ピヴォ×みんサル

チャレンジャーなので、恐れずにのびのびと[FUSION #3 菊地優花](東京都女子1部・6節)

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、WEBマガジン「デジタルピヴォ!プラス」からの記事を転載させていただきます。


チャレンジャーなので、恐れずにのびのびと[FUSION #3 菊地優花](東京都女子1部・6節)デジタルピヴォ!プラス

 

2019年8月3日 足立区総合スポーツセンター
(PHOTO、TEXT なか)

 

開幕から2連敗、それ以降運営を間に挟んで2連勝ときていて2勝2敗のまずまずの成績。
開幕当初はメンバーも少ない状況からのスタート。
シーズン途中にメンバーも増えてきて、コミュニケーションや戦術理解など、同時進行で進めていかなければならい大変な中、人的にも、心情的にも余裕が少しずつ出てきているのだろうか?

この前の試合で上位 vs. 下位である、the sunkisst vs. Festiloは、まさかの引き分け。
FUSIONの試合も、BALLENA BLANCA 城北レディースも、上位 vs. 下位の図式であった。

チーム&選手の紹介の記事で、イチオシ選手で挙げられた菊地優花選手。
得意のドリブルを武器に、毎試合フィニッシュまで持っていこうとする姿、そのアグレッシブさが、この日も見られ、上位チームを相手に2得点の活躍でチームの勝利に貢献した。
この日は上位2チームが引き分けや、負けといった、波乱含みの日であった。
そして、東京都女子1部では、全勝チームがいなくなった。

 

Super Sports XEBIO 東京都女子フットサル1部リーグ2019 第5節
BALLENA BLANCA城北レディース 1-2 FUSION

06分 FUSION #3 菊地優花
25分 FUSION #3 菊地優花
27分 城北  #2 木村穏

 

菊地優花(きくち ゆうか)

Pivo! 今日は、上位を抑えての2勝目ということですよね。

菊地 そうですね。

Pivo! やりましたね。

菊地 ありがとうございます。

Pivo! 今日の勝利というのは、やっぱり相手が上位のチームだけに、価値のある勝利だったのではないですかね?

菊地 やっぱり、自分たちよりも格上のチームていうのはわかっていたので、チャレンジャーの気持ちで、恐れず行こうかなって思っていました。

 

Pivo! みごとな2点目でしたね。

菊地 味方のいい寄せから、うまく奪えたので、うまく寄せてくれたかなっていう。

Pivo! よくキーパー引き付けていましたよね。

菊地 この間、練習したので、うまくできたかなと思っています。

Pivo! じゃあ、あそこはキーパーを前にして撃たないで引き付けてから、決めたというのは、あれは狙っていたということですか?

菊地 狙っていました。一応、キーパー引き付けて、転がして、撃てというのは、コーチに言われていたので、監督に言われていたので、練習どおりだったのかな。

 

全文はコチラ

コメント

みんサル

個サルを検索する ひとりでも参加できる個サルやイベントに行ってみよう!

大会にエントリーする 仲間や友達を集めてフットサル大会に参加しよう!

全国のフットサル施設 全国のフットサル施設からお気に入りの場所を探そう!

RANKING

Special Thanks

  • ベストパートナー
  • ボアスコンプラス