ピヴォ×みんサル

オレはいつまでも、どこへでもついていく。新生デウソン神戸を支える歴史【F2第4節】

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、WEBマガジン「デジタルピヴォ!プラス」からの記事を転載させていただきます。


無料記事:オレはいつまでも、どこへでもついていく。新生デウソン神戸を支える歴史【F2第4節】(2018/7/28)デジタルピヴォ!プラス

Fリーグ2018/2019ディビジョン2 第4節
ボアルース長野 4-1 デウソン神戸
2018年7月27日(金) ホワイトリング 観客数:528人

[得点経過]
1-0 00分10秒 ボアルース長野 5 阿部修兵
2-0 01分50秒 ボアルース長野 18 田口剛志
3-0 19分18秒 ボアルース長野 18 田口剛志
3-1 21分47秒 デウソン神戸 オウンゴール
4-1 33分43秒 ボアルース長野 18 田口剛志

▼力強い味方がそこにいる

積極的に前線からプレスをかけるデウソン神戸。彼らの背中を押したのは、誰よりも大きな太鼓の音色と、誰よりも大きな歌声だった。たった一人、でも大切な一人。新しく生まれ変わったデウソン神戸には、その歴史を共に作った仲間がいる。

まとめ◆デジタルピヴォ! 佐藤

▼40分間継続する力を求めて

鈴村拓也 デウソン神戸・監督

立ち上がりと連続失点、後半の最後の失点。1得点はオウンゴールというラッキーな形でしたけど、そこから差が縮められるかという時に4点目という、長野さんは勝つためのいい時間帯に点を獲って、ウチは奪われたという印象の試合でした。ですが選手たちは、特に後半ですね、3点目と4点目の間は非常にいいプレーをしていたので、それを40分間継続させることができるように、監督としてこれから前を向いて選手たちを指導していきたいと思います。

――今シーズン、長野とはオーシャンカップで戦って以来の2回目ですが、その時と比べると長野はどうでしたか。

鈴村 連勝をしたということもあり、その積み重ねもあるような形を見受けられました。自信をもってしっかりといいプレーをしていて、この前対戦した時よりもさらにいいと思いました。全体的に攻撃のところもですし、ディフェンスの強度も少ない人数でやれているというところはウチのチームとの差であるなと、前回の対戦よりも強く印象を受けました。

▼デウソンの歴史を作った人たちのために

森脩 デウソン神戸・キャプテン

経験、実力の差が出たかなという試合ですね。最初の失点の仕方に関しても、レベルの高いところでやっている選手はこの時間帯にチームとして失点しないと思うし、僕もカバーだったりと課題がありますが。長野は個人だけじゃなくて、チームとして失点がなかった、ミスがなかった。大事なところでミスを防げる能力が僕たちと違ってあったかなというのが、試合の差になったのかなと思います。

――今日サポーターが1人でしたが、この体育館で一番声を出していました。

 僕自身、デウソンで4年目ですが、サポーターに助けてもらった試合はたくさんありました。デウソンという歴史はそういう人たちが作ってくれていると思うので本当にうれしいですし。今日は1人ですけどアウェーでも来てくれてますし、そういう人たちのためにも僕たち自身もやっていかないといけないなと思います

 

コメント

みんサル

個サルを検索する ひとりでも参加できる個サルやイベントに行ってみよう!

大会にエントリーする 仲間や友達を集めてフットサル大会に参加しよう!

全国のフットサル施設 全国のフットサル施設からお気に入りの場所を探そう!

RANKING

Special Thanks

  • ベストパートナー
  • ボアスコンプラス