ピヴォ×みんサル

スペインからの使者、ウーゴ サンチェス。ボルクバレット北九州と共に創造するものとは?

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、WEBマガジン「デジタルピヴォ!プラス」からの記事を転載させていただきます。


スペインからの使者、ウーゴ サンチェス。ボルクバレット北九州と共に創造するものとは?(2018/11/9)デジタルピヴォ!プラス

2018年11月4日、長野
(PHOTO,TEXT・佐藤功)

「日本語で縦、縦、中、中と指示を出していましたね」と聞くと、馬場源徳監督は笑いながらスペイン語に訳す。するとウーゴ サンチェスも笑った。ふたりは「6年の付き合い」がある友である。

「一番努力をしないといけないのは私です。日本に来たからには、私が順応しなければいけない」。

それが、スペインで活躍した選手の持論。ウーゴ サンチェスは、「フットサルに必要な基本的な日本語は覚えた」と続けた。

この持論がピッチ上でも見て取れる。ウーゴ サンチェスは、ひとりでゴールを陥れるプレーはしない。彼は、ボルクバレット北九州の仲間と共に戦っている。

「日本に来ていきなり50ゴールを獲るような選手じゃない」。

そう自身を分析するウーゴ サンチェス。だがむしろ、50ゴールを獲ろうとしていないように感じる。彼は点を獲らせる方に、点を獲られない方へと回る。「チームプレーヤーですから」と言うウーゴ サンチェスは、フォア・ザ・チームのメンタリティの持ち主である。

「私ひとりで試合を解決するわけではありません」。

その自身の考えは、フットサルはひとりでやるものではない、とチームメイトに訴えかけているように見える。そしてウーゴ サンチェスは、縦、縦、中、中という日本語に加え、時間を見つけては選手を集めコミュニケーションを取っていた。

全文はコチラ

 

コメント

みんサル

個サルを検索する ひとりでも参加できる個サルやイベントに行ってみよう!

大会にエントリーする 仲間や友達を集めてフットサル大会に参加しよう!

全国のフットサル施設 全国のフットサル施設からお気に入りの場所を探そう!

RANKING

Special Thanks

  • ベストパートナー
  • ボアスコンプラス