ピヴォ×みんサル

僕は点取り屋ではない。F2初代得点王、ボアルース長野・田口剛志が続けてきたこと

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、WEBマガジン「デジタルピヴォ!プラス」からの記事を転載させていただきます。


僕は点取り屋ではない。F2初代得点王、ボアルース長野・田口剛志が続けてきたこと(2019/1/24)デジタルピヴォ!プラス

2018年1月14日、長野
(PHOTO,TEXT・佐藤功)

2019年1月14日の第14節、4得点をしたボアルース長野・田口剛志は「たまたまですよ」と逃げようとする。その1ヶ月前、2018年12月16日の第13節にハットトリックを決めた時も「たまたまですよ」と逃げようとしていた。この「たまたま」は、本心である。

「点取り屋じゃないんで」。

得点数は「意識したことがない」、むしろ「早く誰か抜いてくれないかな」とも思っていた。その田口がF2初代得点王になる。この点取り屋ではない者は「ブレることはない」信念を貫き、その称号を手に入れていた。

「自分が犠牲になってスペースを開けて、自分を囮にしてチームに点が入ればいいのかなという感じですよ」。

田口は自身を「チームメイトに点を獲らせる」タイプであると言う。スペースを作りそこを味方が使う、そして味方がまたスペースを作りそこを誰かが使う。「走ることが持ち味」と、得点につながる形を作るために走っている。

「個人としての力は全然ないので、みんなのチームプレーに徹したのがたまたま得点につながったのかなと」。

「自分が動いて空いたところを、味方がきっちり使ってくれる」から得点につながる。そして、その連動したスペース作りの最後の部分、その順番が田口に回ってくる。それが田口に言わせれば「たまたま」である。

全文はコチラ

 

コメント

みんサル

個サルを検索する ひとりでも参加できる個サルやイベントに行ってみよう!

大会にエントリーする 仲間や友達を集めてフットサル大会に参加しよう!

全国のフットサル施設 全国のフットサル施設からお気に入りの場所を探そう!

RANKING

Special Thanks

  • ベストパートナー
  • ボアスコンプラス