ピヴォ×みんサル

F2初代王者・ボアルース長野の選手が選ぶベストゲーム(柴田章仁・城野全輝・伊藤広樹・阿部修兵)[3/3]

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、WEBマガジン「デジタルピヴォ!プラス」からの記事を転載させていただきます。


F2初代王者・ボアルース長野の選手が選ぶベストゲーム(柴田章仁・城野全輝・伊藤広樹・阿部修兵)[3/3](2019/2/9)デジタルピヴォ!プラス

2019年1月14日、長野
(PHOTO,TEXT・佐藤功)

ボアルース長野・キャプテン原山英之は「ケガで外から見る時間が多かった」。「すべての試合を一人一人が全力でやっているのは感じていましたし、一人一人がもがいてチームのために頑張るというのは感じていたので、どれがいいかというとなかなか難しい」と前置きをし、印象に残った試合は最終節のトルエーラ柏戦と話す。「逆転ができたというのはみんながベンチに入ってみんながそれぞれ自分ができることを探してがんばった試合ですので、この試合がシーズンを締めくくる上ではとてもよかった」とF2の戦い終えた。

ゴールやアシスト、長旅やチームメイトのこと、印象に残っている試合は人それぞれである。彼らが過ごしたこの1年にあった様々なことを思い出しながら柴田章仁、城野全輝、伊藤広樹、阿部修兵が思い出に残る試合を語る。

#7 柴田章仁

F2第9節 ボアルース長野7-2ポルセイド浜田
2018年10月21日(日) ホワイトリング 観客数:569人

ホワイトリングでやった、ホームの浜田戦ですかね。僕が今シーズン初めて点を獲った時なんですけど、チャンスが前半戦もいくつかあった中で決めきれずにいたんで悩みながらだったんですけど、結果が出たんでよかったと思います。

始まる前は本当に自分たちがこういう順位にいれるとは思っていなかったんですけど、1試合1試合成長しながら全力でやった結果が出たかなと思っています。

 

全文はコチラ

 

コメント

みんサル

個サルを検索する ひとりでも参加できる個サルやイベントに行ってみよう!

大会にエントリーする 仲間や友達を集めてフットサル大会に参加しよう!

全国のフットサル施設 全国のフットサル施設からお気に入りの場所を探そう!

RANKING

Special Thanks

  • ベストパートナー
  • ボアスコンプラス