ピヴォ×みんサル

『ボアルース長野にだけは負けたくない』北信越ダービーを知る者、ヴィンセドール白山・廣岡慎也

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、WEBマガジン「デジタルピヴォ!プラス」からの記事を転載させていただきます。


『ボアルース長野にだけは負けたくない』北信越ダービーを知る者、ヴィンセドール白山・廣岡慎也(2018/9/8)デジタルピヴォ!プラス

2018年8月18日、柏
(PHOTO,TEXT・佐藤功)

「背負うものが増えたというか」。

廣岡慎也は、ビークスからヴィンセドールに名前が変わった意味を説く。それは「Fの看板を背負った」ことによる意識の変化である。

「ヴィンセドールになってから、スポンサーの方や協力してくださる方や、応援してくれる人がいっぱい増えましたし、その人たちの分も頑張らないと、という意識は強くなりました」。

その廣岡にとっても、白山にとっても特別な日が近づいてきた。「一番意識しているチーム」との一戦である。

9月9日、F2第6節、ボアルース長野vsヴィンセドール白山。共に北信越から全国に羽ばたいた者同士の『北信越ダービー』が近づいている。

「北信越リーグの頃からずっとやってきているし、一番ライバル視している」

「ボアルースにだけは負けたくない」と廣岡は話す。それは、白山に関わるすべての人たちを代弁した言葉。白山と長野は北信越リーグで戦い、Fチャレンジリーグで戦ってきた間柄である。

さらに廣岡は長野に縁がある。

「学生の時に長野でやっていたので、知っている人ばかりなんですよ。お世話になった方もいますし、アウェーだけどホームのような感じですね」。

「負けたくない」試合は、「すごい楽しみ」と廣岡は自然と笑みがこぼれていた。

「北信越のライバルとFでできるのは、なかなかないことですから」。

共に北信越で戦ってきた者同士が、時を同じくしてFの舞台に上がる。その運命のめぐり合わせがそこにはある。

全文はコチラ

 

コメント

みんサル

個サルを検索する ひとりでも参加できる個サルやイベントに行ってみよう!

大会にエントリーする 仲間や友達を集めてフットサル大会に参加しよう!

全国のフットサル施設 全国のフットサル施設からお気に入りの場所を探そう!

RANKING

Special Thanks

  • ベストパートナー
  • ボアスコンプラス