ピヴォ×みんサル

[フットサル史探訪]2002年全日本選手権 FIRE FOX、王座奪還

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、WEBマガジン「デジタルピヴォ!プラス」からの記事を転載させていただきます。


[フットサル史探訪]2002年全日本選手権 FIRE FOX、王座奪還デジタルピヴォ!プラス

 

日本一決定の瞬間、木暮はWinningDogからの盟友、岩田に抱きつき歓喜の表情。(写真左手前は肩を落とす稲田《現栃木City》)

 

2002年2月3日 駒沢体育館
(PHOTO、TEXT・Futsal Magazine Pivo!)

 

FUTSAL 2002 第7回全日本フットサル選手権大会 決勝
FIRE FOX 1-0 Suerte banff
[得点経過]
5分 FIRE FOX 木暮賢一郎

 

2連覇を阻まれてから1年。
メンバーの加入・脱退で新しいチームに生まれ変わったFIRE FOX。
難波田キャプテンは言った。「初出場の気持ちです」。
そしてオスカー監督に率いられ4年連続で上り詰めた決勝の舞台。
2年ぶり3度目の日本一。FIRE FOX、王座奪還。

 

[第7回全日本フットサル選手権大会 決勝戦レポート]
FIRE FOX、2年ぶり3度目の日本一
「気持ちは初出場初優勝」

前半5分、決勝唯一の得点を木暮が決めた。
難波田が駆け寄り祝福をする。
1-0。意外なほどのロースコアで終わった。
しかし、この試合にはFIRE FOXの目指すべきフットサルが見え隠れしていた。
新チームとなって1年、初出場という気持ちで挑んだ今大会。
FIRE FOXの新たな挑戦の第一歩に過ぎなかった。

 

前半5分、FIRE FOX木暮が先制

前半5分、FIRE FOX板谷からの20mほどのループパスを胸でトラップした木暮は、そのボールが落ちる前に右足でリフティングするような形で、フワリと浮かす。木暮にマークを振り切られたSuerte banff吉川はボールが木暮の支配下になる前にカットすべく、あわてて足を出す。しかし、木暮がフワリとコントロールしたボールは、吉川の頭を越え背後に落ちる。木暮は吉川と体を入れ替え、右足を伸ばしシュートを放つ。GK石渡が飛び出し、なんとか両手に当て弾くもののボールは再び木暮の目の前へ。それを木暮が右足で押し込み、ゴールへ吸い込まれた。
決勝戦、唯一のゴールシーンである。だれもがこの1点で終わるはずはないと思っていたはずだ。
FIRE FOXの組織的な動きからの多彩な攻撃、Suerte banffの稲田らの得点力を考えれば、その後の得点を想像することはたやすかった。

「理想は1-0」で勝てるチーム

昨年の第6回大会の準優勝から1年、FIRE FOXは新しいチームに生まれ変わっていた。昨年、決勝でCASCAVELに敗退した後、上村、橋田、渡辺、小野ら攻撃力のある選手を中心に数名がチームを離れた。そして、木暮や岩田らが加入し、昨年3月のブラジル遠征から新生FIRE FOXはスタートした。
板谷、難波田、そして新加入の岩田、小宮山、「メンツ見たらディフェンスのチームだなと思った」と難波田は新チームとしてスタートした当時を振り返り、さらに「理想は1-0」と、チームは攻撃力のあるチームから一転して守備のチームに生まれ変わったと語った。無失点に押さえれば、得点は1でも勝てる。「まずはディフェンス」。そんなチームとなっていた。
そして今大会は「メンバーが変わっているのでチーム的には初出場みたいなものです」(難波田)という気持ちで挑んだ。

 

全文はコチラ

コメント

みんサル

個サルを検索する ひとりでも参加できる個サルやイベントに行ってみよう!

大会にエントリーする 仲間や友達を集めてフットサル大会に参加しよう!

全国のフットサル施設 全国のフットサル施設からお気に入りの場所を探そう!

RANKING

Special Thanks

  • ベストパートナー
  • ボアスコンプラス