ピヴォ×みんサル

その敗戦を糧に。ヴィンセドール白山の戦う者の覚悟[F2]

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、WEBマガジン「デジタルピヴォ!プラス」からの記事を転載させていただきます。


その敗戦を糧に。ヴィンセドール白山の戦う者の覚悟[F2]デジタルピヴォ!プラス

 

2019年5月15日
(PHOTO,TEXT・佐藤功)

「勝ちますよ」。

今をさかのぼること1ヶ月前の5月15日、ヴィンセドール白山・渡邊一城はすれ違いざまにそうつぶやいた。それが戦う者の覚悟である。それはF1であろうが、F2であろうが同じ。そして、相手が絶対王者・名古屋オーシャンズであろうと同じである。

試合が始まった。オーシャンカップ2回戦、白山は名古屋を相手に、前半だけで10失点をしてしまう。「これぐらいの差はあるとは思っていましたね。思った通りですよ、今の僕らの力だったら」と渡邊は振り返る。「これが現実」という言葉は重かった。だが、「初めから負けるつもりで行くヤツはいない」という気持ちは失われていなかった。ハーフタイムに喝を入れ直し、後半へ向かった。

白山は杉木陽介から中島涼太へと指揮官が変わった。それは戦い方が変わったことを意味する。昨季、渡邊は他3人と一緒に横へ横へと動きラインを押し上げていくクアトロの一員として戦っていた。だがこの日、渡邊は最前線にひとり立っていた。

「やり方は変わりましたね、僕は基本的に前にいます。でも、名古屋のような相手だといいタイミングで受けれない。フィクソも常に前を取りますし、がんばって体を張ってもキツい部分はありますよね。プレスをちょっと回避できた中で縦に入れるのと、苦し紛れに入れてというのでは違いますから。ワンチャンスの中で狙っていたんですけど、もっと筋トレをして体も大きくしないといけない」。

 

全文はコチラ

コメント

みんサル

個サルを検索する ひとりでも参加できる個サルやイベントに行ってみよう!

大会にエントリーする 仲間や友達を集めてフットサル大会に参加しよう!

全国のフットサル施設 全国のフットサル施設からお気に入りの場所を探そう!

RANKING

Special Thanks

  • ベストパートナー
  • ボアスコンプラス