ピヴォ×みんサル

[Fリーグ第32節]ゴール前での遊び心が昔はもっとあったよね。(アグレミーナ浜松・田中智基)

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、WEBマガジン「デジタルピヴォ!プラス」からの記事を転載させていただきます。


[Fリーグ第32節]ゴール前での遊び心が昔はもっとあったよね。(アグレミーナ浜松・田中智基)(2019/2/18)デジタルピヴォ!プラス

 

前半に見せた田中らしいプレー。相手ディフェンスの逆を突く動きからパスを受ける。

 

体勢を崩しながらシュートに行く。

 

カウンターから右サイド突破を図る。

 

シュートとみてブロックに来る相手を“ジャンピングトラップ”でかわして後方の中村へとパスを送る。

 

フリーの仲間を生かすチームプレーだが、ホントは、もっとゴールに迫る独り善がりなプレーが見たい。

 

試合後サポーターにあいさつにいく。

 

チームは2/23(土)、24(日)にF1・2入替戦に臨む。

 

DUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1  第32節
Fリーグ選抜 1-1 アグレミーナ浜松
2019年2月10日(日) 駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場 観客数:1,196人
[得点経過]
0-1 14分41秒 アグレミーナ浜松 11 中村友亮
1-1 39分51秒 Fリーグ選抜 8 新井祐生

 

“トモキマニア”を喜ばせてほしい!

「自分のプレーがつまらなくなったかな」。田中智基はインタビュー中にそうつぶやいた。
あの3on3イベント、『FUTEBOLiSTA 天下一武道会』のトップスターとして君臨していた当時は、Fの舞台でも場内が思わず沸くような華麗なプレーを見せていた。それが『天下一武道会』が開かれなくなったのと歩調を合わせるかのように派手さが消えてきた。それはベテランとしてチーム内の役割が変わってきたせいでもあるという。でも、だからといって、“トモキマニア”としてはそれでよしとはしたくない。人がやらない、できないワザを繰り広げて相手をいなしていく、あのころのプレーヤーにもう一度戻ってほしい。Fリーグ選抜戦でチームの最下位が決まった直後だというのに、どこか個人的なインタビューになった。

https://www.targma.jp/pivoplus/2016/11/29/post30753/

まとめ◆デジタルピヴォ! 山下

 

この歳になって一皮むけるかな?

Pivo! これで最下位が決定した。

田中 うん、決まったことなんでね。まあ、でも、いいほうにとらえるんだったら、こういうプレッシャーで試合をすることはなかなか、なかった。負ければ最下位が決定、入替戦に行くっていうのがなかったから、そういう部分ではプレッシャーを感じながら試合をした中での結果だから、まあ、いいかな。しょうがない、うん。

Pivo! この結果を受けてF2チャンピオンと戦うのは唯一浜松しか経験できない。

田中 そう。それに、そこでもまたプレッシャーがあるでしょ? 負ければ今度は下だから。これ以上にプレッシャーはかかる。

Pivo! その体験を通して、また一皮も二皮もむけるかな?

田中 そうだね、この歳になってね、ははは…。まだまだ多分、そういうのが試練かなとは思うけど。

 

全文はコチラ

 

コメント

みんサル

個サルを検索する ひとりでも参加できる個サルやイベントに行ってみよう!

大会にエントリーする 仲間や友達を集めてフットサル大会に参加しよう!

全国のフットサル施設 全国のフットサル施設からお気に入りの場所を探そう!

RANKING

Special Thanks

  • ベストパートナー
  • ボアスコンプラス