ピヴォ×みんサル

城北レディース3人娘、勝利を語る![東京都女子1部・第14節]

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、WEBマガジン「デジタルピヴォ!プラス」からの記事を転載させていただきます。


城北レディース3人娘、勝利を語る![東京都女子1部・第14節]デジタルピヴォ!プラス

 

先制ゴールのりかこ。

2019年12月15日 MFP味の素スタジアム
(PHOTO、TEXT・山下浩正)

◎SuperSports XEBIO 東京都フットサル女子1部リーグ2019 第14節
BALLENA BLANCA城北レディース 2-1 TOCAR jugadoras 新宿
2019年12月15日 MFP味の素スタジアム
[得点経過]
1-0 7分 城北レディース 4 片山理夏子
2-0 15分 城北レディース 14 中田優衣
2-1 25分 TOCAR 18 宮脇茉里

 

関東参入戦進出への可能性を切り開いた第14節

城北レディースが、最終節引き分け以上で関東リーグ参入戦進出への可能性を切り開いたのが第14節。この試合で活躍し勝利に貢献した、
・ひらめきのセットプレーから先制ゴールを決めたりかこ!
・点取り屋にメッセージ性のパスを供給し続けたキャプテンのん!
・1ゴール1アシストと大活躍のチーム得点王ゆい!
以上の3選手にこの勝利を語ってもらった。

 

♯4 片山理夏子(りかこ)

選手同士のひらめきで決めた先制ゴール

「あの先制ゴール、なんか、いつもミートしないんですけど、今日はすごいミートしました(笑)。

あの(キックインからの)セットプレーは練習したやつでやる予定だったんですけど、相手の位置を見て、“あ、出来ないな”って判断して、あそこでちょうどゆいがキープしてくれたので、そこに走り込んで落としてくれたところを撃ったという、結構イレギュラーな感じで、ひらめきの中で組み立てたプレーでした、はい。

確かに今までは決められたセットプレーができなかった後に、止まってしまって、新しいことに切り替えることができなかったんですね。でも結構、練習試合とか練習の中で、(監督の)川﨑さんに、「ほかのこともできるように、いろんなパターンを頭に置いておけ」っていうのをすごい何度も言われてて、それがやっと試合で生かせたかなーって思います。

1つ、相手の位置とかで出来ないと、“じゃあ、もういいや”ってクアトロで普通に回し始めちゃったりしちゃうんですけど、そうじゃなくて、「いろいろイメージして普段から出来るように練習しとけ」っていうのをずっと言われてたんで。

なんだろうな、前よりも全体的に、フットサルIQが全員が上がってきてるなって印象で。

2部とか3部にいたときは何人かが指示出して、それについていくっていう形が多かったんですけど、今は、いろんな選手が意見を出し合って、もっとこうしたほうがいいんじゃなかっていうのを選手同士で話し合うことが多くなってきてるので。もちろん川﨑さんの意見も重要なんですけど、やるのは自分たちなので。なので、結構、話し合いが多くなってフットサルに費やす時間が前よりは多くなったんじゃないかなって思います。

やるのは自分たちですから。そこ大事ですよね。

前は失敗した後に話ができなくて。でも、失敗したときに話すことができるようになってきたんで。そこは大きい成長じゃないのかなと思います。

 

全文はコチラ

コメント

みんサル

個サルを検索する ひとりでも参加できる個サルやイベントに行ってみよう!

大会にエントリーする 仲間や友達を集めてフットサル大会に参加しよう!

全国のフットサル施設 全国のフットサル施設からお気に入りの場所を探そう!

RANKING

Special Thanks

  • ベストパートナー
  • ボアスコンプラス