ピヴォ×みんサル

[山下コラム]“ファーポスト”の前、そこがワンタッチゴーラー鍛代元気の仕事場だ!

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、WEBマガジン「デジタルピヴォ!プラス」からの記事を転載させていただきます。


[山下コラム]“ファーポスト”の前、そこがワンタッチゴーラー鍛代元気の仕事場だ! (2018/9/17)デジタルピヴォ!プラス

 

湘南ベルマーレのピヴォ-アラ、♯15鍛代元気(28歳)。

 

第8節立川・府中戦でゴレイロのクロモトをかわしてゴールを決めた瞬間。

 

フィニッシュはループシュートだった。

 

第6節北海道戦で小門のシュートパスに食らいつく鍛代。

 

長い足を目いっぱい伸ばして相手ゴレイロの逆を突いた。

 

ガッツポーズ!

 

ファーポストの前あたりが主戦場
Fリーグには数々のストライカーがいるが、その多くは自ら仕掛けてゴールを奪うタイプだ。
一方で、ファーポストの前あたりを主な仕事場にする選手もいる。
それはストライカーというよりも、フィニッシャー、最後の最後で獲物をしとめる狩人だ。
その典型的な選手が、湘南ベルマーレの鍛代元気。
ダイレクトを織り交ぜた湘南特有のパスワークから味方がファーポストに放つ高速パスに長い足を伸ばしてしとめに行く瞬間、彼の足は間違いなく10cmは伸びている。

まとめ◆デジタルピヴォ!山下

 

第5節仙台戦で、内村のシュートパスに飛び込むがボールは無情にも足元を通過した。それでも続けることに意義がある。

 

プレーの幅を広げるためにアラに下りてピヴォ当てにいくケースも。

 

第2節浜松戦でタイトなゴール前でロドリゴとワンツーを演じた。

 

ファー詰めの極意

その鍛代とファー詰めについて語り合ったのは第8節の立川・府中アスレティックFC戦の試合後だった。
この日、鍛代は2ゴールを決めているが、そのいずれもがファーポスト付近でラストパスを待つという彼の仕事ぶりを端的に表現している内容のゴールだった。鍛代を知らない人のために、そのゴールをまず振り返ろう。

鍛代のこの日最初のゴールは1-2と相手に1点リードを許して迎えた後半3分57秒だった。
その直前に湘南は、ゴレイロのフィウーザが相手のシュートをブロックし間髪を置かずにカウンターを発動。フィウーザはハーフウェーライン付近へと抜けた内村にロングスローを放ち、その内村がゴール前の鍛代に鋭いパスを送った。そして鍛代はこのボールを鮮やかにループシュート。スコアを2-2の同点にした。と同時にその後の逆転劇の起点となっている。そのゴールを鍛代自身こう語っている。

全文はコチラ

 

コメント

みんサル

個サルを検索する ひとりでも参加できる個サルやイベントに行ってみよう!

大会にエントリーする 仲間や友達を集めてフットサル大会に参加しよう!

全国のフットサル施設 全国のフットサル施設からお気に入りの場所を探そう!

RANKING

Special Thanks

  • ベストパートナー
  • ボアスコンプラス