ピヴォ×みんサル

『柏のKING』碓井雅貴、シーズン半ばにして退団か!? [山下コラム]

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、WEBマガジン「デジタルピヴォ!プラス」からの記事を転載させていただきます。


『柏のKING』碓井雅貴、シーズン半ばにして退団か!? [山下コラム]デジタルピヴォ!プラス

 

 

 

2019年11月22日
(PHOTO、TEXT・山下浩正)

F2・2シーズン目に迎えた大きな転機

PSTCロンドリーナ(当時)の中心選手として2017年関東リーグ優勝の実績を背にF2初年度の2018年にトルエーラ柏に入団した碓井雅貴(27歳)。リーグ開幕直前のオーシャンカップで格上であるF1のエスポラーダ北海道を相手に得意のドリブル突破からゴレイロをかわしてループシュートを決めるという鮮烈な“Fリーグデビュー“を飾り、たちまち柏の人気者となりファンの大きな注目の中、攻撃的なアラ-フィクソとしてチームをリード。サポーターから『柏のKING』の称号を授かる。

そして迎えたF2・2シーズン目の今年、クラブは、関東リーグ2部時代にFUTUROで碓井のチームメートだった松田大次郎を監督に迎える。選手としての碓井の特徴を誰よりも知る監督のもと、一心同体となって優勝にまい進する、はずだった。

柏は申し分のないスタートを切った

とんでもないニュースが飛び込んできた。

F2で優勝してこのチームでF1へ上り詰めるんだといっていた男がクラブを離れるかもしれないというのだ。

 

今シーズンから柏を指揮する松田は先述のとおり、FUTURO時代の元チームメート。松田は、キレのあるプレーと戦術理解力に一段と磨きがかかっている碓井と再会し、就任と同時に即刻キャプテンに指名した。新任の監督にとって、クラブの大命題であるF2優勝=F1昇格を成就するのにこれほど頼もしい人材はいない。柏は申し分のないスタートを切った。

しかも今シーズンは柴田祐輔(35歳)、ブラジル人のチーニョ(38歳)という2人の元F1プレーヤー、さらに、フウガドールすみだバッファローズやファイルフォックス府中(当時)でキャリアを積んできた宗像紘輝(24歳)、元フットサルU-20日本代表の樋口岳志(22歳)らが入団。クラブは2年目にして飛躍的に戦力をアップさせている。中でもFリーグ通算200試合出場を第9節に達成した柴田はその後、別格の存在感を見せていく。

チームの軸ともいうべき1stセットには、アラに柴田と、2年目に大きく飛躍したスピードスター、根津卓巳(29歳)、ピヴォに樋口、そして扇の要ともいうべきフィクソに碓井を配している。実戦では局面に合わせて松田監督が様々なメンバーを組み替えていくのはもちろんだが、それでも、この4人は不動の先発メンバーといっていい。

ところがその1stセットに異変が起き出した。

先発するものの前半途中以降、出番なし

柏は11月3日、ホームにポルセイド浜田を迎え、4-2で勝利した。チーニョの1ゴール2アシストの大活躍を中心に勝ち点3を挙げたものの、最下位(当時)のチームを相手に前半は特に苦戦を強いられた。

当の碓井はというと、1stの一員として先発するものの、前半およそ4分を残した4度目のセット交替のタイミングで1stを外され、山崎元明(32歳)と交替している。それどころかその交替以降そのままベンチを温め続け、後半一度も出場機会を得られないまま試合終了を迎えている。

迎えた試合後の記者会見。松田監督とともに登壇しMCに試合の振り返りを求められた碓井はこうコメントし、隣の監督に思いのたけをぶつけている。以下にその時の発言と僕とのやりとりを再度掲載する。

 

全文はコチラ

コメント

みんサル

個サルを検索する ひとりでも参加できる個サルやイベントに行ってみよう!

大会にエントリーする 仲間や友達を集めてフットサル大会に参加しよう!

全国のフットサル施設 全国のフットサル施設からお気に入りの場所を探そう!

RANKING

Special Thanks

  • ベストパートナー
  • ボアスコンプラス