ピヴォ×みんサル

ヤバいデウソンを目指して。デウソン神戸のもうひとりのピヴォ、牟田口勇人

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、WEBマガジン「デジタルピヴォ!プラス」からの記事を転載させていただきます。


ヤバいデウソンを目指して。デウソン神戸のもうひとりのピヴォ、牟田口勇人(2018/10/11)デジタルピヴォ!プラス

2018年10月7日、神戸
(PHOTO,TEXT・佐藤功)

ビシっとスーツで決め会場入りする金狼。ある時は馬の被り物、ある時はアメリカの大統領の被り物。昨年の牟田口勇人は、誰よりも目立つアスピランチの選手だった。そして今季よりデウソン神戸のトップチームに昇格、F2に戦場を移す。その牟田口は黒髪に変わっていた。

「今年は真面目に」。

そう話した後、「活躍していないので」と遠慮がちにその場を去ったこともある。

「ピヴォは今年から本格的にやっている。今までフィクソだったので」。

そのピヴォが求められる一番わかりやすい結果、それはゴール。今年だけではなく、真面目な性格の牟田口はゴールが決まるまでは多くを語らないようにしていた。

その封印が解禁される。

10月7日、グリーンアリーナ神戸での第8節。ヴィンセドール白山との試合で先制弾を決めたのは、牟田口だった。

「絹川(雄太)くんが潰れたくれたところにボールがこぼれてきて。相手が足を出しているなと思ったけど、でもシュート撃っとこうぐらいで」。

初ゴールは「撃ったら入ったに近い」ものだったと笑っていた。

「実感はないですね、自分でも驚いてたんで。切り替えてディフェンスに戻ろうかなと思ったところでみんなが喜んでいた、もう1回見直したら入っていたという感じですね」。

実感はない、でも実感がある。「全員が喜んでくれた」実感がある。前半に追いつかれ1-1のスコアとなったが、「ここからいいムードでいける」と神戸全体に好影響を及ぼした実感があった。

だが後半、そう簡単にはいかなかった。

全文はコチラ

 

コメント

みんサル

個サルを検索する ひとりでも参加できる個サルやイベントに行ってみよう!

大会にエントリーする 仲間や友達を集めてフットサル大会に参加しよう!

全国のフットサル施設 全国のフットサル施設からお気に入りの場所を探そう!

RANKING

Special Thanks

  • ベストパートナー
  • ボアスコンプラス