デジタルピヴォ! [フットサル総合ポータルサイト]

[F2第9節]あの一発レッドはその直前まで神戸の森とポジション争いでお互いバチバチやりあってた中で。相手がうまかったなって。(トルエーラ柏・ 碓井雅貴)

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、WEBマガジン「デジタルピヴォ!プラス」からの記事を転載させていただきます。


[F2第9節]あの一発レッドはその直前まで神戸の森とポジション争いでお互いバチバチやりあってた中で。相手がうまかったなって。(トルエーラ柏・ 碓井雅貴)(2018/11/12)デジタルピヴォ!プラス

一発レッド! 厳しい判定だった。

 

ピヴォの碓井のところでボールはよく収まった。縦突破からマークをはがしGKと1対1に。

 

深い位置から中へと折り返しビッグチャンスを演出するも。

 

しかし相手のクリアにあう。

 

時には浮き球をアウトにかけて走り込む仲間に合わせるシーンも。

 

しかしこれもあわず。

 

強烈なシュートも放った。

 

Fリーグ2018/2019 ディビジョン2  第9節
トルエーラ柏 5-3 デウソン神戸
2018年10月20日(土) 柏市中央体育館 観客数:402人
[得点経過]
1-0 00分37秒 トルエーラ柏 9 田中惇史
2-0 12分36秒 トルエーラ柏 36 横山巧
2-1 16分09秒 デウソン神戸 19 森脩 ※第2PK
3-1 21分03秒 トルエーラ柏 9 田中惇史
3-2 24分38秒 デウソン神戸 19 森脩
4-2 29分33秒 トルエーラ柏 22 麻賀郁
5-2 32分29秒 トルエーラ柏 10 宗像郷
5-3 34分33秒 デウソン神戸 5 柿本輝

 

後半4分過ぎ、レフェリーはレッドカードを高々と掲げた

一発レッド! 選手にとってもエースを失ったチームにとっても厳しいジャッジだった。後半4分過ぎ、デウソンのゴール前で柏のピヴォの碓井雅貴とフィクソの森脩が激しいというか、当たり前の、体の寄せ合いによるポジション争いをしているときだった。突然、181cmと大柄な森がピッチに倒れ込んだ。と同時に激しく笛が吹かれ、レフェリーは手にしたレッドカードを碓井に向けて高々と掲げた。これが“マリーシア”というやつか。また、どちらかが体勢を崩せば笛が吹かれるという傾向はこの試合で目立ったように感じた。だとしたらそういう傾向をこそレフェリーが感知してより冷静にジャッジすべきではなかったか。碓井は無念の退場後、「相手のほうがうまかったし、自分が甘かった」といった。

後日、Fリーグ規律委員会が下した懲戒処分は「1試合出場停止」。一発レッドという厳しいレフェリングの割に軽いというべきか、正直、「?」という印象は残った。でも、複数試合の停止にならなかったことは碓井にとってもチームにとっても大きな救いだったことは確かだ。
http://www.fleague.jp/news/?p=41945

まとめ◆デジタルピヴォ! 山下

 

相手のほうがレフェリーへのアピールの仕方がうまかった

Pivo! 残念な一発退場だった。今日もキミのゴールが見たかったのに。

碓井 そうですね。チャンスがあったですし、ドリブルの調子もよくて、ほぼ100%の状態だったので。

Pivo! あの一発レッドのシーンはどういう状況だったのか。

碓井 神戸の森脩との小競り合いで。

Pivo! 森の倒れた様子を見て気づいたのだが。その直前までポジション争いがあった?

碓井 ポジション争いですね。その中でお互いバチバチやりあってたんで。ま、ちょっと、相手のほうがうまかったっていう。その(レフェリーへの)アピールの仕方とか。

Pivo! 森って、でかいのに倒れるのが早い。

碓井 そうなんです(笑)。前半(16分過ぎ)の第2PKをもらうときも結構うまく倒れてるんで。そこでちょっと自分、甘かったなっていうところですよね。だと思います。

ピヴォとして結構いい感じで収まってそこからチャンスも

Pivo! ま、残念な結果になったが、今日の試合を振り返って、入りといい、そこまでの自分のプレーはどうだったか。ピヴォの川瀬大地がいないこともあってキミがピヴォに入ったが。

全文はコチラ

 

コメント

Today SINGLE12月10日 今日都内で蹴れる個人参加

  • Coming Soon!

もっと見る

RANKING

GAME大会情報

  • Coming Soon!

もっと見る

GROUNDフットサル場一覧

  • Coming Soon!

もっと見る

SCHOOLスクール情報

Coming Soon!

F.LEAGUE順位表

Fリーグディビジョン1 順位表(12/2更新) ​​

順位 チーム 勝点
1 名古屋オーシャンズ ​​ 62
2 シュライカー大阪  52
3 立川・府中アスレティック 45
4 ペスカドーラ町田 44
5 湘南ベルマーレ 43
6 バサジィ大分  38
7 フウガドールすみだ 35
8 Fリーグ選抜    27
9 ヴォスクオーレ仙台  23
10 バルドラール浦安 21
11 エスポラーダ北海道 17
12 アグレミーナ浜松 11
 

PLUSデジタルピヴォ!プラス新着情報

J-RONJ論リンク

    デジタルピヴォ!
    パートナー

    • みんサル
    • ビギワン
    • フットみる
    • U-9ピヴォチャン
    • ジュニアピヴォチャン
    • ベストパートナー
    • ボアスコンプラス
    • エフチャンネル
    • sample
    • sample

    デジタルピヴォ!
    パートナー募集中