ピヴォ×みんサル

山本尚希、監督就任。ポルセイド浜田が作るクラブの存在価値とは?

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、WEBマガジン「デジタルピヴォ!プラス」からの記事を転載させていただきます。


山本尚希、監督就任。ポルセイド浜田が作るクラブの存在価値とは?デジタルピヴォ!プラス

2019年3月31日
(PHOTO,TEXT・佐藤功)

「自分を監督として必要としてくれたクラブだというのが一番の理由です。僕に監督のオファーを出してくれた唯一のクラブですから」。

それがポルセイド浜田、山本尚希新監督の第一声だった。デウソン神戸の監督を退任してから二年、下部組織を指導しながら「いつかまたFに」と願い続けていた人物の言葉である。

昨季、浜田のF2での成績は、1分13敗。だが、無得点で終わった試合は第2節の1試合のみ。常にチャレンジャーとして戦い、一矢を報い続けていた。そのことを山本監督はそのことを知っている。

「何点奪われても走り続ける強靭なメンタリティは感じていました」。

今となっては古巣となった神戸と同じF2のカテゴリーだから常に情報は持っていた。第6節ではグリーンアリーナ神戸で、実際に目の前で浜田の戦いを見ている。最後まで走り続ける浜田に「個人の能力を持った選手はいるので、強くなる要素はいくらでもある」と感じていた。

全文はコチラ

 

コメント

みんサル

個サルを検索する ひとりでも参加できる個サルやイベントに行ってみよう!

大会にエントリーする 仲間や友達を集めてフットサル大会に参加しよう!

全国のフットサル施設 全国のフットサル施設からお気に入りの場所を探そう!

RANKING

Special Thanks

  • ベストパートナー
  • ボアスコンプラス