ピヴォ×みんサル

「希望の光」。ボアルース長野、ホーム湘南戦でF1初の勝ち点をゲット![F1第11節]

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、WEBマガジン「デジタルピヴォ!プラス」からの記事を転載させていただきます。


「希望の光」。ボアルース長野、ホーム湘南戦でF1初の勝ち点をゲット![F1第11節]デジタルピヴォ!プラス

 

 

2019年7月27日 ホワイトリング

(PHOTO・笠原由佳子<ボアルース長野>,TEXT・山下浩正)

 

 

 

 

 

Fリーグ2019/2020 ディビジョン1 観客数: 761人
ボアルース長野 2-2 湘南ベルマーレ
[得点経過]
1-0 00分31秒 長野 24 中村拓海
1-1 01分34秒 湘南 44 本田真琉虎洲
1-2 22分46秒 湘南 10 ロドリゴ
2-2 39分06秒 長野 27 有江哲平

 

 

 

臆することなく力強い戦い方

ボアルース長野が第11節にして今季初の勝ち点「1」を獲得した。
しかも相手は長野の横澤監督が昨シーズンまで在籍し、2017/2018シーズンにクラブ史上最高のリーグ3位に導いた湘南ベルマーレ。手の内はわかっているとはいえ、現在4位の強豪だ。難しい試合になることはわかっていた。しかも長野は「地域リーグ並みの戦力」と揶揄(やゆ)されてきたチーム。ところが、試合開始のホイッスルが鳴ってみると、立ち上がりから長野の戦いは力強かった。それだけに第10節まで勝ち点ゼロだったことが信じられないが、リーグ開幕からの3か月弱の期間に横澤監督の指揮の下、チーム一丸となって成長を続けてきた。技術とスピードでリーグ1、2を争う湘南を相手に試合開始31秒、先発のフィールド4人全員が絡むセットプレーから先制ゴールを奪取。しかし、前半のうちに同点にされ、後半も3分弱で逆転された。普通にいったら敗色濃厚だ。その後はゴールが遠いまま時間だけが過ぎていったが、試合終了1分前、同点ゴールをゲット。ジャイアントキリングこそならなかったし、勝ち点「3」は遠かったが、次節以降に「希望の光」(横澤監督)が見えてきた試合だった。横澤監督に試合の振り返りから「残留」に向けたロードマップまでを聞いた。

 

試合開始31秒、♯24中村が先制ゴール!

Pivo! 試合開始31秒、長野のフィールド4人が大仕事をやってのけた。
湘南陣内左キックインから♯11松木がカットインシュート。このボールが左前方の♯9深江に収まり、ワントラップからゴール前へ折り返すと、最後はディフェンスの裏を取った♯24中村がヘッドでファー詰め。いい時間帯に決めたゴールだった。

横澤 セットプレーのパターンの1つから継続され、通常の戦術パターンへと発展したものです。

最終的なポジショニングを正確にとれていたので、ラストパスとシュートを正確に行ったことにより、得点につながりました。

Pivo! ♯24中村はこの後も再三シュートチャンスに絡んだが、チームの中でも1、2を争うシューターか?

横澤 中村は、サテライトから昇格し、この試合がデビュー戦です。
さらに、この日のシュート数はチームで一番でした。
彼は、サテライトでプレーしていたときも、県リーグ得点ランキング1位の座にいた選手です。
今後は、チーム1,2位を争うシューターになると思います。

Pivo! この1分後、同点ゴールを決められる。湘南は、長野陣内右6mからのキックイン。キッカーのロドリゴがゴール前に強いシュートを撃つ。
このタイミングでピヴォのマルコス(本田)がディフェンスの裏を突く動きでフリーになり、ゴールを決めた。

ゴールに近いセットプレーは最も神経を使わなければいけない場面。
ここで長野の選手はボールウォッチャーになってしまった。
チームとしての課題か?

横澤 チームとしての課題は、選手の課題でもあります。
私が入団した当初から、ボールウォッチャー、マークウォッチャーの選手が比較的多いチーム状況でした。
基本的な守備の概念を知らない選手に対して、一から指導しているゆえに、時間はかかっています。

子供のころから攻撃だけを楽しんできた選手に、守備の大切さを理解してもらうためには、守備をできないことが敗戦につながることを体験して知る必要があります。
失敗を体験させ、悔しさから学ばせることで、責任が生まれ、成長するのではないかと思います。

ただ、リーグも次節から2巡目に入るので、結果を重要視されるだけに、今後も継続してトレーニングを行っていきますが、成長が見られないのであれば、セットプレー時の配置を変えます。

Pivo! 上位チームに臆することなく戦う長野。
同点後に、ピヴォに入った湘南の選手を♯8花嶋と♯6西巻キャプテンが前後から挟み込みに行き、ボール奪取からカウンターを仕掛けた。
最終的に湘南・植松に対応されカウンターは不発に終わったが、いいディフェンスからキレのいいカウンターに持ち込んだ場面は練習の成果が出たシーンだったのではないか?

 

全文はコチラ

コメント

みんサル

個サルを検索する ひとりでも参加できる個サルやイベントに行ってみよう!

大会にエントリーする 仲間や友達を集めてフットサル大会に参加しよう!

全国のフットサル施設 全国のフットサル施設からお気に入りの場所を探そう!

RANKING

Special Thanks

  • ベストパートナー
  • ボアスコンプラス