ピヴォ×みんサル

森岡薫が考える『ダニエル サカイが与えるチームへの影響』(町田)[Fリーグ第11節]

 有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、WEBマガジン「デジタルピヴォ!プラス」からの記事を転載させていただきます。


森岡薫が考える『ダニエル サカイが与えるチームへの影響』(町田)[Fリーグ第11節](2017/8/27)

 

ぺスカドーラ町田(以下町田)は第11節でシュライカー大阪に対して4-0で勝利をおさめ、4連勝目をあげたが、そのなかで森岡・室田・ダニエル サカイの活躍が目立った。1点目は森岡とダニエル サカイのサンド(ディフェンス)からのパス交換から室田のドリブルによるもの。2点目は室田のボール奪取からの森岡のキックフェントからの脇の下を抜くコントロールシュート。3点目は森岡のラストパスからの中井にパワープレー返し。4点目はイゴールのドロップキックからのパワープレー返しであった。相手チームへの研究に個人技術、2人3人でのシンプルな崩しからゴールを量産した。

 

 

まとめ◆デジタルピヴォ! 古澤

 

以下は森岡薫選手の第11節試合後の個別インタビューとなる。

 

 

Pivo!:ダニエル サカイ選手と森岡選手、室田選手の連携もあっての勝利でした。サカイさんと森岡さんのサンドから室田さんが決めた先制点を振り返ってください。

森岡:フットサルを知っている人であれば難しいことをする必要はなくて、タイミングさえあえばということなので。もちろんダニエルは経験があって、ブラジル代表にも入っている選手なのでタイミングであったり細かい部分でいいものを持っていることは彼が名古屋にいるときからわかっていました。そういう意味ではディフェンスの連携とかサインプレーでは合わせないといけない部分はあると思いますが、攻めの部分ではフットサルは2人だけでも、3人だけでも崩せるというのがあるのでそこはタイミングを合わせたなか、(室田)祐希が個人技で獲った1点目でしたが、ダニエルとは彼も合わしてくれるところもあったり、僕も合わしたり、1週間一緒にいたのでね。町田に来て家のことだったり、一緒にずっといたから色々な話をしました。想いもそうですし、そういったところもピッチには出るものだと思っているので。

 

 

Pivo!:サカイさんはまだ合流して1週間で戦術理解もまだではありますが、経験のある選手であるので攻撃においては活躍できたと?

森岡:僕はそう思っています。毎回いいますが、フットサルはそんなに難しいスポーツではなくて、ただ、いいディフェンスがあるからこそ難しくなって色々工夫するわけで、縦パス1本で振り抜いてゴールを決める単純な作業なんですけど、いいディフェンスだったり、いいゲームにあると、監督やチームのカラーが出てきます。シンプルが1番だと思うので、そこでタイミングみて相手のマークを外すというのは期間が短くても関係ないと思っていたので心配はしてなかったです。

全文はコチラ

コメント

みんサル

個サルを検索する ひとりでも参加できる個サルやイベントに行ってみよう!

大会にエントリーする 仲間や友達を集めてフットサル大会に参加しよう!

全国のフットサル施設 全国のフットサル施設からお気に入りの場所を探そう!

RANKING

Special Thanks

  • ベストパートナー
  • ボアスコンプラス