ピヴォ×みんサル

デビューから1年、広島エフ・ドゥの津田卓が手にした貪欲さと課題とは?

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、WEBマガジン「デジタルピヴォ!プラス」からの記事を転載させていただきます。


デビューから1年、広島エフ・ドゥの津田卓が手にした貪欲さと課題とは?(2018/12/26)デジタルピヴォ!プラス

2018年11月24日、浜田
(PHOTO,TEXT・佐藤功)

「1回1回が必死でしたね」と去年のことを振り返る。1年前、デウソン神戸でデビューをした津田卓は当時、ルーキーらしいルーキーといった雰囲気があった。

2017年10月のフウガドールすみだとのアウェーゲームでは、限られた出場時間ながらも、戦う場を得たことに喜びを感じているような表情をしていた。続く2017年の年末、ヴィッセル神戸とコラボをした時も修学旅行らしき大群にチラシを手渡したり、片言の英語で外国人女性にチラシを配ったりと、その場を楽しんでいた。

その津田は今、「地元でプレーをしたかった」と広島エフ・ドゥに戦いの場を移している。広島県・福山市出身の若者は1年を経た今、少し大人の表情になっていた。

シーズン当初は「そんなに試合にも出れない」状況だった。だが、徐々に出場機会が増えていく。

「試合にコンスタントに出れたりしているので、セットで話してやっているって感じですね」。

「1回1回が必死」だった昨年は、セットに組み込まれず途中出場が多く出場時間も短かった。その「途中で呼ばれて出て、そこで結果を出さないと」という状況から、しっかりとセットの一員として意見をする時間ができていた。そして2018年11月のF2第10節、古巣デウソン神戸戦を迎える。

全文はコチラ

 

コメント

みんサル

個サルを検索する ひとりでも参加できる個サルやイベントに行ってみよう!

大会にエントリーする 仲間や友達を集めてフットサル大会に参加しよう!

全国のフットサル施設 全国のフットサル施設からお気に入りの場所を探そう!

RANKING

Special Thanks

  • ベストパートナー
  • ボアスコンプラス