ピヴォ×みんサル

名古屋、王座奪還。窮地に立たされた町田のパワープレーを突く(ハイライト動画あり)【Fリーグ プレーオフ決勝 第2戦 試合結果】

決勝2日目、16時半キックオフの段階で名古屋に1勝のアドバンテージ。町田が優勝するには得失点上、3得点差以上の勝利が求められていた。

名古屋の先制はルイジーニョによってもたらされる。さらに後半開始直後、またもやルイジーニョが得点。これで2失点をした町田は5得点が必要。後半5分で早くもパワープレーを開始した。

前日のイゴール退場により、ゴールマウスを守る小野寺優介が顔面で阻止。その戦う心を受け継いだダニエル サカイが得点し町田に勢いがつく。と思われた時、パワープレーによるリスクを突かれた。6-2、名古屋が勝利。常勝軍団が、昨年手放してしまったカップを奪還した。

駒沢に集まったフットサルを愛する者は1,759人。Fリーグ17/18シーズンは、数々の戦いを経て終わった。そして、新たな戦いへ向かう。

DUARIG Fリーグ 2017/2018 プレーオフ決勝 第2戦
試合結果

2018.
01.21
sun
名古屋 6-2 町田 駒沢屋内
1,759人

2018年1月21日(日)プレーオフ決勝 第2戦
名古屋 6-2 町田(駒沢屋内:1,759人)

コメント

みんサル

個サルを検索する ひとりでも参加できる個サルやイベントに行ってみよう!

大会にエントリーする 仲間や友達を集めてフットサル大会に参加しよう!

全国のフットサル施設 全国のフットサル施設からお気に入りの場所を探そう!

RANKING

Special Thanks

  • ベストパートナー
  • ボアスコンプラス