ピヴォ×みんサル

6点7点獲る力はまだついていない中で、あのような失点があったことが敗因かと。(北九州・馬場源徳監督)[F2第4節]

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、WEBマガジン「デジタルピヴォ!プラス」からの記事を転載させていただきます。


6点7点獲る力はまだついていない中で、あのような失点があったことが敗因かと。(北九州・馬場源徳監督)[F2第4節]デジタルピヴォ!プラス

 

 

2019年8月4日 柏市沼南体育館
(PHOTO,TEXT・山下浩正)

 

Fリーグ2019/2020 ディビジョン2
トルエーラ柏 6-4 ボルクバレット北九州
柏市沼南体育館 観客数:457人
[得点経過]
0-1 00分25秒 北九州 7 田口友也
1-1 02分53秒 柏 12 林賢治
1-2 07分55秒 北九州 14 ウーゴ サンチェス
1-3 14分39秒 北九州 4 渡辺 大輔
2-3 14分54秒 柏 9 樋口岳志
3-3 16分08秒 柏 12 林賢治
4-3 17分55秒 柏 14 柴田祐輔
5-3 23分44秒 柏 18 宗像紘輝
5-4 31分19秒 北九州 9 横山巧
6-4 37分53秒 柏 14 柴田祐輔

 

▪️記者会見
(試合を振り返って)

馬場源徳ボルクバレット北九州監督 まず、選手たちはやるべきことはやったのかなと思っています。最大限の努力をした中で、ま、残念な失点がいくつか続いたので、それが敗因だったかと思います。今、自分たちのチームでは6点、7点獲る力はまだついていない、その中であのような失点があったことは敗因かと思います。

村山竜三ボルクバレット北九州キャプテン 監督がいったとおり、これは僕の責任かなというふうに感じてます。以上です。

 

(質疑応答)

2点3点と何もないところから獲られるのがチームの弱さ

Pivo! 1-3と北九州が2点差をつけるシーンがありました。そこから突き放せなかったのが、監督のいうまだまだ得点力がついてないということになるのか。

馬場 まず、1点目の獲られ方もすごくあいまいなところから来てると思うんですけども、3点4点5点を獲るということではなくて、1点目を獲られたあと、2点3点と、何もないところから獲られる、というのがチームの弱さで、それともちろん突き放せない。その2つがあると思います。何もそんなに大きく崩れてはいないけれども、ロングボールとかでボーンとミスが出て、ゴールが入ってしまう。そうするとどのチームでも誰にも勝てる競技になってしまうので。

Pivo! パワープレーは手応えはあったか。

馬場 そうですね。決断のところが、最後やっぱり。今日も何度も何度もチャンスがあったんですけど、得点にできないところは、ストレスを抱えた状態の中での最後の決断と技術のところが、まだまだ不十分かなと思ってます。F1に上がるには、そこを徹底的に改善しないと昇格できないと思っています。

Pivo! パワープレーに入る直前にタイムアウトをとったが、見ていて、戦術の指示という印象はなかった点が新鮮だったが。

馬場 ま、パワープレーはもう常に練習してますから、いえばわかるという状態で入ってます。それよりも、どのような姿勢で向き合うのか、ということですね。パワープレーの細かいところを指示するというのは必要なかったので。まず、パワープレーに入るための指示をする、そこに対する心の持ちよう、っていうのを話しました。ま、あとは動きは練習の中でやってますから、選手達はわかってます。

 

 

コメント

みんサル

個サルを検索する ひとりでも参加できる個サルやイベントに行ってみよう!

大会にエントリーする 仲間や友達を集めてフットサル大会に参加しよう!

全国のフットサル施設 全国のフットサル施設からお気に入りの場所を探そう!

RANKING

Special Thanks

  • ベストパートナー
  • ボアスコンプラス