デジタルピヴォ! [フットサル総合ポータルサイト]

ボアルース長野、F2初の北信越ダービー勝利は笠原朋樹、最後の花道

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、WEBマガジン「デジタルピヴォ!プラス」からの記事を転載させていただきます。


無料記事:ボアルース長野、F2初の北信越ダービー勝利は笠原朋樹、最後の花道【F2第6節】(2018/9/10)デジタルピヴォ!プラス

 

Fリーグ2018/2019ディビジョン2 第6節
ボアルース長野 3-1 ヴィンセドール白山
2018年9月9日(日) ホワイトリング 観客数:704人

[得点経過]
1-0 02分22秒 ボアルース長野 5 阿部修兵
2-0 24分53秒 ボアルース長野 5 阿部修兵
2-1 34分18秒 ヴィンセドール白山 12 佐尾豊樹
3-1 37分53秒 ボアルース長野 10 伊藤広樹

▼笠原朋樹、引退

ヴィンセドール白山との北信越ダービーはボアルース長野。F2に舞台を移したその戦いで、長野は開幕6連勝を手にする。

そして大切な仲間、笠原朋樹、最後の花道を用意した。

まとめ◆デジタルピヴォ! 佐藤

▼仲間を想う魂が乗り移ったシュート

柄沢健 ボアルース長野・監督

ホームに久しぶりに帰ってきて、おかげさまで開幕に広島(エフドゥ)戦から5連勝、そして今日6戦目でホームを選手自身が作ってくれて、そういう中で今日勝利ができて大変うれしく思っています。

今までとひとつ違う点としては、人数を少し増やした中で戦う基準というものは改めてチームの雰囲気、ベンチワークを大事にして、難しいゲームになるということを想定した中ですごくみんながベンチで盛り上げてくれて、一丸となって戦うことができたなと思います。

また、6番の笠原(朋樹)が今日で引退ということで、なるべくそのことは言葉に出さないようにみんな一緒だと思うんですけども、それが最後、伊藤(広樹)のシュートとか阿部(修兵)のシュート、そこに魂が乗り移ったんじゃないかなと思っています。

まだまだやらなければいけないことが沢山あると思いますけど、またさらに第1クールの最終戦の柏戦に向けていい準備をしていきたいなと思います。

――試合前に難しい試合になるだろうという話ですけど、白山との対戦あったということでもあると思いますが。

柄沢 白山は北信越のライバルチームであって、気持ちも入ってくるということは予想していました。その中で、少しいつものメンバーとは変えて試合に臨みました。逆にいうと、自分たちの戦いができるのか、そこにプラス白山の戦術に対して対応できるのか、そこは難しいゲームになるなという予測はしていました。それでも阿部がいいところでゴールを決めてくれて、最後は分析の通りパワープレーが来て、そこで伊藤が仕留めてくれたのでみんなが集中して難しいゲームをなんとか自分たち、ベンチワークを含めてやってくれたと思います。

――先週がY.S.C.C横浜、今日は白山、来週はトルエーラ柏と上位3チームとの3連戦でここが前半戦の山場であり、2試合を終え2勝で来られたことも大きいと思います。次節の柏戦はどういった試合をしていきたいとお考えでしょうか。

柄沢 まずは柏さんの前に自分自身だと思っています。自分たちがやるべきことだけをやる。伊藤も言っていた通り練習から強度をしっかり上げて、そこに柏さんがいると思っていますので。もちろん分析はしますけど、まずは自分たちがやることを練習から120%でやって、その結果柏さんの結果もあると思うので。まずは自分たちの練習からしっかりやっていきたいなと思います。

▼愛される試合を、愛されるクラブに

伊藤広樹 ボアルース長野・キャプテン

相手にボールを持たせてカウンターを狙うような時間も多く、相手も試合中に特にディフェンス面を修正してきている面があって、それにこっちも対応できている場面とできない場面があって苦しい時間帯もあったんですけれども、自分たちとして獲りたい時間に点が獲れて、精神的にはいい時間帯で楽には進めたと思います。自分たちのやられてはいけないやられ方で失点をしてしまって、自分たちを苦しめた時間もあったんですけれどもなんとかゴール前で体を張って失点をそれ以上は防げたのかなという感覚でいます。

開幕6連勝という形にはなるんですけれども、それで気が緩むようなチームにはしたくないので、順位を気にするようなチームの雰囲気ではなく、一戦一戦全力で向かっていけるように、次の練習からそういう姿勢で取り組めるようにしたいなと思っています。

――やられてはいけないやられ方、寄せだったりプレッシャーをかけれなかったということでしょうか?

伊藤 ディフェンスがずれて後手後手になってしまって、押し込まれて相手にいい状態でボールを持たれて、ディフェンスの対応も簡単なずらされ方というか、自由にやらせてしまってこぼれ球を決められたと思います。自分たちのディフェンスとしてはそこで撃たれないようにしているので、個人のミスだけではなくチームとしてずれて後手後手に回ってしまって生まれた失点だと思います。その中で戦い方は少し変えましたけど、あまり言わない方がいいですけど、変えました。

――今日は700人を超えるお客さんが集まってくれて、その前でゴールを決めて感動もひとしおだったと思いますけど。改めてサポーターのみなさんにメッセージをお願いします。

伊藤 自分たちは地域を根付いたクラブを目指した中で愛される試合を、愛されるクラブになっていきたいんです。そんなにうまくはないかもしれないですけど、気持ちがこもった試合は多少はお見せできたかなと思うので、また自分たちと一緒にクラブの歴史を歩んでいってほしいなと思います。

 

コメント

Today SINGLE9月19日 今日都内で蹴れる個人参加

もっと見る

RANKING

GAME大会情報

もっと見る

GROUNDフットサル場一覧

もっと見る

SCHOOLスクール情報

Coming Soon!

F.LEAGUE順位表

Fリーグディビジョン1 順位表(9/15更新) ​​

順位 チーム 勝点
1 名古屋オーシャンズ ​​ 40
2 ペスカドーラ町田  29
3 バサジィ大分 28
4 立川・府中アスレティックFC 28
5 シュライカー大阪 26
6 湘南ベルマーレ 23
7 フウガドールすみだ 15
8 Fリーグ選抜     14
9 エスポラーダ北海道 13
10 ヴォスクオーレ仙台 12
11 バルドラール浦安 9
12 アグレミーナ浜松 7
 

PLUSデジタルピヴォ!プラス新着情報

J-RONJ論リンク

    デジタルピヴォ!
    パートナー

    • みんサル
    • ビギワン
    • フットみる
    • U-9ピヴォチャン
    • ジュニアピヴォチャン
    • ベストパートナー
    • ボアスコンプラス
    • エフチャンネル
    • sample
    • sample

    デジタルピヴォ!
    パートナー募集中