ピヴォ×みんサル

長野を照らす光、ボアルース設立者・原山英之が背負うもの

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、WEBマガジン「デジタルピヴォ!プラス」からの記事を転載させていただきます。


長野を照らす光、ボアルース設立者・原山英之が背負うもの(2019/2/22)デジタルピヴォ!プラス

2019年1月14日、長野
(PHOTO,TEXT・佐藤功)

2011年、長野でとあるフットサルクラブが誕生した。「全国各地の地域が盛り上がらないとFリーグが盛り上がらない」という志を持った彼らは、BOA(善い)とLUZ(光)を合わせた『BOALUZ(ボアルース)』と名乗る。

「4人で練習したこともあったし、ゴールがない体育館で練習もした」。

そう話すボアルース設立者・原山英之の腕には、ボアルース長野のキャプテンマークが巻かれている。そのボアルースは2019年、F2で優勝。トップリーグであるF1への挑戦権を手にしていた。

今季新たに誕生したF2の開幕戦、原山の姿はピッチにはなかった。原山は来るべき日に備え、「10ヶ月ぐらいリハビリ」をしていた。「みんな待っているよとか頑張れよという言葉をかけてくれていて、1回も後ろを向くことなくリハビリ」を続けた原山がピッチに戻ってきたのは、終盤戦のF2第12節・Y.S.C.C.横浜との首位攻防戦。今季F2最多の2,115人が集まっていたホーム・ホワイトリングで、原山はさっそく自らのゴールで応えた。阿部修兵と抱き合い、自らの復帰を祝っていた。

全文はコチラ

 

コメント

みんサル

個サルを検索する ひとりでも参加できる個サルやイベントに行ってみよう!

大会にエントリーする 仲間や友達を集めてフットサル大会に参加しよう!

全国のフットサル施設 全国のフットサル施設からお気に入りの場所を探そう!

RANKING

Special Thanks

  • ベストパートナー
  • ボアスコンプラス