ピヴォ×みんサル

18歳の2人の初ゴールは同じ日に。デウソン神戸、三村里来と金尾裕太

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、WEBマガジン「デジタルピヴォ!プラス」からの記事を転載させていただきます。


18歳の2人の初ゴールは同じ日に。デウソン神戸、三村里来と金尾裕太(2018/9/26)デジタルピヴォ!プラス

2018年9月15日、神戸
(PHOTO,TEXT・佐藤功)

「ちょうどいいところにこぼれてきて」。

デウソン神戸・三村里来は、終わったばかりの第6節ポルセイド浜田戦を振り返る表情は柔らかい。「初ゴールですよね」というと、三村は満面の笑みで「はい」と大きくうなずいた。

「先制されて取り返して、を繰り返してリードする時間帯がなくて苦しかったんですけど」。

金尾裕太も満面の笑みである。三村が先制されて取り返したのなら、金尾はリードをされて『取り返した』張本人。彼もこの第6節が初ゴールである。

三村里来と金尾裕太。クラーク記念国際高校出身の2人は、2000年生まれの18歳。2018年9月15日、共に初ゴールを刻んだ2人は、共にあふれんばかりの純粋な笑顔だった。そして若い2人はピッチ上で、森脩と藤川朋樹の動きを感じていた。

グリーンアリーナ神戸でのホームゲーム、森は積極的にシュートを撃つ。だが、浜田の面々はしっかりとケアをしていた。浜田の将、中林幸雄監督は「簡単に中に入らせてシュートを撃たせない」手を打ち、浜田の4人がそれを実行。森は浜田の守備網に防がれてしまう。その時、三村は森の叫びを聞いていた。

「脩さんが「くれ、くれ」って叫んでいたので、これを出して撃ちにいこうと。脩さんの声がなかったらどうなってたかなと」。

森に収まれば、絶対ボールが来る。「そこに当たると絶対に背負える」と三村は信じ動いた。三村はこぼれ球をゴールにねじ込み、最初の同点弾となった。「狙った形ではなかったんですけど」とまた笑っていた。

神戸にはもう1人、積極的にシュートを撃った人物がいる。それは藤川朋樹。だが、藤川が撃った前後半合わせて10本シュートは、浜田の狙い通りそのほとんどがサイドからだった。その時、金尾は逆サイドで待っていた。

 

全文はコチラ

 

コメント

みんサル

個サルを検索する ひとりでも参加できる個サルやイベントに行ってみよう!

大会にエントリーする 仲間や友達を集めてフットサル大会に参加しよう!

全国のフットサル施設 全国のフットサル施設からお気に入りの場所を探そう!

RANKING

Special Thanks

  • ベストパートナー
  • ボアスコンプラス