デジタルピヴォ! [フットサル総合ポータルサイト]

[F2第3節]トルエーラ柏のゴレイロ半田淳一、彼こそ横浜戦のMVP! 「年に1回あるかないかの大当たりでした!」

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、WEBマガジン「デジタルピヴォ!プラス」からの記事を転載させていただきます。


[F2第3節]トルエーラ柏のゴレイロ半田淳一、彼こそ横浜戦のMVP! 「年に1回あるかないかの大当たりでした!」(2018/8/4)デジタルピヴォ!プラス

34歳にしてチーム最年長のゴレイロの活躍抜きにこの日の柏の勝利は語れない。

 

Fリーグ2018/2019 ディビジョン2  第3節
トルエーラ柏 3-2 Y.S.C.C.横浜
2018年7月28日(土) 柏市中央体育館 観客数:277人
[得点経過]
1-0 01分27秒 トルエーラ柏 28 川瀬大地
2-0 09分01秒 トルエーラ柏 28 川瀬大地
2-1 13分36秒 Y.S.C.C.横浜 11 滝沢拓也
3-1 26分46秒 トルエーラ柏 5 碓井雅貴
3-2 27分51秒 Y.S.C.C.横浜 11 滝沢拓也

 

仲間との連携から何度窮地を脱したかわからないくらいだった。

 

キャッチングから前線へロングキック。カウンターの意識はチームで徹底されていた。

 

シュート数は柏の「14」に対して横浜は「43」

「半ちゃんが止めた」
「また止めた」
「ナイスセーブ」
「半ちゃん飛び出してブロック」
「横浜カウンターこれも半ちゃんブロック」
28日のY.S.C.C.横浜戦、ピッチレベルで写真を撮りつつ書いた僕の取材メモには僕にしか読めない走り書きでトルエーラ柏のゴレイロ♯20半田淳一選手のプレーをたたえる言葉が何度となく書いてあった。何しろ、柏のシュート数「14」に対して横浜のそれは「43」。柏の3倍強も撃たれながら半田を軸に柏のディフェンスが失点を2に抑えたのだからこのメモも当然だろう。その半田に気迫のこもったディフェンスぶりを聞いた。
http://www.fleague.jp/score2/teamrank.html

まとめ◆デジタルピヴォ! 山下

 

高垣監督が練習の仕方を変えてくれたおかげ

Pivo! ナイスプレー! 失礼ながらこんなすごい半ちゃんを初めて見た。

半田 ありがとうございます。まあ、そうですね、年に1回あるかないかぐらいの大当たりでした。ま、でも、さっき(碓井)雅貴もいってましたけど、開幕戦少し残念な負け方をしてしまったんで、(ゴレイロ出身の高垣)監督が練習の仕方を変えてくれたりとか、僕らが足りない部分を補うように持っていってくれたりしてくれたおかげで、すごくゲームの入りもよくなってきましたし、球際の部分も強さが出てきて。チームとしては相手が上手なのはわかってたので、しっかり球際強く行って。で、強くいくことでマイゴールに転がってくれたり、カウンターに出れたりっていうことにつながるようにしようね、というとこで取り組んでいたので、それが結果につながったかなと思ってて、ほんと、よかったかなと思ってます。

Pivo! あれだけ厳しい相手の攻撃にさらされながら、カウンターにつなげようというオフェンシブな意識が常にあった。

半田 そうですね。攻め込まれてるっていうよりは、ま、ああやってボールを持ち出されることも想定内でしたし、相手のカウンターに対しても一生懸命帰陣して、我慢しながらマイボールの時間をつくろうとかっていう部分はチームとして共通の狙いだったので、苦しかったですけど、チームとしては、やられてるっていうよりは、そこ頑張ればチャンスが来るからっていうことを想定してたので、みんなで頑張って我慢しながらカウンターを取れたと思います。

僕らも二桁失点でやられちゃうんじゃないか

Pivo! 開幕2連勝して首位を行く中で乗り込んできたY.S.C.C.横浜と戦ってどうだったか。

半田 攻撃力っていうところは正直、怖いなと思ってて。前回のホームゲーム(開幕節)がああいう試合だったので、僕らも二桁失点だとか、すごくワイエス(横浜)さんのペースでやられちゃうんじゃないかっていう不安もあったんですけど、試合に入った1セット目(碓井・川瀬・倉持・石田)がすごく戦ってくれて、みんなに勇気を与えてくれたので、だからこの結果になったのかなと思いますし、みんなが、ビビってしまうことなく前向きに取り組めたのは入りがよかったし、チーム全体で盛り上げられたからかなって思うので。でも、試合前は、正直怖かったです! うち、やられちゃうんじゃないかなって、僕なんかは…。

メンバー発表が(試合2日前の)木曜日にあって、ゴレイロは僕ともう1人、高橋(剛士)って選手なんですけど、2人が入って、どちらかが出るんだなって中で、シュートも多いでしょうし、攻められる中で、どれだけ失点を抑えられるかなって。向こうは得失点差プラス19でしたっけ、攻撃力のあるチームだし、失点したら乗せちゃうし、苦しい時間帯で一個二個踏ん張ってあげないと相手のペースになっちゃうからそこをどれだけ頑張れるかなって。う~ん、不安な気持ちはいっぱいありましたけど。ま、でも、仲間があれだけ戦ってくれたので、僕は最後しっかりシュートコースに立って待ってればよかったし、体をはればよかっただけなんで、難しいプレーをさせないでやらせてくれたチームの仲間がいたおかげかなっていうのがあります。

Pivo! なんと謙虚な。

 

全文はコチラ

 

コメント

Today SINGLE12月16日 今日都内で蹴れる個人参加

  • Coming Soon!

もっと見る

RANKING

GAME大会情報

  • Coming Soon!

もっと見る

GROUNDフットサル場一覧

  • Coming Soon!

もっと見る

SCHOOLスクール情報

Coming Soon!

F.LEAGUE順位表

Fリーグディビジョン1 順位表(12/9更新) ​​

順位 チーム 勝点
1 名古屋オーシャンズ ​​ 65
2 シュライカー大阪  52
3 立川・府中アスレティック 51
4 ペスカドーラ町田 46
5 湘南ベルマーレ 43
6 バサジィ大分  41
7 フウガドールすみだ 38
8 Fリーグ選抜    28
9 ヴォスクオーレ仙台  24
10 バルドラール浦安 22
11 エスポラーダ北海道 18
12 アグレミーナ浜松 11
 

PLUSデジタルピヴォ!プラス新着情報

J-RONJ論リンク

    デジタルピヴォ!
    パートナー

    • みんサル
    • ビギワン
    • フットみる
    • U-9ピヴォチャン
    • ジュニアピヴォチャン
    • ベストパートナー
    • ボアスコンプラス
    • エフチャンネル
    • sample
    • sample

    デジタルピヴォ!
    パートナー募集中