デジタルピヴォ! [フットサル総合ポータルサイト]

[Fリーグ第8節]横澤直樹コーチが“強い湘南”を取り戻すために選手と鑑賞した洋画とは!?

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、WEBマガジン「デジタルピヴォ!プラス」からの記事を転載させていただきます。


[Fリーグ第8節]横澤直樹コーチが“強い湘南”を取り戻すために選手と鑑賞した洋画とは!?(2018/8/30)デジタルピヴォ!プラス

立川・府中に大勝し笑顔を取り戻した横澤コーチ。今季初めて選手としてピッチに立ち、チームに足りないものを見つけたという。

 

2試合で勝ち点1という厳しい結果に学ぶ

東京・墨田区立体育館で2日間にわたって行われた6クラブ共同開催のときのこと。第6節エスポラーダ北海道戦で2-2のドロー、第7節バサジィ大分戦で2-7の大敗。大分戦の直後のミーティングで、湘南の横澤直樹戦術担当コーチは、選手に、厳しい言葉を投げかけている。長くなるが非常に興味深い話であり内容なので、付き合ってください。

まとめ◆デジタルピヴォ!山下

 

監督やコーチに任せっきりになっている

Pivo! 今日のバサジィ大分戦、ロドリゴが仕掛け、小門も果敢に攻めたが、その都度相手ディフェンスに引っかかってカウンターを食っていた。ということは同じようにやっているだけで工夫がなかったということか?

横澤 そういうことですね。うちの選手には、さっき(大分戦直後)もいろいろと話したし、昨日(北海道戦)もそうだけど、最近そういう様子が見られたんで。昨日55本のシュートを撃って、でも決めたのは2点だったと。それって、勝てないときの湘南なんです。シュート数いくら撃っても“惜しい!”で終わっちゃうんです。勝てるときっていうのはシュート数は少なくてもちゃんと決めてるときなんですね。それができてない時点で、やっぱり何かが足りない。だから練習でシュート何本撃ったとしても試合での駆け引きがわからなかったら入らない。そこが今おろそかになっている。というのは、はっきりいって感じてますね。試合前のミーティングで、選手たちは僕の戦略・戦術とかを信頼してくれているのはすごくうれしいんですけど、ただ、任せっきりみたいになってるんです。

Pivo! コーチにこういわれているからこうしてる。そんな感じ?

横澤 今そんな状態です。要するに何か戦術があったとしても、(本番では)相手との駆け引きもあるので、その相手との駆け引きが成立しなかったら戦術・戦略はできないんですよ。だから、そういうところを高めるためには、選手個々が戦う相手を分析しなきゃいけない。 なんでかっていうと、うちは去年結果を残しました。で、相手(大分)も去年に関しては最下位脱出のためにどうしても勝ちたい。順位を上げたい。プレーオフを目指したいということで今季(外国人選手3人の)補強が成立していると思うんです。その点で、うちのチームは去年のままでいると、分析されたまま、相手に勝てるところが何もなくなってしまう。そういう状態なんですよ。だからこの2試合で本当に学ぶことができたと思うし。これからどうやって変わっていくのかっていうのは、コーチ次第とか、監督次第とか、クラブ次第とかじゃなくて、まずは戦う自分が成長しなきゃいけない。いつか勝てるよ、このままやってれば、っていうふうな状況だったら、変わらないんですよ。

要は選手個々が勉強しなければ、チームは勝てない。自分の責任をしっかり持たないと。でないとやっぱりボロが出てきますよね。そういう選手が集まってくると、シュート数が増えても結局入らない。ただ戦っているふうに見えるだけだし、点獲るぞっていう意欲を見せるだけになってしまっている。でも実際には結果としては残らない。一番もどかしいパターンですよね。それってやっぱりごまかしがきかないんですよ。そういうのが見えてくると、弱いチームとか強いチーム、常勝するチームとか勝ってもすぐ負けて波があるチーム、とかっていうのに分かれます。今のうちは間違いなく波がある状態です。

去年のやり方でも、はまればそれでOKかもしれない。でも、チーム戦略・戦術は去年とガラッと変わってます。だからその部分で、選手も本当によくやってくれてると思うんですけど、個人個人がまだ融合してないんですよ。個人の成長がついていってないというか。

それは、僕らの責任でもあります、仕事として。でも、大人なんだから、自分自身が成長するためには絶対に勉強しなきゃいけないんですよ。これを僕たちはもっともっと促していきたい。そうでないと、わからないじゃないですか、危機感が。

さっきもミーティングで話したんですが、いつまでもこのチームに在籍していられるかわからない。在籍していたくてもクビになって、契約満了になったり。悔しくて涙を流して出ていった選手がどれだけいるか。

結果を残さずに出ていくっていうのは、次がないんですよ。僕はそういうふうにさせたくない。できれば(名古屋オーシャンズに移籍した)安藤みたいに行ったところで活躍する、それが一番いいんですね。使われなくて、起用されなくて出ていくっていうのは本当に情けない。だからこそ選手は自分自身にむち打ってやっていかなければ、チームはまとまらないと思いますね。

Pivo! この話は大分戦が終わった後にしたのか。

横澤 しました。

Pivo! 選手の反応はどうだったか。

横澤 う~ん、まあ、目つきが変わった選手もいれば、、。ただ、来週から本当にその行動ができるかが課題ですよね。最後に、みんなで共有したのは、ここから、ここから! ということ。今はボロボロにやられたかもしれないけど、ここからはい上がっていこうと。ここからはい上がっていったら、本当にまたおもしろくなるよと。僕らを応援してくれてる観客もサポーターもそうですけど、ここから楽しくなるんですよ。そのためにも自分をもう一回見つめ直して。課題をクリアして。乗り越えていこうと話しました。

全文はコチラ

 

コメント

Today SINGLE12月17日 今日都内で蹴れる個人参加

  • Coming Soon!

もっと見る

RANKING

GAME大会情報

  • Coming Soon!

もっと見る

GROUNDフットサル場一覧

  • Coming Soon!

もっと見る

SCHOOLスクール情報

Coming Soon!

F.LEAGUE順位表

Fリーグディビジョン1 順位表(12/16更新) ​​

順位 チーム 勝点
1 名古屋オーシャンズ ​​ 68
2 シュライカー大阪  55
3 立川・府中アスレティック 54
4 ペスカドーラ町田 47
5 湘南ベルマーレ 43
6 バサジィ大分  42
7 フウガドールすみだ 41
8 Fリーグ選抜    28
9 バルドラール浦安 25
10 ヴォスクオーレ仙台  24
11 エスポラーダ北海道 18
12 アグレミーナ浜松 11
 

PLUSデジタルピヴォ!プラス新着情報

J-RONJ論リンク

    デジタルピヴォ!
    パートナー

    • みんサル
    • ビギワン
    • フットみる
    • U-9ピヴォチャン
    • ジュニアピヴォチャン
    • ベストパートナー
    • ボアスコンプラス
    • エフチャンネル
    • sample
    • sample

    デジタルピヴォ!
    パートナー募集中