ピヴォ×みんサル

長野のGK・山本佳輝を襲う、横浜のGK・鈴木陽太のシュートは6本。ボアルースとY.S.C.C.、ふたりの守護神の首位決戦

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、WEBマガジン「デジタルピヴォ!プラス」からの記事を転載させていただきます。


長野のGK・山本佳輝を襲う、横浜のGK・鈴木陽太のシュートは6本。ボアルースとY.S.C.C.、ふたりの守護神の首位決戦(2018/12/11)デジタルピヴォ!プラス

2018年12月9日、長野
(PHOTO,TEXT・佐藤功)

ボアルース長野の守護神、山本佳輝がいくつものシュートを防ぐ。Y.S.C.C横浜による、43本ものシュートが彼を襲った。その山本が防いだ、ある人物のシュートについて語る。

「無回転だったんですよね、1本目から」。

そのシュートを放った主は鈴木陽太、Y.S.C.C.横浜のGKである。それは見慣れた光景、横浜の守護神は常にシュートを狙っている。

「ここまで3得点なんですけど、目標は5得点なんですよね」。

そう飄々と語る鈴木は、点も獲れるGK。この3得点の中にはパワープレー返し以外に、4秒の制限時間内にドリブルで上がりセンターサークル付近で放った得点が含まれている。横浜には常時、5人目のフィールドプレーヤーがいる。

鈴木の「決めるから」に対し、「止めます」と山本が返す。ふたりはこの一戦を前に、SNSでやり取りをしていた。

長野と横浜の首位決戦、横浜のメンバーの中で鈴木のシュート数は高橋健と並び最多タイ。鈴木と山本、遠く離れた両守護神の直接対決は6度あった。

「入らなくてもコーナーになるように撃って、ブラインドに入ってキャッチはしづらくなるように意識しましたね。パスが相手のディフェンスのポジションでリスクありそうだったから、シンプルに撃つのが、相手がそういうポジションだったからこれが一番効果的かなと」。

と鈴木が言えば、「ゴールの角とか狙ってきますからね」と山本も言う。

 

全文はコチラ

 

コメント

みんサル

個サルを検索する ひとりでも参加できる個サルやイベントに行ってみよう!

大会にエントリーする 仲間や友達を集めてフットサル大会に参加しよう!

全国のフットサル施設 全国のフットサル施設からお気に入りの場所を探そう!

RANKING

Special Thanks

  • ベストパートナー
  • ボアスコンプラス