デジタルピヴォ! [フットサル総合ポータルサイト]

前半7戦を終え後半7戦に向けて。Y.S.C.C.横浜が求めるF2の先にある大きなもの【F2第7節】

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、WEBマガジン「デジタルピヴォ!プラス」からの記事を転載させていただきます。


無料記事:前半7戦を終え後半7戦に向けて。Y.S.C.C.横浜が求めるF2の先にある大きなもの【F2第7節】(2018/9/30)デジタルピヴォ!プラス

Fリーグ2018/2019ディビジョン2 第7節
Y.S.C.C.横浜 2-0 デウソン神戸
2018年9月29日(土) 横浜市平沼記念体育館 観客数:224人

[得点経過]
1-0 14分35秒 Y.S.C.C.横浜 15 廣戸大志
2-0 15分07秒 Y.S.C.C.横浜 2 高橋健

▼フットサルをする者が持つべき志

Y.S.C.C.横浜は苦しみながらも、左サイドからの攻撃で勝利。わずか30秒間の2得点で、勝利をもぎとった。

F2は全14節で行われる。この7節はちょうどその半分、前半戦の終了を意味する。5勝2敗の2位で後半戦に迎える宿本諒太キャプテンの「もっと貪欲に」という言葉は、前田佳宏監督が掲げるF2の先にある目標、フットサルをする者が持つべき志を指していた。

まとめ◆デジタルピヴォ! 佐藤

▼日本で一番のチームを常に目指しながら

前田佳宏 Y.S.C.C.横浜・監督

前回のホームでは、ボアルース長野に敗戦してしまったので、今日はデウソン神戸がどうということよりも、ホームでしっかり見に来てくれている人たちのために、みんなを笑顔にできるようにしようというところで入りました。

実際、結果として勝ててよかったんですが、後半は少し尻すぼみをしてしまったというか、まだまだ力不足だなというのは正直思っています。

来週はアウェーでポルセイド浜田戦ですけれども、修正できるところはすぐ修正して次にまた臨みたいと思います。

優勝を狙う上では、リーグ戦ですけれどもトーナメントと同じような気持ちで僕自身も選手もそういう形でやっていますので、次もまた勝てるように頑張ります。

――今日で7節が終了ですので全体の半分が終わり、全チームとの対戦が一巡をしました。ここまでの前半戦は、相手の情報が少ない中で戦っていくということで、自分たちがどれだけできるのか、というテーマがあったと思います。前半戦を振り返ってみて、チームとして想定内だったこと、想定外だったことをお教えください。

前田 何もわからないところからスタートしたので、自分たちがどこまでやれるんだろうと、どの位置付けにいるんだろうと、優勝を目指しながらもそれを図る7試合だったと思うんですけれども、正直よくできているなというのは少しあります。

ただ、F2で優勝をするということにプラスして、やるべきところはF1の名古屋オーシャンズを、日本で一番のチームを常に目指しながらやっていかないと日本のフットサルは活性化していかないのかなと思います。

実際にやってみて、自分たちがもっともっと主導権を握って、F2の優勝をしていかないといけないと強く思っています。

▼対策を上回る圧倒的な力を求めて

宿本諒太 Y.S.C.C.横浜・キャプテン

まずは勝てたこと、結果を出せたことが収穫かなと思っています。今監督が言ったように、内容としては選手としては満足しているわけではないので。もう少し特に後半の戦い方を修正していく必要があるなと思っています。ただ、簡単な試合はひとつもないですし、欲張っても仕方がないので次の浜田戦も難しい試合になると思うので、1週間準備して戦っていきたいと思います。

――ここからは後半戦が始まりますので、一度戦った相手と戦います。より互いに研究をして、分析をする要素が強くなり、また違った戦いが始まります。後半戦に向けて、抱負をお願いします。

宿本 優勝するということを考えると、僕は最初から勝ち点35ということを年間の目標を掲げていたので、もう1試合も落とせないというところがあります。

どちらかというと、ここまでを振り返ってみて全体的に主導権を握れていたと思いますので、相手の方が僕らに対して対策を取ってくるだろうという風に予想されるので、それを上回る圧倒的な力を。すぐには身につけられないですけれども、もっともっと貪欲に追い求めて、僕らがF2を代表して絶対優勝するんだという気持ちをもって日々日々やっていきたいと思っていますので、絶対優勝をしていければなと思っています。

 

コメント

Today SINGLE11月15日 今日都内で蹴れる個人参加

  • Coming Soon!

もっと見る

RANKING

GAME大会情報

もっと見る

GROUNDフットサル場一覧

もっと見る

SCHOOLスクール情報

Coming Soon!

F.LEAGUE順位表

Fリーグディビジョン1 順位表(11/12更新) ​​

順位 チーム 勝点
1 名古屋オーシャンズ ​​ 52
2 シュライカー大阪  45
3 立川・府中アスレティックFC  41
4 ペスカドーラ町田  40
5 湘南ベルマーレ 36
6 バサジィ大分  31
7 フウガドールすみだ 29
8 Fリーグ選抜    24
9 ヴォスクオーレ仙台  20
10 エスポラーダ北海道 16
11 バルドラール浦安 14
12 アグレミーナ浜松 8
 

PLUSデジタルピヴォ!プラス新着情報

J-RONJ論リンク

    デジタルピヴォ!
    パートナー

    • みんサル
    • ビギワン
    • フットみる
    • U-9ピヴォチャン
    • ジュニアピヴォチャン
    • ベストパートナー
    • ボアスコンプラス
    • エフチャンネル
    • sample
    • sample

    デジタルピヴォ!
    パートナー募集中