ピヴォ×みんサル

『絶っ対昇格!!』を掲げる横浜が大勝。勝因と改善点を振り返る(横浜vs浜田)【注目試合速報レポ&コメント】

 

今シーズン、“絶っ対昇格!!”という目標を掲げるYSCC横浜が、その強さを示す結果となった。

この試合、“セットプレー”を一つのテーマに掲げていた横浜は、開始46秒にセットプレーからFP樋口未樹也が先制ゴールを挙げると、そのゴールから1分も経たずにFP廣戸大志が追加点を挙げる。楽勝ムードかと思われたが、ここからポルセイド浜田の修正した守備にやや苦しめられる。それでもコーナーキックからFP橋本裕貴がFリーグ初ゴールを挙げて前半を3-0で折り返した。

横浜の高い位置からのプレッシングに苦しめられる浜田は、ほとんど攻撃をすることができない。唯一、違いを生み出したのがGK宮本拓。最後尾のドリブル突破からチャンスをつくり、低い弾道のパントキックをピヴォに当てるなど、攻撃面で光る活躍を見せた。

後半も横浜が圧倒する流れは変わらない。後半2分には樋口がこの試合2点目を決める。

10分には浜田がGK宮本のドリブルシュートで1点を返すが、フィールドプレーヤーが8人しかいない浜田はここから失点を重ねていく。後半10分にオウンゴールで失点すると、ここから守備が崩壊。残り10分でFP稲葉洸太郎、橋本、FP伊藤玄の2ゴール、FP川崎柊音のダメ押しゴールと、5ゴールを許して1-10で敗れた。

勝利した横浜は、この勝利で開幕2連勝。Fリーグ・ディビジョン2で首位に立った。Fリーグ初ゴールを含む2ゴールで今節のMVPに選出された橋本は「もともと全勝するつもりだった。このまま最終節まで走れるように、成長しながら戦っていきたい」と、次節以降の勝利を誓った。

 

【試合後コメント】
○山本尚希監督(ポルセイド浜田)
結構、でかい口を叩いて、今日、ここに来たのですが、昨年と一緒、全く一緒でしたね。変えられたと思って、今日ここに来ていた部分もあったのですが、変えられていなかった部分があって、自分のなかですごくギャップを感じました。技術的に低いのは分かっていたのですが、メンタルのところや理解力。頭の部分の習得は結構、早くできるはずなのですが、そこが習得させられていなかったのは僕の力のなさです。頑張れる選手が出てきているなかで、彼らに頼りがちになっています。一生懸命に体現していたのは、評価しないといけないですし、見ている人にも感じられたと思いますが、負けたのは僕の責任ですし、やり直すしかありません。

 

○前田佳宏監督(YSCC横浜)
まず、見に来ていただいてありがとうございます。前節の神戸戦では、新しいシーズンになったことを理解していたのですが、どこかで昨シーズンのことが引っ掛かっていた部分がありました。ですから、シーズンが開幕して今日は2戦目なのですが、「ここから今シーズンが始まりなんだ」という強い思いをもって戦うことができたと思っています。点数はこういう大差がつく形になりましたが、それ以上に自分たちにとってポイントにしていたことがありました。それはセットプレーです。いかにセットプレーで点をモノにするかにこだわってやりました。うまくいった部分といっていない部分があるので、そこは映像を見ながら改善して、次節に進みたいと思います。
また今日は数多くのサポーターが来てくれていたので、その人たちの笑顔をたくさんつくりたいと思っていました。最後の1分1秒まで、全力でやろうと。最後まで皆さんの多くの笑顔をつくれるように戦おうと。実現できたかどうかは分かりませんが、少しは『また次も見たいな』と思ってもらえるような戦いができたのではないかと思います。

 

○伊藤玄選手(横浜)
チームのスローガンである「絶っ対昇格!!」を考えると、7試合しかないホームゲーム、その1試合1試合で進化して、成長して、前進しないといけない自覚がありました。前節できたこと、できなかったことを考え、また対戦相手の浜田

を分析して、セットプレーで良い準備ができた。その準備があって、今日の試合でできたこと、出せたところ、出せなかったところがありました。それでも前節とは少し違った、一つ前に進んだチームをサポーターのみなさんに見せることができたのではないかと思います。

 

河合拓(かわい・たく)

2002年に当時、国内唯一のフットサル専門誌Pivo!の編集部に入りフットサルに魅力せられる。その後、2006年のサッカー・ドイツW杯を前に週刊サッカーマガジン編集部に入り、セレッソ大阪、ガンバ大阪、横浜FCなどを担当。2011年から2014年まではゲキサカ編集部で活動。2015年からはフリーランスとなり、2016年に「FutsalX」を立ち上げ、フットサルを中心に取材しながら、サッカー日本代表も取材する。U-18フットサル選手権は第1回大会からすべての大会の取材を続けている。

コメント

みんサル

個サルを検索する ひとりでも参加できる個サルやイベントに行ってみよう!

大会にエントリーする 仲間や友達を集めてフットサル大会に参加しよう!

全国のフットサル施設 全国のフットサル施設からお気に入りの場所を探そう!

RANKING

Special Thanks

  • ベストパートナー
  • ボアスコンプラス