ピヴォ×みんサル

村上監督を信じて『ゼロか3か』の勝負に出ました。(広島エフ・ドゥ ♯16 冨廣洋平)[F2第1節]

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、WEBマガジン「デジタルピヴォ!プラス」からの記事を転載させていただきます。


村上監督を信じて『ゼロか3か』の勝負に出ました。(広島エフ・ドゥ ♯16 冨廣洋平)[F2第1節]デジタルピヴォ!プラス

 

2019年6月15日 柏市沼南体育館
(PHOTO,TEXT・山下浩正)

 

残り5秒、右コーナーキックを得た広島の冨廣はこの日2度目のゴレイロ役でピッチに入った。『ゼロか3か』という決意を胸に。

 

そしてその5秒後、冨廣の体は大きく宙を舞った。

 

飛行機ポーズでベンチへと走る。

 

そしてベンチの前でもう一度大きく跳ねて、、。

 

歓喜の輪の中に飛び込んだ。

 

▪️Fリーグ2019/2020 ディビジョン2 第1節 観客数:410人
トルエーラ柏 0-1 広島エフ・ドゥ
[得点経過]
0-1 40分00秒 広島 16 冨廣洋平

 

F2昇格後アウエ-2勝目

Fリーグ ディビジョン2(F2)は2年目の今年も8チームが2回戦総当りで優勝を争う。その中で昨シーズン、広島エフ・ドゥは6勝1分け7敗で6位に終わっている。アウエーではポルセイド浜田に勝った以外、開幕節のボアルース長野戦を皮切りにいずれも敗退。その広島が4位のトルエーラ柏のホームに乗り込んだ。柏にとって『飛んで火に入る夏の虫』と言いたいところだが、終わってみれば広島が残りゼロ秒で決勝ゴール。F2昇格2年目にして開幕戦で初の勝ち点3を手にした。

広島の村上監督にいわせれば、14試合と試合数が限られているF2(F1は12チーム・33試合)では、去年のボアルース長野のようにスタートダッシュをかければ一気に波に乗れると踏んでいる。それだけに「初戦の勝ち点3は必ず獲りたいスコア」と意気込みを見せ、見事結果につなげた。

そしてその決勝ゴールを決めたのが、元フットサル日本代表経験を持つベテランの冨廣(とみひろ)洋平、32歳。その瞬間を「いやあ、うれしかったですねぇ!」と素直に喜びを口にするのだった。

 

今季から遠距離アウエーがバスから新幹線移動に

Pivo! 劇的な勝利、おめでとう。

冨廣 ありがとうございます。

Pivo! 今もキミが関係者に話していたけど、最後だけよかったと。

冨廣 最後だけよかったです。

Pivo! ただ、ゲーム自体はシュート精度、パス精度に問題はあったものの、ホームチームをゴール前に押し込む時間帯が長かった。

冨廣 長かったんですけど、最後の5mぐらいのところでの、やっぱり、縦パスが入らなかったりとか、手前の5m、10mラインを超えたところでのキープがなかったので、なかなか、回すけど最後まで行けなかったんかなと思うんで、そこは課題かなと思います。

Pivo! 確かにフィニッシュということを考えると一番重要なところだ。

全文はコチラ

 

コメント

みんサル

個サルを検索する ひとりでも参加できる個サルやイベントに行ってみよう!

大会にエントリーする 仲間や友達を集めてフットサル大会に参加しよう!

全国のフットサル施設 全国のフットサル施設からお気に入りの場所を探そう!

RANKING

Special Thanks

  • ベストパートナー
  • ボアスコンプラス