Soon!

F.LEAGUE順位表

Fリーグディビジョン1 順位表(8/5更新) ​​

順位 チーム 勝点
1 名古屋オーシャンズ ​​ 22
2 FC シュライカー大阪  17
3 バサジィ大分 16
4 立川・府中アスレティック 15
5 ペスカドーラ町田 14
6 湘南ベルマーレ 11
7 Fリーグ選抜 10
8 エスポラーダ北海道    10
9 バルドラール浦安   6
10 フウガドールすみだ   6
11 ヴォスクオーレ仙台  6
12 アグレミーナ浜松 4

PLUSデジタルピヴォ!プラス新着情報

J-RONJ論リンク

    デジタルピヴォ!
    パートナー

    • みんサル
    • ビギワン
    • フットみる
    • U-9ピヴォチャン
    • ジュニアピヴォチャン
    • ベストパートナー
    • ボアスコンプラス
    • エフチャンネル
    • sample
    • sample

    デジタルピヴォ!
    パートナー募集中