デジタルピヴォ! [フットサル総合ポータルサイト]

[F2第5節]首位を快走するボアルース長野の大黒柱、石関聖。「田舎のチームがこんだけ都会のチームに勝てるのは僕がこうやって音頭をとることでバランスがとれてるから」

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、WEBマガジン「デジタルピヴォ!プラス」からの記事を転載させていただきます。


[F2第5節]首位を快走するボアルース長野の大黒柱、石関聖。「田舎のチームがこんだけ都会のチームに勝てるのは僕がこうやって音頭をとることでバランスがとれてるから」(2018/9/21)デジタルピヴォ!プラス

 

アウェーのY.S.C.C.横浜戦に臨んだボアルース長野の10人の精鋭たち。この集団の「音頭」をとっているのが♯9石関聖だ。

 

Fリーグ2018/2019 ディビジョン2  第5節
Y.S.C.C.横浜 1-3 ボアルース長野
2018年9月1日(土) 横浜市平沼記念体育館 観客数:425人
[得点経過]
0-1 05分03秒 ボアルース長野 10 伊藤広樹
0-2 11分09秒 ボアルース長野 5 阿部修兵
1-2 21分27秒 Y.S.C.C.横浜 9 栗林大地
1-3 23分02秒 ボアルース長野 9 石関聖

 

その石関(元バサジィ大分)と、キャプテンの♯10伊藤広樹(元ヴォスクオーレ仙台)、2人のF1経験者がチームをけん引している。

 

昨季までF1経験者同士のマッチアップ。♯77は元フウガドールすみだの稲葉洸太郎。

 

ベンチでチームメートに戦術の落とし込みをするのは石関の役割だ。

 

中国プロリーグでプレーしたキャリアの持ち主

“チームの中心選手は誰?”。ボアルース長野を初めて見る僕は事前情報をと試合前に柄沢監督に問いかけたところ、監督はこう即答した。
「石関とキャプテンの伊藤です」
そのうちのひとり、セットプレーからチーム3点目のダメ押しゴールを決めた石関聖(いしぜき さとし/31歳)に試合後、話を聞くことができた。石関は2012年から5年間、隣国・中国のプロフットサルリーグでプレーしたユニークなキャリアの持ち主。僕が石関にインタビューするのはその中国リーグ在籍時に休暇で一時帰国した2013年以来、5年ぶりのことになる。帰国後はF1のデウソン神戸、バサジィ大分でプレーした後、チームのF2開幕戦(7月1日)の3か月前に長野に入団。ポジションはフィクソ。165cmと小柄ながらチームの大黒柱として奮闘。「いろんなチームを渡り歩いてきた経験が今に生きてます」と語るのだった。

石関聖、中国リーグを語る(2013/4/10)
https://www.targma.jp/pivoplus/2013/04/10/post2983/
F2順位表
http://www.fleague.jp/score2/teamrank.html

まとめ◆デジタルピヴォ! 山下

 

後半3分2秒、石関が左コーナーキックからの落としにアプローチする。

 

ボレーでジャストミートしたボールは、、。

 

横浜ゴールのニア上部に突き刺さった。

 

このゴールでリードを2点とし、このまま逃げ切った。

 

5連勝より自分らが100%でやれたかどうかが大事

Pivo! 2位のY.S.C.C.横浜に勝利してこれでチームは5連勝。それを踏まえて試合を振り返ってほしい。

石関 まだ僕ら振り返る場所にいないと思ってて。結局、僕らの中で5連勝とか、そこっていうのは僕らにとっては全然大事じゃなくて。周りは騒いでくれるし、そういう意味では大事ですけど、現場の僕らにとっては、一戦一戦、それに対して自分らが100%でやれたかどうか、っていうところを大事にしてるんで。別に、なんだろうな、相手が勝ったとしても、自分らがどうだったか、っていうところは常に見てるんで。負けたとしても同じだし、ってみんなにずっといっているし。だから5連勝っていうところは全然僕は興味ないです。

Pivo! 中国リーグに行く前は関東リーグのFUTUROで在籍していたし、いろんなチームでプレーしてきた。

石関 そうですね。ま、僕の武器としてあるのが多分、いろんなチームを渡り歩いてきてるからそのチームで自分が生きるすべっていうのを探せるってことだと思ってて。だから僕は本来フィクソじゃないし。前の選手だし。だけどこのチームで自分の役割っていうものを自分で探してやれるっていうところが、シュートとかドリブルとか、そういうものじゃなくて、やっぱりそういうところを探せるっていうところが僕の強みだと思うので、そこを100%やってくだけです。

全文はコチラ

 

コメント

Today SINGLE12月12日 今日都内で蹴れる個人参加

  • Coming Soon!

もっと見る

RANKING

GAME大会情報

  • Coming Soon!

もっと見る

GROUNDフットサル場一覧

  • Coming Soon!

もっと見る

SCHOOLスクール情報

Coming Soon!

F.LEAGUE順位表

Fリーグディビジョン1 順位表(12/9更新) ​​

順位 チーム 勝点
1 名古屋オーシャンズ ​​ 65
2 シュライカー大阪  52
3 立川・府中アスレティック 51
4 ペスカドーラ町田 46
5 湘南ベルマーレ 43
6 バサジィ大分  41
7 フウガドールすみだ 38
8 Fリーグ選抜    28
9 ヴォスクオーレ仙台  24
10 バルドラール浦安 22
11 エスポラーダ北海道 18
12 アグレミーナ浜松 11
 

PLUSデジタルピヴォ!プラス新着情報

J-RONJ論リンク

    デジタルピヴォ!
    パートナー

    • みんサル
    • ビギワン
    • フットみる
    • U-9ピヴォチャン
    • ジュニアピヴォチャン
    • ベストパートナー
    • ボアスコンプラス
    • エフチャンネル
    • sample
    • sample

    デジタルピヴォ!
    パートナー募集中