デジタルピヴォ! [フットサル総合ポータルサイト]

[山下コラム]デフフットサル日本代表は世界最新システム『スリーライン』で世界王者イランをぶっ倒す!!

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、WEBマガジン「デジタルピヴォ!プラス」からの記事を転載させていただきます。


[山下コラム]デフフットサル日本代表は世界最新システム『スリーライン』で世界王者イランをぶっ倒す!!(2017/9/5)

アジア=世界のライバルに先んじて新戦術を導入している川元剛監督。

 

8月の候補合宿最終日、トレーニングの指示を出す金尾コーチ。左手前の小柄な選手はデフフットサル界期待の星、中1の本多将起くん。今回から合宿に参加した。

 

トレーニングマッチに臨む1stセットに『スリーライン』の動きの確認をする川元監督(右手前)と、その右隣、監督の指示を手話で仲間に伝えるのが東海林キャプテン。

 

後発の2ndセットにはピヴォを使った3:1を指示した。左列中央はデフフットサル界を長く支え続ける船越選手。

 

3つの攻撃パターンを持つ代表チーム

デフフットサル日本代表は8月11~13日の3日間、神奈川県・MFP藤沢で候補合宿を行った。そこで日本代表が導入したのが世界最新の攻撃システム『スリーライン』だ。
・この『スリーライン』に加えて、
・流動的な4人のパス回しから相手の裏を突く『クアトロ』、
・相手ゴール前にターゲットを置くことで攻撃に深さを出す『ピヴォを使った3:1』と、
この3つの攻撃的戦術を駆使する唯一のナショナルチームとして、日本代表は来年⚪︎月に0000で開催されるアジア選手権に挑む。そこには世界王者イランという巨大な壁が日本の行く手を阻もうと待ち構えているが、デフフットサルのイラン代表はまだ『スリーライン』を導入していない。日本はこの戦術に関して世界王者に一歩先んじているのだ。
デフフットサル日本代表という存在について正直にいうと、僕は、聴覚障害者の中ではうまい人が集まったチーム、ぐらいに考えていた。ところが研究熱心な監督の熱意で最新の戦術を導入し、選手もまたその熱意に応えようと働きながらプレーし世界有数の代表チームになろうとしている。僕にとって今や、固定観念をぶち壊してくれる貴重な存在だ。
その川元剛日本代表監督が『スリーライン』をデフフットサルに導入したのは6月の三重県合宿。その後、8月の神奈川県、9月(1~3日)の福井県と合宿を重ねる中で『スリーライン』の熟成を図っている。
では、『スリーライン』とはどんな動きからどんな狙いを持って導入された戦術なのか。川元監督へのインタビューと解説から明らかにしていく。

まとめ◆デジタルピヴォ! 山下

 

この日行われた桐蔭横浜大学フットサル部とのトレーニングマッチ、立ち上がりから攻勢を仕掛けるデフフットサル日本代表。

 

船越を中心とする2ndセットがカウンターを仕掛ける。今も関西リーグ2部で健常者に混じってプレーする船越には安定感がある。

 

3:1の軸となる身長182cmの大型ピヴォ土屋(写真手前)が確実にゴールを決めた。

 

キャプテンの東海林が相手ゴール前にドリブルで仕掛ける。

 

川元監督によるとこのシーンが『スリーライン』からアタックに行く1stセットの選手。

 

ピヴォの土屋が反転シュートを鮮やかに決めた。現時点では、採用して間のない『スリーライン』に比べて年季の入っている3:1のほうが確実性が高い気がした。ただその壁を乗り越えなければ新戦術の価値は見出せない。

 

試合終了後、桐蔭横浜大学の選手たちに感謝のあいさつをする東海林キャプテン。25分、25分、20分の試合(いずれもランニングタイム)の結果は、僕の集計では5-14。2本目終盤以降、3日間に渡る合宿の疲れが出たかカウンターで大量失点した。

 

両チームが勢ぞろいして記念撮影に収まった。

 

デフフットサル日本代表の相手を務めた桐蔭横浜大学フットサル部の鈴木和師キャプテン。以下はそのキャプテンの試合後のコメントだ。

 

「フットボールというくくりの中で、耳が聞こえない人たちのチームと今日初めて対戦しました。その中で、やってることは変わらないんだなんということを実感しました。と同時に、僕たち、健常者としてやってることが普通じゃないんだということを改めて感じたし、やれてる幸せを痛感しました。選手としては、20番の選手のプレーに熱さを感じましたし、最後にあいさつをされたキャプテンは試合中、仲間の簡単なミスにもカツを入れているところが勉強になりました」

 

以下は川元監督へのインタビュー。

『スリーライン』からの崩しも多少あった

Pivo! 桐蔭横浜大学フットサル部とのトレーニングマッチを最後に、今日(8月13日)まで3日間の合宿が終わったが、手応えを感じた部分は?

川元 1stセットに関して、今チームでやろうとしていることを意図的にできたかなあと。

Pivo! 『スリーライン』が、ということ?

川元 はい、『スリーライン』です。その『スリーライン』からの崩しも多少あったのと、なにより高さをとれるようになったこと、そこが2日目までなかなかうまいこといかなかった選手がいたんですけど。その選手が(3日目の今日)変わったかなという印象を持ちました。

Pivo! 『スリーライン』の3人目の選手、相手ゴールに近い位置にいる選手に対して“下がり気味になるな!”と監督が試合中に注意していた。それができるようになった。そうするとその分、この戦術がよりオフェンシブになる。

川元 そうですね。

Pivo! 『スリーライン』はひと言でいってどんなメリットがあるのか?


全文はコチラ

コメント

デジタルピヴォ!支えてくださる
パートナーです。

  • みんサル
  • ビギワン
  • ジュニアピヴォチャン
  • ピヴォチャン2017
  • ベストパートナー
  • ボアスコンプラス
  • エフチャンネル
  • sample
  • sample
  • sample

デジタルピヴォ!パートナー募集中

RANKING

GAME大会情報

GROUNDフットサル場一覧

  • Coming Soon!

SINGLE個人参加情報

  • Coming Soon!

SCHOOLスクール情報

  • Coming Soon!

F.LEAGUE順位表

Fリーグ 順位表(10/28更新) ​​

順位 チーム 勝点
1 名古屋オーシャンズ ​​ 61
2 フウガドールすみだ​ 52
3 FC ペスカドーラ町田 50
4 ​ 湘南ベルマーレ ​​ 48
5 府中アスレティック 46
6 シュライカー大阪 45
7  バルドラール浦安 32
8 エスポラーダ北海道 19
9 アグレミーナ浜松 18
10 バサジィ大分 15
11 ヴォスクオーレ仙台​​ 15
12 デウソン神戸​ ​ 10
 

PLUSデジタルピヴォ!プラス新着情報

J-RONJ論リンク

    デジタルピヴォ!
    パートナー

    • みんサル
    • ビギワン
    • ジュニアピヴォチャン
    • ピヴォチャン2017
    • ベストパートナー
    • ボアスコンプラス
    • エフチャンネル
    • sample
    • sample
    • sample

    デジタルピヴォ!
    パートナー募集中