ピヴォ×みんサル

あしたの日本リーグのために主力を温存した。(ラスボニ・米川正夫監督)[全日本女子関東大会]

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、WEBマガジン「デジタルピヴォ!プラス」からの記事を転載させていただきます。


あしたの日本リーグのために主力を温存した。(ラスボニ・米川正夫監督)[全日本女子関東大会]デジタルピヴォ!プラス

 

 

2019年9月14日 山梨県立小瀬スポーツ公園体育館
(PHOTO,TEXT・山下浩正)

米川監督の最後の指示を受けて円陣を組む。

 

決勝に臨むラスボニ。

 

開始4分30秒、ラスボニベンチがどっと沸いた!

 

♯18平井が先制ゴールを決めた瞬間だ。

 

11分06秒には♯16中井が2点目をゲット。

 

その42秒後に♯8宮原が3点目を決めた。

 

JFA 第16回全日本女子フットサル選手権大会 関東大会
■1回戦 M6
ザ・サンキスト(東京都第1代表) 0-5 バルドラール浦安ラス・ボニータス(千葉県代表)
■準々決勝 M10
ドリームフットサルパーク/ポルコ(群馬県代表) 0-8 バルドラール浦安ラス・ボニータス
■準決勝 M12
ビークス東京レディース(前年度関東女子リーグ2位) 0-5 バルドラール浦安ラス・ボニータス
■決勝 M14
タパジーダ(東京都第2代表) 0-3 バルドラール浦安ラス・ボニータス

 

「相手に恵まれた」大会だった

全日本女子関東大会に関する山下レポートの最後を飾るのは、優勝したバルドラール浦安ラス・ボニータス(ラスボニ)の米川正夫監督だ。監督は大会を振り返って、「相手に恵まれた」といった。理由はほかでもない、フウガ、府中といった「強いところが途中で、どんどんどんどん落ちていっちゃったから」。ひと言でいえば米川監督率いるラスボニにとって余裕の優勝だったといえるだろう。この余勢を駆って、11月2~4日、石川県で開催される全国大会で、関東第1代表としての大暴れを期待したい!

 

サポーターに勝利の報告をする選手たちを傍でたたえる米川監督。

 

ラスボニ米川正夫監督インタビュー

力関係でうちが一番強いと思ってた

Pivo! 優勝おめでとうございます。

米川 ありがとうございます。

Pivo! 全く不安要素もなく、全試合完封勝利での優勝。今の気持ちを。

米川 ま、そうっすね、ホントに客観的に見て、力関係でうちが一番強いと思ってたんで。まあまあ、順当な結果かなと思います。

Pivo! 準決勝で、♯8宮原、♯13一井、♯15伊藤果、♯16中井の1stセットを、先発こそさせたが、その後は、決勝を見据えてなのか温存することもあったりと、余裕の戦いだった。

米川 そうっすね(笑)。まぁ、もう、相手的に誰が出ても失点することはないかなという感じだったので。得点は獲れなくても。で、まぁ、今日の決勝というよりもあした日本リーグがあるんで、あしたのために。

Pivo! グリーンアリーナ神戸での試合のこと?

 

全文はコチラ

コメント

みんサル

個サルを検索する ひとりでも参加できる個サルやイベントに行ってみよう!

大会にエントリーする 仲間や友達を集めてフットサル大会に参加しよう!

全国のフットサル施設 全国のフットサル施設からお気に入りの場所を探そう!

RANKING

Special Thanks

  • ベストパートナー
  • ボアスコンプラス